By Akira / 最後の更新 2022年09月28日

なぜクラウドに同期するのか

同期は、個人と企業の両方にとって最も基本的なデータ回復ソリューションです。個人用・仕事用ファイル、内蔵・外付けハードドライブ、オペレーティングシステム全体など、同期するものはたくさんあります。そしてUSBフラッシュドライブ、HDD、SSD等さまざまなストレージメディアを選択してデータを保存します。すべてのストレージメディアの中で、パーソナルクラウドドライブの人気が高くなっています。次はその理由を説明したいと思います。

● さまざまなデバイスでアクセス可能。クラウドに同期したら、クラウドアカウントを使用して、ラップトップ、タブレット、またはスマホのファイルにアクセスして閲覧できます。

● ハードディスクのクラッシュに影響されない。内蔵・外付けハードドライブにファイルを同期すると、ハードディスクのクラッシュのせいでデータが失われる恐れがあります。一方、クラウドドライブでのデータはその被害を回避できます。

● 空間増やしは簡単アンド安い。一般的な実体のドライブより、クラウドドライブの空間を増やすのがもっと便利です。それに、その増やし方が元のクラウドドライブの基礎上で行うので、もう一つを再び買う必要がなく、増やす空間に対する料金を支払えばいいです。価格も新しいドライブより手頃です。

もう、クラウドへの同期メリットが分かっているでしょう。では、どうすればデータをクラウドに正確に保存できるのかな?読み続いていきましょう。

Windowsでデータをクラウドに簡単に同期する方法

ニーズに最適なファイル同期ツールを見つける必要があります。ここで提供するのは二つのありふれたツールにより、フォルダーをOneDriveに同期する方法です。どっちも簡単かつ安全ですから、ご安心に参考してください。(OneDriveは大手企業によって制作されたクラウドドライブなので、ずっと大人気です。そのほか、Googleクラウドドライブ、WDクラウドなども市場で評判されています。)

方法1:MicrosoftツールでデータをOneDriveに同期する

ステップ 1. 通知領域にあるOneDriveのアイコン(雲のアイコン)をクリックし、OneDriveの設定画面を表示します。続いて、「使ってみる」をクリックして設定を開始します。

onedrive方法1

ステップ 2. Microsoftアカウントのサインイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力して、サインインをクリックします。

onedrive方法2

ステップ 3. OneDriveと同期するためのパソコン上のフォルダーを指定します。通常は、標準設定のままでかまわないため、そのまま「次へ」をクリックします。

onedrive方法3

ステップ 4. 同期するフォルダーを選択します。標準設定ではすべてのフォルダーが同期されます。パソコン上のHDDやSSDに空き容量が十分ある場合は、「OneDriveのファイルとフォルダーをすべて同期」にチェックマークを付けたまま、「次へ」をクリックします。

onedrive方法4

ステップ 5. 「完了」をクリックして設定を終えます。

onedrive方法5

方法2:AOMEI BackupperでデータをAOMEI Cloudに同期する

最高のバックアップ・同期ソフトウェアAOMEI Backupper Professionalの力を借りましょう。クラウドクアップおよび同期機能を使用すると、ファイルをクラウドドライブに簡単に移転できます。ちなみに、AOMEI Cloudには1TBの空き容量があります。いつでもどこでも、AOMEIカウントにログインすれば、すぐにファイルを復元することができます。ディスクの紛失や損傷を心配する必要はありません。

ここで、AOMEI Backupper ProfessionalでデータをAOMEI Cloudに同期する方法を示します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをアップグレードして実行します。「バックアップ」⇒「クラウドバックアップ」の順にクリックします。

クラウドバックアップ

ステップ 2. 「タスク名」ボックスには、他のバックアップと区別しやすいように名前を付けることができます。「フォルダの追加」または「ファイルの追加」のいずれかをクリックし、バックアップするファイル/フォルダを選択します。または、ファイル/フォルダを直接ここにドラッグして追加することもできます。

ファイルを追加

ステップ 3. デフォルトでAOMEI Cloudが保存先として選択されています。

保存先

ケース1:AOMEIアカウントを持っていない場合、まず「登録」ボタンをクリックして、AOMEIアカウントを登録することができます。登録された後、「ログイン」ボタンをクリックして、AOMEIアカウントにログインできます。ログインに成功した後、使用容量と総容量が表示されます。

ケース2:AOMEIアカウントを持っているが、まだログインしていない場合、直接AOMEIクラウドディレクトリの「ログイン」ボタンをクリックして、アカウントにログインすることができます。ログインに成功した後、使用容量と総容量が表示されます。

「クラウドバックアップ」タスクを作成する前に、プログラムのGUIで「ログイン」ボタンをクリックして、直接AOMEIアカウントにログインすることもできます。一度ログインすると、バックアップタスクを作成するときに再度ログインする必要はありません。

ログイン

ステップ 4. 「開始」ボタンをクリックして、バックアップを開始します。そして、プロセスが完了したら、「完了」をクリックします。

開始

それで、AOMEI Backupperの助けでクラウドへの同期が完成しました。

まとめ

AOMEI Backupperは優れたバックアップ・同期ソフトだけじゃなく、クローン機能も備えております。必要に応じてディスク・パーティション・システムクローンが選択できます。柔軟性には、Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPなど全てのWindows PCオペレーティングシステムがサポートされています。もし、システムはサーバーの場合、Server版の使用を検討してくだい。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、何か問題があったら気軽にメッセージしてください。