By AOMEI / 最後の更新 2019年08月15日

「2020年1月14日」のWindows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了まで、残り1年を切った。それまでにしっかりとした対策をとらないと多くのリスクを抱えることになる。だから、この記事に従って対応を進めましょう。

Windows Server 2008 のサポート終了に備える
Windows Server 2008 および 2008 R2 のサポートは、2020 年 1 月 14 日に終了します。このことは、定期的なセキュリティ更新プログラムの提供が終了することを意味しますが、インフラとアプリケーションを無防備な状態に置くことはできません。マイクロソフトは最新バージョンへの移行と、より優れたセキュリティ、パフォーマンス、イノベーションの実現をサポートします。Windows Server 2008 および 2008 R2 のサポート終了 | マイクロソフト

---【マイクロソフトの発表による】

今後のWindows Serverサポート終了予定

ブラウズ

メインストリームサポート終了とはマイクロソフトは製品の改良、保証の請求、定期的なセキュリティ更新プログラムの提供が終了することを意味します。一方、延長サポート終了すると、バグ修正とセキュリティ更新は利用できなくなります。

一般的に、定期的な更新には、オンプレミスの無料セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラム、無料サポートオプション、オンラインテクニカルコンテンツの更新は含まれていません。それは1つのオペレーティングシステムの本当の終わりを示しています。

Windows Server 2008(R2)サポートが終了するとどうなるのか?

Windows Server 2008ユーザーにとっては、一番悩むことはサポートが終了するサーバOSの移行ですが、できるだけ早く検討を始めて対処することをオススメします。ここではサポート終了への3つの対応方法をご紹介させて頂きます。

今すぐMicrosoft Azureに移行する

実際は、マイクロソフトは「Windows Server 2008ユーザーがサポート終了後 3 年間、無料で拡張セキュリティ更新プログラムをご利用いただけます。

つまりMicrosoft Azureに移行することでさらに3年間の保護を受けることができます。それにもかかわらず、全ての製品が移行ルールの対象となるわけではありません。下の表の製品だけが移行を実行できます。

ブラウズ

以下の製品のいずれかを所有している場合は、それらが拡張セキュリティ更新プログラムの対象にならないため、サポート終了への素早い対応を検討してください。まだ残り時間がありますので心配する必要がありません。

ブラウズ

OSの上位バージョンへアップグレードする

Microsoft Azureに移行できない製品を所有していて、そのサービスに移行したくないユーザーのために使用できるソリューションの1つは、Windows Server 2008(R2)OSをServer 2012、Server 2016または最新のServer 2019などの上位エディションにアップグレードすることです。(Windows Serverのインストールとアップグレードのガイド

Server 2008(R2)の脆弱性対策|データ保証

どちらの方法を選択しても、最初に行う必要があるのは、既存の重要なデータ、特にクライアントのデータに対する保護を作成することです。セキュリティ更新が利用できなくなったので、もうデータバックアップを捨ててはいけないんでしょう。ここではバックアップ条件が異なるによって、2つの実用的なバックアップユーティリティをお勧めします。

✂------------------------------------------------------------------- 1 -------------------------------------------------------------✂

&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbspAOMEI Backupper ServerAOMEI Backupper Serverは頼もしくて強力なバックアップソフトです。この包括的なソフトウェアには、さまざまなバックアップおよびクローン作成オプションが組み込まれています。バックアップに関しては、システムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイル/フォルダバックアップ、パーティションバックアップ、ファイル同期があります。

追加機能には、スケジュールバックアップ(毎日、毎週、毎月、イベントトリガーなど)とバックアップスキーム(増分、差分など)も含まれます。こちらからダウンロード

【補足】企業台数無制限のPCとサーバーの場合、AOMEI Backupper Technician Plusを使用することもできます。クライアントに有償技術サービスを何らの制限なく提供できます。また、ポータブル版を作成するためにインストールディレクトリをコピーできます。各AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

ブラウズ

クローン作成機能は、ハードドライブのアップグレードに非常に役立ちます。たとえば、オペレーティングシステムを再インストールせずに、Windows Server 2008 HDDをクローンできます。システムクローンとパーティション/ボリュームクローンも利用できます。Windowsなしでディスクをバックアップまたはクローン作成するための起動ドライブを作成することもできます。

ブラウズ

✂------------------------------------------------------------------- 2 -------------------------------------------------------------✂

&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp&nbspAOMEI Centralized BackupperAOMEI Centralized Backupperは簡単かつ効率的な集中管理型バックアップソフトです。これは、大規模クライアントの集中管理バックアップにおいて重要な役割を果たします。また、AOMEI Backupper Serverで言及されたすべての機能を持っていて、1つの集中管理コンソールからLAN内のすべてのクライアントのバックアップタスクを管理することができます。特に時間とエネルギーを節約します。こちらから手に入れる

ブラウズ

まとめ

Windows Server 2008(R2)の延長サポート期限終了を迎えれば、総合的な対策を講じる必要があります。Azureへの移行、上位バージョンへのアップグレードなどを実行して、延長サポート終了したしてもセキュリティ更新やバグ修正を行わずに引き続き使用させます。でも、一番重要なのは、サーバー上に重要なデータのバックアップを作成することです