By Akira / 最後の更新 2022年08月17日

事例:Windows 11でブルースクリーンを修正する方法?

 

こんにちは!数週間前に購入したばかりのノートパソコン、Asus TUF 15はとてもよく動きました!しかし、ズームコールの際にラグが発生し、再起動したところブルースクリーンが表示されました。文字通り、利用可能なすべてのオプションを試し、インターネットで解決策を探しましたが、何も見つかりませんでした。どなたか助けてください。:)

- Microsoftコミュニティからの質問

ブルースクリーン

上記のユーザーのように、この問題でお困りの方は、ぜひこの記事を読んで、ブルースクリーンが発生する原因とそれを解決する方法を確認してください。

ブルースクリーンとはどういう意味ですか?

ブルースクリーンは、ブルースクリーンオブデス(略してBSOD)とも呼ばれます。これは、解決できないシステムエラーが発生したときにコンピューターシステムファイルを保護することを目的とした、MicrosoftのWindowsオペレーティングシステムによって表示される画面です。ブルースクリーンは、象徴的な画面となっています。たいていは、システムクラッシュの現象です。

MicrosoftがWindows 11をリリースした後、有名なブルースクリーンオブデス(BSOD)をブラックスクリーンオブデスに変更しました。ただし、MicrosoftがWindows 11ビルド22000.346システムの新しいバージョンを起動した後、ブラックスクリーンオブデスはブルースクリーンに戻りました。

同じ問題に悩まされている場合は、以下を読んでこの問題の詳細を学び、どの方法が最適かを確認してください。

Windows 11のブルースクリーンの主な原因

Windows 11のブルースクリーンを修正する前に、まずこの問題の原因を知る必要があります。Windows 11の停止コードの原因として考えられるものを以下に列挙します:

☪アプリケーションの非互換性の問題

☪メモリースティックの非互換性/破損または接触不良

☪ハードウェアの故障

☪MBR(マスターブートレコード)またはシステムファイルのエラー

☪ドライバーの問題

☪ウィルスまたはマルウェアの攻撃

☪BCDエラー

Windows 11のブルースクリーンを修正する方法

次に、Windows 11のブルースクリーンエラーを修正するために、以下の可能な解決策をリストアップしています。

1. 追加ハードウェアをすべて削除する

PCの外付けハードウェアがBSODの問題を引き起こすことがあります。お使いのコンピューターに他のハードウェアがインストールされていると、正常に動作しないことがあります。コンピューターのクラッシュが発生した場合、周辺機器を取り外す必要がある場合があります。例えば、外付けハードドライブ、Bluetoothマウス、キーボード、USBデバイスなどです。

2. メモリ診断ツールを実行する

メモリ診断ツールは、ソフトウェアまたはハードウェア関連の問題を修正するために使用することができる非常に便利なツールです。メモリをテストし、BSODがメモリ、マザーボード、またはハードウェアの故障によって発生しているかどうかを確認することができます。

1. PCをセーフモードにして、Win+Rを押して、「ファイル名を指定して実行」ボックスを開き、mdsched.exeと入力して、Enterキーを押します。

2. 「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」をクリックし、RAMのエラーをテストします。

今すぐ再起動して問題の有無を確認する

3. システムが再起動し、診断テストが開始されます。メモリにエラーがあるかどうかが表示されます。

テストが完了したら、PCを再起動し、問題が修正されているかどうかを確認します。もし、RAMに大きな問題がある場合は、RAMを交換することをお勧めします。

3. PCのウイルスやマルウェアをスキャンする

1. タスクバーの検索ボックスに「Windows Security」と入力してEnterキーを押します。

2. 「ウイルスと脅威の防止」オプションをクリックします。

3. 「フルスキャン」を選択し、「今すぐスキャン」をクリックして処理を開始します。

フルスキャン

4. システムドライバを更新する

コンピューターは、システム内にインストールされたハードウェアを操作するためのドライバソフトウェアを必要とします。これらのドライバが古かったり、これらのデバイスをサポートしていない場合、システムは誤動作してしまいます。したがって、欠陥のないドライバがコンピューターにインストールされていることを確認するために、定期的に更新する必要があります。以下の手順で、ドライバーを更新することができます。

1. Win+Xを押してダイアログボックスを開き、「デバイスマネージャー」を選択します。

2. 黄色の三角形のアイコンがあるデバイスを探し、これらのデバイスを右クリックし、「ドライバーの更新」をクリックします。

3. 新しいウィンドウで、「ドライバーを自動的に検索」をタップして、Windowsに必要な更新プログラムをインストールさせます。

ドライバーを自動的に検索

5. SFCスキャンを実行する

SFCキャンを使用することは、メモリの問題やその他のシステムエラーを修正するための最良の方法の1つです。ここでは、この操作を実行する方法を説明します。

1. タスクバーの検索ボックスに「cmd」と入力し、「管理者として実行」を選択します。

2. コマンドプロンプトウィンドウで、「sfc /scannow」と入力し、Enterキーを押します。エラーが検出された場合、スキャンが実行され、エラーが修正されます。

コマンド

6. システムの復元を実行する

上記の解決策をすべて試してもブルースクリーンの問題がまだ表示される場合、システムを以前の日付に復元することができます。以下は詳細な手順です。

1. タスクバーの検索ボックスに「システムの復元」と入力し、「復元ポイントの作成」を選択します。

2. ポップアップウィンドウで、「システムの復元」をクリックし、戻したい日付を選択します。

システムの復元

3. 「完了」をクリックして、復元ポイントを確認します。

コンピューターを以前の日付に復元することでブルースクリーンの問題が解決されるかどうかを確認します。

サードパーティソフトですべてのシステムエラーを防止する方法

時々パソコンを使用する際にWindows 11ブルースクリーンに遭遇した後、データを失わないために、事前にコンピューターのバックアップを作成することをお勧めします。そのために、フル機能の無料バックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardは、システム障害の問題を解決するのに役立ちます。以下にその機能をいくつか紹介します:

ファイル/システム/ディスク/パーティションのバックアップが可能です。
Windows 11をUSB、ローカルディスク、外付けハードドライブ、ネットワーク共有、NASデバイス、クラウドドライブなど様々な場所にバックアップすることをサポートします。
Windows 11/10/8.1/8/7などのWindowsシステムをサポートします。

まず、AOMEI Backupper Standardをコンピューターにダウンロードし、インストールします。そして、以下の手順に従ってPCをバックアップしましょう~

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして、起動します。

手順 2. そして「バックアップ」、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. Windows 11の起動に必要なドライブが既に選択されるので、システムイメージを保存する場所だけを選択すればよいです。

バックアップ先

手順 4. 「スケジュール」をクリックし、ポップアップウィンドウで、自動バックアップを設定できます。バックアップ先が外付けHDD/SSDやUSBドライブなどのリムーバブルメディアの場合、「USB挿入」(Professional版で利用可能)に設定することをお勧めします。こうすれば、リムーバブルメディアをパソコンに接続するたびに、バックアップが自動的に実行されます。バックアップし忘れを防げます。

スケジュール

手順 5. 設定を確認して、「開始」をクリックして、Windows 11のシステムイメージを作成します。

開始

>>オプション:電子メール通知を有効にしたり、バックアップイメージファイルの圧縮レベル、インテリジェントセクターバックアップまたはバックアップサービスを選択したりすることができます。
>>スキーム:古いイメージファイルを自動的に削除して、ディスク容量を節約します。この機能を利用するには、AOMEI Backupper Professionalまたはそれ以上のエディションにアップグレードする必要があります。

システムイメージの復元について:

これで、Windows 11のシステムバックアップが作成されました。作成したシステムイメージを復元するには、「復元」を使用してください。Professional版へアップグレードすると、「ユニバーサル復元」機能で作成したシステムイメージを異なるハードウェアの別のPCへ復元することも可能です。

まとめ

以上、Windows 11のブルースクリーンに対処するための6つの修正方法について説明しました。そのうちの1つがお客様のニーズを満たし、BSODエラーを正常に解決できることを願っています。その中で、最も簡単な方法は、強力なソフトウェアAOMEI Backupper Standardで事前にシステムのバックアップを作成することで、何らかのシステム問題に直面した場合、このバックアップを使用してコンピューターを簡単に以前の健全な状態に復元することです。

さらに、Windows 11でSSDをクローンする方法など、他の問題に困っている場合、この全機能のフリーソフトはあなたをたくさん助けることができます。今すぐお試しください。