By Akira / 最後の更新 2022年12月09日

事例:ディスク使用率が100%になる 

 

Windows 11にアップデートした後、ディスク使用率が100%になる

こんにちは。最近、Windows 10からWindows 11への無料アップデートを実行しました。このアップデートを完了してから、タスクマネージャに100%のディスクが常に使用されていることが表示される問題が発生しました。ノートパソコンはまだ3ヶ月しか経っていないのに、動作が重くなっています。助けていただけませんか?

- Microsoftコミュニティからの質問

上記のケースに見られるように、ディスクの使用量が多い、または100%に達している場合、コンピューターの動作が遅くなり、システム全体が動かなくなることもあります。PCを再びスムーズに使いたいなら、システム100%ディスク使用量問題を解決するための効果的なソリューションを見つける必要があります。しかし、その前に、この状況を発生させる原因を探りましょう。

Windows 11でディスク使用率が100%になる原因

以下は、Windows 11でディスク使用率が100%を示す一般的な理由です:

❖起動時に多くのプログラムが起動する

❖デバイスドライバが古い

❖Windowsサービスが正しくない

❖システムファイルが破損または紛失した

❖ディスクドライブのエラー

❖アンチウィルスソフトウェアとの競合

❖Windowsのバージョンが古い

❖一時ファイルが多すぎる

❖ウイルスまたはマルウェアの攻撃

❖仮想メモリが正しくない

Windows 11のディスク使用量を解放する方法トップ8

ここでは、Window 11のディスク使用量を解放し、パソコンをスムーズに動作させるために、Windows 11ディスク100%使用量修正を実行する8つの方法を紹介します。それぞれを試してみて、問題を解決してください。

1. (SysMain)SuperFetchサービスを無効にする

Windows 11のSysMainとして知られるSuperFetchは、起動前にアプリケーションをメモリにプリロードするように機能します。これにより、起動時間が短縮され、アプリケーションがより効率的に読み込まれます。これはパフォーマンスを向上させる便利な機能ですが、ディスクの使用率が高くなる可能性があります。システムのディスク使用率が100%になる問題が発生している場合は、このサービスを停止する必要があります。

1. Windows+Rを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを呼び出し、「services.msc」と入力してEnterキーを押して「サービス」ウィンドウを開き、SysMainダブルクリックして開きます。

2. SysMainの「プロパティ」ウィンドウで、「スタートアップの種類」の横にあるドロップダウンメニューをクリックして「無効」に設定し、「停止」をクリックしてサービスを終了します。次に、「OK」をタップします。

停止

2. デバイスドライバを更新する

デバイスドライバもWindows 11のディスク使用率100%の問題の原因になっている可能性があります。上記の手順で解決しない場合は、ドライバを更新する必要があります。

1. Win+Xを押してダイアログボックスを開き、「デバイスマネージャー」を選択します。

2. 黄色の三角形のアイコンがあるデバイスを探し、これらのデバイスを右クリックし、「ドライバーの更新」をクリックします。

3. 新しいウィンドウで、「ドライバーを自動的に検索」をタップして、Windowsに必要な更新プログラムをインストールさせます。

ドライバーを自動的に検索

3. 仮想メモリをリセットする

コンピューターの物理メモリを拡張した仮想メモリは、RAMとハードディスクの一部を組み合わせたものです。RAMに余裕がない場合、Windowsはファイルを仮想メモリに格納します。ただし、場合によっては、PCが大量のディスク領域を占有し、ディスク使用量が大幅に増加することがあります。この状況を回避するために、仮想メモリをリセットできます。

1. Windows+Rを押し、「sysdm.cpl」と入力してEnterキーを押し、「システムのプロパティ」ウィンドウを開きます。

2. このページで、「詳細設定」タブに移動し、「パフォーマンス」の下の「設定」をクリックします。

3. 「パフォーマンス オプション」ウィンドウで、「詳細設定」タブに移動し、「変更」をクリックします。

4. 「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」チェックボックスのチェックを外し、「カスタム サイズ」を選択して、「初期サイズ」と「最大サイズ」を入力します。次に、「OK」をクリックします。

カスタムサイズ

これで、PCを再起動すると、ディスクの使用量が大幅に減少するはずです。

4. 電源オプションを高パフォーマンスに変更する

Windows 11のデフォルトの電源オプションは「バランス」ですが、ディスク使用率が100%になる問題を解決するために、ハイパフォーマンスに変更してみてください。

1. スタートボタンを右クリックし、「電源オプション」⇒「電源とスリープ」⇒「電源の追加設定」を選択します。

2. 「電源プランの選択またはカスタマイズ」ウィンドウで、「高パフォーマンス」を選択します。

高パフォーマンス

5. アンチウィルスソフトを一時的に無効にする

通常、Windows 11内蔵のWindows Defenderは、アンチウィルスのニーズには十分です。そのため、サードパーティのアンチウイルスソフトウェアを追加でインストールする必要はありません。このソフトウェアはシステムと衝突する可能性があり、Windows 11システムのディスク使用量を増加させる原因になります。したがって、一時的にそれらを無効にする必要があります。

タスクマネージャで、スタートアップに切り替え、サードパーティのアンチウィルスソフトを見つけ、それを選択して、下の「無効にする」をクリックします。

タスクマネージャー

6. スケジュールデフラグを無効にする

Windows 11は、パフォーマンスを向上させるために定期的にハードディスクのデフラグを行います。しかし、このプロセスの間、Windows 11のディスク使用量を100%に増加させ、システムの動作が重くなり、応答性が悪くなります。したがって、Windows 11のスケジュールデフラグを無効にする必要があります。

1. タスクバーの検索ボックスに「デフラグ」と入力し、「ドライブのデフラグと最適化」を開きます。

2. 次に、「設定の変更」をクリックします。「ドライブの最適化」のウィンドウで、「スケジュールに従って実行する」チェックボックスのチェックを外し、「OK」をクリックします。

ドライブの最適化

7. ウイルスやマルウェアのスキャンを実行する

1. タスクバーの検索ボックスに「Windows Security」と入力し、Enterキーを押します。

2. 「ウイルスと脅威の防止」オプションをクリックします。

3. 「フルスキャン」を選択し、「今すぐスキャン」をクリックして処理を開始します。ウイルスやマルウェアがスキャンされた場合は、すみやかに削除してください。

フルスキャン

8. SFCスキャンとDISMスキャンを実行する

1. タスクバーの検索ボックスに「cmd」と入力し、「管理者として実行」を選択します。

2. コマンドプロンプトウィンドウで、「sfc /scannow」と入力し、Enterキーを押します。

コマンド

3. 以下の3つのコマンドを1つずつ入力し、それぞれの後にEnterキーを押してください。

◈ Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth

◈ Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth

◈ Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

ヒント:スキャンが完了するまで待ちます。これには時間がかかる場合があります。Windowsリソース保護で整合性違反が検出されなかった、または破損したファイルが検出されたが、それらの一部を修復できなかったと報告される場合があります。エラーがない場合は、コンソールを閉じることができます。

データの損失を防ぐためにディスクをバックアップする方法

これで、Windows 11でディスク使用率が100%になる問題を修正する方法に関する8つの回答を理解できました。これらの提供された方法を試して、コンピューターの動作が遅くなるのを止め、コンピューターのパフォーマンスを向上させることができます。それにもかかわらず、上記の問題は、ディスク障害のためにその中のデータのセキュリティに脅威を与える可能性があります。

したがって、データ損失のリスクから解放されるために、定期的にバックアップを作成する習慣をつけることをお勧めします。ここでは、全機能のディスクバックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardをお勧めします。

この無料かつ専門的なディスクバックアップソフトウェアにより、簡単にディスクをUSBドライブ、NASデバイス、外付けハードドライブなどの様々な場所にバックアップできます。さらに、ファイル/システム/ディスク/パーティションをバックアップすることができます。

では、AOMEI Backupper Standardをコンピューターにダウンロードし、インストールします。以下の手順に従って、データの損失を防ぐためにディスクをバックアップしましょう~

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardを起動し、左メニューの「バックアップ」を選択し、「ディスクバックアップ」をタップします。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 好きにして「タスク名」を変更できます。以下のようにバックアップしたいディスクを選択して、バックアップイメージを保存するターゲットディスクを選択します。

ソースディスク

ターゲットディスク

ステップ 3. 「開始」をクリックして、バックアップを実行します。

次の3つのオプションをクリックし、バックアップをカスタマイズできます:
オプション:バックアップファイルの圧縮、バックアップ完了後のメール通知、使用られているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」/すべてのセクターをバックアップする「完全なバックアップ」を設定できます。
スケジュール:自動バックアップを設定できます。Standard版は毎日/毎週/毎月の3つの自動バックアップモードに対応しています。イベントトリガー(サインイン/サインアウト、システム起動/シャットダウン)/USB挿入の2つより柔軟的なモードを利用したい場合、AOMEI Backupper Professionalへのアップグレートをご検討ください。
スキーム:フル/増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動削除を設定できます。ターゲットディスクの容量を節約したい場合、このオプションの設定をお勧めします(差分バックアップとバックアップの自動削除はProfessionalで利用可能)。

まとめ

以上、Windows 11でディスク使用率が100%になる問題を修正し、コンピューターを再び通常の速度で動作させるトップ8の方法を紹介しました。さらに、この記事では、重要なデータをバックアップするために、最高の無料ディスクバックアップソフトウェアをお勧めします。これにより、データの損失を心配する必要がなくなります。

AOMEI Backupperは簡単かつ明確なインターフェイスを持ち、数回クリックするだけで必要なタスクを実行することができます。さらに、HDDを別のハードドライブにクローン、システムをバックアップする場合など、このソフトをご利用ください。今すぐ試してみませんか?