By Akira / 最後の更新 2021年12月20日

Windows 10/11の初期化が進まないことについて

Windows 10/11のPCで「このPCを初期状態に戻す」機能があります。パソコンがうまく行かない時、多くのユーザーがPCを初期化することにします。しかし、この操作が失敗しやすいで、Windows 10/11の初期化が1%、24%、62%、64%、66%、99%などでフリーズすることが時々あります。HDDエラーとWindowsインストール混乱のため、初期化が進まなくなるかもしれません。

Windows 10/11の初期化が進まない

Windows 10/11の初期化が終わらない問題とPCを初期状態に戻らない問題が発生する時、心配しないでください。パソコンをシャットダウンし、再起動してから、前と同じ画面にするかどうかを確認します。もし、また元の画面にして、以下の手順に従って、Windows 10/11の初期化問題を解決します。

Windows 10/11の初期化が終わらない時の対処法

以下はWindows 10/11の初期化が終わらない時の5つの対処法、必要に応じて一つを選択してください。

方法 1. インターネット接続を無効にする

リセット後、特定のアップデートをダウンロードしているときにPCが動かなくなることがあります。インターネット接続を無効にして、Windows 10/11の工場出荷時のリセットがスタックする問題を修正できます。

コンピュータからイーサネットケーブルを抜くか、ワイヤレスルーターの電源を切ってみてください。

方法 2. BIOS設定を変更する

特定のBIOS機能により、Windows 10/11システムリセットのスタックの問題が発生する場合があります。コンピュータを再起動し、特定のキー(Del、Esc、F1、F2、F8、F9、F10、F11、F12など)を押してBIOSモードに入り、次の操作を実行できます。

1. セキュアブートを無効にします。

2. 従来のブートを有効にします。

3. このオプションが使用可能な場合は、CSMを有効にします。

4. USBブートを有効にします。

5. ブートディスク/Uディスクを最初のブートディスクとして設定します。

変更を保存して、工場出荷時の設定に再度復元してみてください。

方法 3. スタートアップ修復を実行する

1. Download DVDまたはUSBメモリへWindows 10/11インストールファイルをダウンロードします。

2. BIOSに入り、DVDまたはUSBドライブを起動順序の一番上に置きます。

3. Windowsインストールインタフェースに入る時、「コンピュータを修復する」をクリックします。

4. 「詳細オプション」>「トラブルシューティング」>「スタートアップ修復」の順にクリックします。

その後、画面の指示に従って、Windows 10/11の初期化が終わらない問題を解決します。

方法 4. バックアップイメージから修復する

システムエラーがある場合は、PCを初期化することより、バックアップイメージからシステム復元を実行して、パソコンを良い状態に戻すことは最もいい方法ではないでしょうか?

また、バックアップイメージがあるなら、バックアップからシステムを復元して、元バーションへ戻して、Windows 10/11の初期化が進まないエラーが解決できます。

事前にバックアップした外付けHDDへのシステムイメージファイルがあるなら、長時間でWindows 10/11の初期化黒画面にフリーズする場合は、先の日付にコンピューターを復元して、PCが正常に動作するかどうかを確認します。

イメージバックアップから復元するには、次の手順を従ってください。

Windows 10/11の初期化が失敗して、それにPCがデスクトップを起動できない場合は、WinPEで復元することができます。「ドラブルシューティング」>「詳細オプション」>「イメージでシステムを回復」に移動、指示に従って、復元を実行します。

バックアップを選択

方法 5. Windowsをクリーンインストールする

イメージバックアップがない場合は、古いWindowsインストールを捨てって、システムを正常な状態に戻すためのクリーンインストールを準備する必要があります。

Windows 10/11 ISOをダウンロード、メーディアを作成します。

メーディアの作成を完了したら、DVD ROMにWindowsインストールDVD/USBを差し込み、パソコンを再起動します。

コンピュータの起動時に指定されたキー(通常はF2またはF12)を押してBIOSを起動し、コンピュータがインストールディスクから起動するように起動順序を変更します。

インストールをクリーン

「インストールの種類を選んでください」が表示されるとき、「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」をクリックします。

コンピュータを保護する予防措置

ご存知のように、PCをリセットすると工場出荷時の設定に戻ります。すべてのソフトが削除されたと意味しています。

Windows 10/11の初期化が進まないのようなシステムエラーがよく出てくるため、データが永遠に失うことにするかもしれません。お使いのコンピュータに災害が発生する時期を予測することはできません。 しかし、予防策、つまりイメージバックアップを作成することができます。

システムイメージのバックアップは、多くのシステムの問題を解決するのに役立ちます。Cドライブを削除しても、以前の状態に戻すことができます。また、システムイメージのバックアップでは、Windowsの再インストールのような多くの不必要な手間を省くことができます。ここでは、信頼できる無料バックアップと復元ソフト--AOMEI Backupper Standardを紹介したいと思います。

AOMEI Backupper Standardは、包括的なバックアップ、復元、クローンフリーソフトです。これを使用すると、Windowsエラーが発生した場合にシステムイメージを簡単に作成でき、コンピュータの起動に失敗した場合でもWinPEでシステムの復元を実行するための起動USBドライブを作成できます。

次に、システムイメージのバックアップを作成する方法を示します。開始するには、フリーソフトをダウンロードしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Standardを起動して、「バックアップ」の「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

手順 2. ソースパーティションは自動的に選択されて、保存先を自分で選ぶ必要はあります。同じHDDに保存先として選ぶことはおすすめではありません。

タスク名

手順 3. 「スケジュール」をクリックして設定することで、自動バックアップWindowsのスケジュールを設定できます。設定後、「開始」をクリックします。

スケジュールを設定

ヒント:
オプション:バックアップモード、電子メール通知、コメント、圧縮、分割、暗号化などを設定することができます。(分割、暗号化は上位エディションで使用する必要があります。)
スケジュール:自動バックアップを設定します。デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入など、複数のオプションがあります。最後の2つは、上位エディションで利用できます。データをUSBに自動バックアップする場合は、AOMEI Backupper ProfessionalにアップグレードしてUSB挿入を選択できます。
スキーム:「差分バックアップスキーム」、「増分バックアップスキーム」(有料)を提供しています。古いバックアップを自動削除するルールを作成します。これは、ストレージスペースを節約するための高度な機能です。
AOMEI Backupperによって作成されたイメージ・バックアップを使用すると、災害が発生するたびにコンピュータを正常な状態に復元できます。異なるハードウェアに復元することもできます。ただし、この機能はAOMEI Backupper Professionalなどの上位エディションでのみ使用できます。

まとめ

Windows 10/11の初期化が進まない問題の解決策は以上です。データの安全性を確保するために、操作を行う前にPCのバックアップを作成することを忘れないでください。

AOMEI Backupper Standardによって作成されたイメージバックアップを使用すると、災害が発生したときにコンピュータを良好な状態に復元したり、Professional版で異なるハードウェアに復元したりすることもできます。

Windows Serverのユーザーであれば、AOMEI Backupper Serverを使用してください。今すぐダウンロードして使ってみましょう!