By Akira / 最後の更新 2022年06月06日

Windows 10をより小さいSSDにクローンする原因

HDDを搭載したパソコンを長時間使用していると、動作が重くなることがあります。ソフトウェアやファイルを開くのに多くの時間を費やす必要があります。では、どうすればパソコンのパフォーマンスを向上させることができるのでしょうか?

パソコンのパフォーマンスを向上させるには、再インストールが選択肢の一つです。しかし、パソコンが苦手な方にとって、再インストールは難しいかもしれません。したがって、Windows 10をより小さいSSDに転送することは良い選択となります。なぜこの操作を行う必要があるのでしょうか?以下はいくつかの主な理由をリストアップします。

ssd

  • より良いパフォーマンスのため:ご存知のように、ソリッドステートディスクには、HDDにはない多くのメリットがあります。例えば、スピードが速い、容量が軽い、消費電力が低いなどです。従って、Windows 10をより小さいSSDにクローンすることで、コンピュータの作業性能を向上させることができます。

  • 良い予算のため:SSDは市場でHDDより高いで、大きいSSDが小さいSSDより高価です。したがって、コストを節約するには、多くの人は小さいSSDを購入します。

  • 買い替えのため:どんな記憶装置にも寿命があるので、故障し始めたハードディスクは交換する必要があります。新しいディスクにクローンすることで、元のディスクに保存されているすべてのデータを維持することができます。

  • システムバックアップのため:クローン作成プロセスでは元のHDDが消去されないため、古いHDDをシステムバックアップドライブとして保持できます。

Windows 10をより小さいSSDにクローンするソフト

より小さいSSDへWindows 10の移行を実行したい場合は、優れたシステムクローン作成ソフトウェアは必要です。他のソフトウェアと比較して、AOMEI Backupper Professionalはそのシンプルなインタフェースと簡単な操作手順で、このタスクを効率的に完了することができます。このソフトは完全に安全です。システムクローンのほかに、ディスククローンやパーティションクローンも利用できます。

デフォルトでは、このソフトはインテリジェントクローンを実行します。つまり、使用された部分のみがターゲットドライブにクローンされるのです。これにより、システムをより小さなSSDにクローンすることが可能になります。また、SSDの読み書きを高速化することも可能です。

さらに、この強力なソフトウェアは、MBRパーティションスタイルからMBRまたはGPTパーティションスタイルに、GPTパーティションスタイルからGPTまたはMBRパーティションスタイルに、システムドライブのクローンを作成することができます。このプログラムはWindows 11、Windows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP(すべてのエディション、32/64ビット)に対応します。

Windows 10のOSを小さいSSDに移行する詳細な手順

ヒント:
SSDの容量が小さい場合、クローン作成前に不要なファイルやフォルダを削除して、記憶容量を確保したほうがよいでしょう。また、クローン作成に必要な時間も短くなります。
クローン作成後、ターゲットドライブは上書きされるため、重要なファイルを保存している場合は、外付けハードディスクにバックアップすることをお勧めします。

1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールして開きます。左の欄から「クローン」をクリックします。その後、「システムクローン」を選択します。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

システムクローン

2. 必要なシステムドライブがデフォルトで選択されています。ここでSSDをターゲットディスクとして選択します。

ターゲットディスク

3. 「SSD 4Kアライメント」をオンにして、「開始」をクリックします(「SSD 4Kアライメント」という機能はSSDのパフォーマンスを向上させるので、ぜひ利用してみてください)。

開始

4. クローンを作成した後、BIOSの最初のブートデバイスとして小さいSSDを設定できます。

bios

ヒント:
小さい方のSSDの容量が、システムの使用容量と同じかそれ以上であることを確認します。SSDの容量が必要な容量よりも小さい場合は、別のSSDに変更する必要があります。ソースディスクをデスティネーションディスクとして使用することはできません。
セクター単位のクローン」を利用して、全セクタをクローンできます。従って、クローン作成に時間がかかります。コピー先ディスクがコピー元ディスクと同じかそれ以上のサイズであることを確認してください。
古いハードディスクについては、システムクラッシュに備えて、バックアップとして保管しておくことができます。または、ハードディスクを再フォーマットして、ターゲットディスクとして使用することもできます。

まとめ

AOMEI Backupper Professionalで、あなたはシンプルなステップでWindows 10をより小さいSSDにクローンすることができます。クローンした後、システムはスムーズに動作し、システム応答を長く待つ必要がありません。Windows 11を新しいハードディスクにクローンしたり、Windows 10のCドライブをSSDに移行したりすることもできます。もしあなたがWindows Serverユーザーなら、AOMEI Backupper Serverを利用することができます。