By AOMEI / 最後の更新 2019年08月15日

この記事では、専門なデータ移行ソフト--AOMEI Backupperを使用してDell/Toshiba/HP/Acer/Asus ノートパソコンのHDDをSSDに換装・変換する方法をご紹介します。

ラップトップをSSDに換装?必要がある?

近年、ラップトップユーザーはより良いパフォーマンスを取るため、SSDに変換することにする人がだんだん増えてきます。なぜですか?ここでは、SSDのメリットを略に説明します。①HDDよりはるかに振動・衝撃に強い、②起動・処理速度・読み書きやランダムアクセスが速い、③駆動部分がないので省電力・動作音がしないので静か、④発熱が少ない、⑤低温時・高温時の作動も安定、故障に強い、⑥アプリケーションのインストール時間が短縮、⑦軽い。

こんな高性能で、価格がHDDよりちょっと高いのは当然でしょう。でもそんな高価格ではない、あなたは絶対に納得できて合理的価格で市場で流通しています。HDDからSSDにクローンして変換すると、パソコンのパフォーマンスが飛躍的に向上させて、あなたにとっては絶対にお得です。

ノートパソコンのHDDをSSDに変換する前に準備しておくべきこと

▶ SSD

▶ ラップトップの内蔵ハードドライブをアンインストールするのに使用されるプラスドライバ。あなたはネジを置くのに使用されるそれと同様に小さい箱を必要とするかもしれません。

▶ Aブータブルメディアとして使用されるUSBドライブまたはCD/DVDディスク。以下はUSBドライブを例に取ります。

▶ HDDのバックアップイメージを保存するためのストレージデバイス。NAS、ネットワーク共有、または外付けドライブです。

▶ 信頼性の高いバックアップ&復元ユーティリティ--AOMEI Backupper Professional(Windows 10/8/7/XP/Vista向け)。それはラップトップ上でバックアップと復元方法を介してSSDに変換することが提案されています。無料体験完全無料30日間無料体験Windows 10/8/7/Vista/XPをサポート

Windows 7でノートパソコンのHDDをSSDに変装する方法

手順 1. 記憶装置をあなたのラップトップに接続し、それがWindowsによって検出できることを確認してください。AOMEI Backupperをダウンロードしてインストールして起動します。「バックアップ」>「ディスクバックアップの順に選択します。コピー元ディスクとコピー先パスを別々に選択してバックアップを開始します。終了したら、このストレージを取り外します。

ディスクバックアップ

手順 2. USBメモリーをラップトップに接続し、それがWindowsによって検出されることができることを確認してください。AOMEI Backupperを開き、「ユーティリティ」>「ブータブルメーディアの作成」の順に選択します。LinuxではなくWinPE ISOファイルを作成することをお勧めします。そして、ウィザードに従い、処理を完了してください。終了したら、このブータブルメディアを取り出します。

ブータブルメーディアを作成

手順 3. ノートパソコンの周辺機器をすべて取り外します。プラスドライバーでバッテリーとネジを外します。内蔵HDDをSSDに交換し、すべてのオブジェクトをリセットしてください。

手順 4. 起動可能なUSBとストレージデバイスを差し込みます。ラップトップを起動すると、デスクトップにおなじみのAOMEI Backupperアイコンが表示されます。復元するには起動してください。デフォルトでは、バックアップイメージは自動的に検出されます。見つからない場合は、「パス」をクリックして手動で移動できます。

パス

手順 5. 終了したら、USBとバックアップストレージを取り外します。新しいSSDを使ってラップトップを再起動します。

ヒント:復元時間は、データの大きさによって異なります。

わずか5つの手順で、HDDをSSDにアップグレードすることができます。また、AOMEI Backupper Professionalは、システム/ディスク/ファイル/パーティションのバックアップと復元ができるし、スケジュールされたバックアップ、イメージの結合、ダイナミックボリュームのバックアップ、UEFIブート及びGPTディスクのバックアップなどもできます。とてもオススメです!

▶ Windows Serverシステムを使っている場合は、AOMEI Backupper Server版を使用することも可能です。
▶ 企業でWindows Serverシステムを使っている場合は、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Backupper Technician Plus版をお勧めします。