By Akira / 最後の更新 2021年07月15日

なぜポータブルディスクからHDDクローンを実行する?

例えば、大きなプログラムを実行しているときに起動するまでに2~3分がかかる場合など、パソコンのパフォーマンスを改善するために、コンピューターのHDDをアップグレードすることをお勧めします。多くのユーザーは、Windowsとすべてのアプリケーションを新しいHDDに再インストールするのではなく、古いHDDを新しいSSDまたはHDDにクローンすることを選択します。

次のいずれかの状況にある場合は、ポータブルディスクからHDDのクローンを作成することをお勧めします。

2台のコンピューターでHDDをアップグレードする必要があり、各コンピューターにディスククローンソフトウェアを繰り返しインストールしたくありません。
会社のITプロフェッショナルまたはシステム管理者であり、USBドライブからコンピューターのエラーを修正するのが一般的です。

では、ポータブルディスクからHDDを実行するにはどうすればよいでしょうか?信頼できるポータブルディスククローンソフトウェアが必要です。

Windows PC用のプライムポータブルディスククローンソフトウェア

ポータブルディスクからHDDクローンを実行するプログラムを探しているなら、AOMEI Backupper Technicianは理想的な選択肢です。Windows 10、8.1、8、7、Vista、XPなど、すべてのWindows PCオペレーティングシステムをサポートしています。クローン作成の主な機能は次のとおりです。

ディスククローン:IDE HDDをSATAにクローン、HDDをSamsung SSDにクローン、SSDをより大きなSSDにクローンするなど、あらゆる種類のHDDを別のドライブにクローンできます。
パーティションクローン:ディスク全体をコピーする代わりに、パーティションを別のドライブにコピーできます。NTFS/FAT32/FAT16 など、Windowsファイルシステムとしてフォーマットされたパーティションがサポートされています。
システムクローン: OS を新しいドライブに転送することができます。最高の部分は、プログラムが自動的にクローンする必要があるシステムについてのパーティションを検出することができます。
ポータブル版の作成:AOMEI Backupperをローカルディスク、USBドライブ、または外付けHDD/SSDに保存できます。

試してみるのが待ちきれませんか? 次のパートから、AOMEI Backupperポータブル版を使用してHDDをクローンするための方法を詳しく説明します。AOMEI Backupper Technicianの無料体験版をダウンロードしてください。

無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

USBドライブを介してHDDをSSDにクローンする方法

まず、AOMEI Backupperポータブル版をUSBドライブに保存する必要があります。次に、USBドライブを使用して、任意のコンピューターでHDDをクローンできます。以下の指示に従ってください。

AOMEI Backupperポータブル版を作成する

ステップ 1. USBドライブをコンピューターに正しく接続します。AOMEI Backupuuper Technicianをインストールして起動します。
ステップ 2. 「ツール」の「ポータブル版を作成」を選択します。

ポータブル版を作成

ステップ 3. 「ターゲットの場所を選択」の入力欄に接続したばかりのUSBデバイスがデフォルトで表示されます。PCに他のポータブルディスクが接続されている場合は、「参照」をクリックして正しいデバイスを選択します。

参照

ステップ 4. 「作成を開始」をクリックしてプロセスを開始します。進行状況バーが100%に達したら、「完了」をクリックします。

作成を開始

ステップ 5. USBドライブを安全に取り外します。USBドライブを直接引き抜くと、ポータブルディスククローンソフトウェアが破損する可能性があります。
ご注意::
AOMEI Backupper Technicianによって作成されたポータブル版は、Windows PCオペレーティングシステムでのみ実行できます。Windows PCとWindows Serverの両方をサポートするポータブル版が必要な場合は、AOMEI Backupper Technician Plusを使用して作成してください。
現在、CD-ROMドライブとネットワークパスにAOMEI Backupperポータブル版を作成することは許可されていません。AOMEI Backupperデスクトップ版とポータブル版を1台のPCで同時に実行することはできません。

USBドライブを介してHDDをSSDにクローンする

ステップ 1. AOMEI Backupperポータブル版を搭載したUSBドライブをHDDクローンを実行したいコンピューターに接続します。また、ターゲットのSSDを接続し、認識されていることを確認してください。
ステップ 2. WindowsエクスプローラーでUSBドライブを開きます。インストールディレクトリでBackupper.exeを見つけてダブルクリックし、AOMEI Backupperポータブル版を実行します。
ステップ 3. 「クローン」の「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 4. MBR HDDをソースディスク(ディスク0)として選択して、SSDをターゲットディスク(ディスク1)として選択します。「次へ」をクリックします。(クローン作成プロセス中に宛先ディスクが上書きされるというプロンプトが表示されます。ディスク上に重要なファイルがある場合は、事前にバックアップしてください。)

ソースディスク

ステップ 5. 「SSD 4Kアライメント」をチェックして、SSDのパフォーマンスを最適化します。次に、「開始」をクリックします。

SSD 4Kアライメント

ステップ 6. ポータブル版は正常に作成された後、Register.exeという登録ツールはAOMEI Backupperポータブル版のディレクトリに作成されます。「登録」をクリックしてポータブル版が登録状態になります。登録情報の漏洩を防ぐために「登録解除」をクリックして登録情報を完全に削除することをお勧めします。

登録解除

ご注意
クローンされたSSDから起動するには、BIOSで起動順序を変更するか、元のHDDを取り外してそこにクローンされたSSDをインストールします。
別のコンピューターでAOMEI Backupperポータブル版を使用するには、USBドライブでRegister.exeを実行し、登録をします。登録済みのAOMEI Backupperを再度起動します。

まとめ

以上が、ポータブルディスクからHDDクローンを実行する方法です。適切なポータブルディスククローンソフトウェアを使用する限り、非常に簡単です。クローン機能に加えて、ラップトップとデスクトップ間でデータの同期するHDDをクラウドにバックアップするなど、AOMEI Backupperの他の多くの実用的な機能を楽しむことができます。今すぐお試しください!