By Akira / 最後の更新 2021年07月15日

VHD/VHDXについて

VHD(仮想ハードディスク)は仮想ハードディスクを表すファイル形式です。バックアップと復元を使用してWindowsイメージのバックアップを作成すると、VHDへのWindowsバックアップが取得され、宛先にWindowsImageBackupフォルダーが作成されパスは次のようになります:\ WindowsImageBackup \ computer name \ Backup YYYY-MM-DDHHMMSS。そして、複数のVHDファイルといくつかのxmlファイルを取得します。VHDファイルの数は、ディスクまたはパーティションの数を意味します。

VHDX(Virtual Hard Disk V2)は、VHD形式の新しいバージョンであり、古いVHD形式よりもはるかに大きなストレージ容量を備えています。VHDの容量は最大2TBに制限されていますが、VHDXの容量は最大64TBに制限されています。また、電源障害時のデータ破損保護を提供し、ダイナミックディスクディスクと差分ディスクの構造アラインメントを最適化して、新しい大規模セクターの物理ディスクのパフォーマンス低下を防ぎます。VHDと同じように、VHDXをマウントすることもできます。

vhd vhdx ファイル

バックアップのファイルにアクセスするために、VHDまたはVHDXファイルをマウントする必要があります。どうすればよいですか?次は、4つの方法を紹介します。

VHD/VHDXファイルをマウントする方法

方法 1. ディスクの管理でVHD/VHDXファイルをマウントする

ステップ 1. キーボードでWin+Xキーを同時に押します。メニューから、「ディスクの管理」を選択します。

ステップ 2. ディスクの管理のインターフェイスで、「操作」を選択し、「VHDの接続」をクリックします。

VHDの接続

ステップ 3. 「参照」をクリックしてWindowsシステムイメージのVHD/VHDXファイルを見つけ、「OK」をクリックします。

参照

ステップ 4. これで適当なドライブレターが付けられて、1つのドライブとしてマウントされます。これにより、エクスプローラでVHDファイルの中のファイルなども操作できます。

方法 2. PowerShellでVHD/VHDXファイルをマウントする

Mount-VHDコマンドを使用して、Hyper-V、Windows Server/2012/2016/2019でWindowsバックアップイメージVHDまたはVHDXファイルをマウントできます。

たとえば、\\ 192.168.0.230 \ sharefolder \ WindowsImageBackup \ DESKTOP-EL3UFCG \ Backup 2020-12-15 075201 \ 10ae79f1-3117-4168-b159-19790f1113bf.vhdxにあるVHDXファイルをマウントするには、次のコマンドを入力してください。

Mount-VHD -path \\ 192.168.0.230 \ sharefolder \ WindowsImageBackup \ DESKTOP-EL3UFCG \ Backup 2020-12-15 075201 \ 10ae79f1-3117-4168-b159-19790f1113bf.vhdx

Mount-VHDコマンド

ご注意:「用語'Mount-VHD'は、関数、スクリプトファイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。」というエラーメッセージが表示される場合があります。修復するには、最初にHyper-Vをインストールする必要があります。

方法 3. コマンドプロンプトでVHD/VHDXファイルをマウントする

ステップ 1. キーボードのWin+Rショートカットキーを押して、「dispart」を入力して、「OK」をクリックします。

ステップ 2. 次のコマンドを実行します。

diskpart

select vdisk file="D:\WindowsImageBackup\DESKTOP-EL3UFCG\Backup 2020-12-15 075201\10ae79f1-3117-4168-b159-19790f1113bf.vhdx"

attach vdisk

diskpart

ただし、VHD/VHDXファイルをマウントする時に、次のようなエラーが発生する場合があります:「申し訳ありませんが、ファイルのマウント中に問題がありました。」または「ファイルをマウントする権限がありません。」これらの問題を修正するには、VHDまたはVHDXファイルをある場所から別の場所にコピーしてからインストールすることができます。

それでもVHDまたはVHDXファイルをマウントできない場合は、次の解決策を試してください。

方法 4. AOMEI BackupperでVHD/VHDXファイルをマウントする

これは、Windows PCおよびサーバー上のWindowsシステムイメージをマウントする簡単な方法です。つまり、サードパーティのソフトウェア-AOMEI Backupper Serverを使用することです。このソフトウェアを使用してWindowsシステムイメージを作成し、Windowsイメージをマウントして、個々のファイルを参照または復元するのは非常に簡単です。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして起動します。Windowsシステムイメージをマウントするには、ここで最初にWindowsシステムイメージのバックアップを作成する必要があります。「バックアップ」タブで「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

ステップ 2. 次に、別のローカルパーティションをWindowsシステムイメージの保存するターゲットとして選択します。「開始」をクリックします。

ターゲットバス

ステップ 3. Windowsシステムイメージをマウントするには、「ツール」タブで「イメージをマウント」を選択できます。

イメージをマウント

ステップ 4. 次に、バックアップイメージを選択し、リストからバックアップポイントを選択して、VHD上のファイルを参照します。「次へ」をクリックします。

指定

ステップ 5. ここで、イメージファイル内のパーティションにドライブ文字を割り当てて、マイコンピュータで調べることができます。「次へ」をクリックします。

文字を割りる

ステップ 6. 次に、進行状況が100%に達するまで待ちます。「完了」をクリックします。次に、WindowsエクスプローラーでバックアップイメージVHDにアクセスするか、Windowsバックアップから特定のファイルを復元できます。

補足-システムバックアップ作成のもう一つの方法(より簡単、より便利)
AOMEI OneKey Recovery(OKR)を利用して、回復パーティションを直接作成して、システムを回復パーティションにバックアップすることができます。その回復パーティションを利用して、簡単かつ高速にシステムを復元することができます。

まとめ

上記の手順に従って、WindowsイメージバックアップVHDまたはVHDXファイルを簡単にマウントできます。また、AOMEI Backupper Serverは、VHDマウントツールであるだけでなく、Windowsユーザーが簡単にバックアップおよび復元できるVHDビューアーでもあります。

さらに、社内の台数無制限サーバーでデータとOSを継続的に保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。組み込みのAOMEI Image Deployツールを使用すると、コンピューター上のシステムイメージファイルをネットワーク経由でクライアント側の複数のコンピューターに復元することもできます。