By Akira / 最後の更新 2022年12月07日

フルバックアップと増分バックアップの違い

フルバックアップは、指定したファイル/パーティション/ディスク内のすべてのデータを完全に複製することです。

増分バックアップは、前回行われたバックアップ(フルまたは増分バックアップ)から変更や追加されたデータのみ複製するバックアップ方法です。増分バックアップでは、まず初回にフルバックアップを行います。2回目以降では、前回のバックアップから変更・追加されたファイルのみをバックアップします。変更されていないデータはバックアップされません。

フルバックアップは、OSのアップグレードやソフトウェアのインストールなどの大きな変更をバックアップするために、毎週または毎月行われるべきです。

しかし、増分バックアップは、フルバックアップの間の長い間隔でのデータ損失を避けるために、日々変更される情報(それらの小さなファイルは、遅かれ早かれ大きなものとして蓄積されます)のイメージを作成するために毎日実行されるべきです。そして、これは賢明なバックアップソリューションです。

増分バックアップ

外付けHDDの増分バックアップを実行する原因

増分バックアップは、変更されたデータのみをバックアップするため、ディスク容量が小さくなり、バックアップ完了までの時間も短くなります。

例えば、フルバックアップは約50ギガバイトですが、増分バックアップは2.5ギガバイトから10ギガバイト程度まで様々です。また、バックアップにかかる時間は、その日のドライブの変化に応じて短くなります。

しかし、増分バックアップを使用するには熟練が必要です。なぜなら、増分バックアップはその機能上、ある時点の復元を実行するためにすべて利用可能でなければならないからです。

例えば、PCの自動バックアップ設定で、月1回のフルバックアップと日1回の増分バックアップを行うようにしたとします。その月の7日後の時点にPCを復元したい場合、最初のフルバックアップとその日に到達するまでの6回の増分バックアップが必要です。各増分バックアップは、最後のバックアップが処理されるまで、その前のバックアップの「上に」リストアされる必要があります。

外付けHDDの増分バックアップを実行する方法

外付けHDDの増分バックアップを実行するには、専門的なバックアップフリーソフトAOMEI Backupper Standardを使用することをお勧めします。このソフトはWindows XPを含むすべてのWindowsシステムで動作し、フルバックアップ、増分バックアップを行うことができます。操作は簡単で、完全に無料です。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストールし、起動します。「バックアップ」タブで「ディスクバックアップ」を選択します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ディスクバックアップ

ステップ 2. 別のバックアップタスクと区別するために、タスク名を変更することができます。

タスク名

ステップ 3. 「ディスクを追加」をクリックします。ポップアップウィンドウで、外付けHDDをソースディスク(バックアップ元)として選択します。

ディスクを追加

ステップ 4. そして、ディスクイメージファイルを保存する場所(バックアップ先のドライブ)を選択します。

バックアップ先

ステップ 5. 「スケジュール」をクリックして、「普通」を選択して定期的のバックアップタスクを設定できます。そして「詳細」を選択してから、「増分スキーム」を選択します。もちろん、必要に応じてProfessional版にアップグレードして、「差分スキーム」を選択することもできます。

普通

詳細

ステップ 6. 「開始」をクリックしてから、タスクが実行します。

ヒント:
バックアップのプロセスが完了すると、インターフェイスは「ホーム」に変わります。ここでは、すべてのバックアップをプレビューでき、「バックアップ」>「増分バックアップ」を通じて増分バックアップを直接開始することができます。
「ホーム」インタフェースでは、「ホーム」>「詳細」>「プロパティ」を通じて、このバックアップタスクのすべてのバージョンをプレビューすることができます。そして、このバックアップのすべてのイメージファイルが「バージョン」タブの下にリストされます。

まとめ

外付けHDDの増分バックアップを実行する方法は以上です。すごく簡単でしょう?また、復元に関しては、AOMEI Backupperは、複雑さを回避するために、ポイントインタイム増分バックアップを使用して日付に復元するのに役立ちます。

さらに、システムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイル同期などの多くの便利な機能が組み込まれています。CドライブをSSDに転送する場合は、有料版にアップグレードして、システムクローン機能を使用することもできます。お気軽にどうぞ!