By Akira / 最後の更新 2022年03月24日

ベアメタルバックアップについて

ベアメタルバックアップとは、システム状態とシステム状態を含むすべてのパーティションのバックアップを指します。Windows Serverバックアップを使用したことがあるユーザーは、バックアップの対象を指定するときに、システム状態とすべての重要なボリュームが必ず含まれるベアメタルリカバリというオプションがあることがわかります。

マイクロソフトはベアメタルバックアップを実行するためのWbadminコマンドを導入していませんが、ベメタルリカバリはすべての重要なボリューム、システム状態のバックアップと同じことです。「-systemstatebackup」オプションではなく、「-allcritical」オプションを指定したら、同じハードウェアまたは異なるハードウェアを搭載したパソコンにバックアップを復元できますが、システム状態のみ回復することではありません。Windows 7/8/8.1/10またはWindows Server 2008/2008 R2/2012/2012R2では、Wbadminコマンドを使用してベアメタルバックアップを作成できます。

Wbadminコマンドでベアメタルバックアップを作成

Wbadminコマンドでベアメタルバックアップを作成するには、コマンドプロンプトを開き、そこからコマンドを実行します。コマンドプロンプトにアクセスするには、検索ボックスに「コマンド プロンプト」を入力し、「コマンド プロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。この方法を使ってPowershellを開くこともできます。

Windows PCのコマンドの構文:

wbadminバックアップの開始

[-backupTarget:{|}]

[-include:]

[-allCritical]

[-user:]

[-password:]

[-noinheritAcl]

[-noVerify]

[-vssFull] –vssCopy]

[-quiet]

The syntax for Windows Server:

Wbadmin start backup

[-backupTarget:{|}]

[-include:]

[-nonRecurseInclude:]

[-exclude:]

[-nonRecurseExclude:]

[-hyperv:]

[-allCritical]

[-systemState]

[-noVerify]

[-user:]

[-password:]

[-noInheritAcl]

[-vssFull | -vssCopy]

[-quiet]

[-allowDeleteOldBackups]

注:Wbadminの各バージョンに付属したスイッチは少し異なります。例えば、ファイルやフォルダの代わりにバックアップにボリュームのみを含めることができます。前述のように、–systemstate backupオプションはサーバシステムのみで使用できます。だから、Windows PCでベアメタルバックアップを実行するには、Wbadmin start backup -backupTarget:X:-allcritical –quietというコマンドプロンプトを使用できます。(Xはイメージバックアップを保存するパーティションを意味します。)

Windows Serverでベアメタルバックアップを実行するには、次のコマンドプロンプトを使用: Wbadmin start backup -backupTarget:X:-allcritical -systemstate –quiet

もちろん、必要に応じて、Wbadmin allcritical backupコマンドプロンプトのパラメータを調整することもできます。例えば、コマンドプロンプトなしでF:ドライブへベアメタルバックアップを作成するには、次のコマンドプロンプトを使用:wbadmin start backup -backuptarget:F:-allcritical -systemstate –quiet

Bare Metal

「Enter」キーを押すと、バックグラウンドでバックアップが開始します。このイメージバックアップを復元するには、Windowsインストールディスクを使用し、または回復ドライブを作成してWindows回復環境に入る必要があります。

注:Windows Wbadminユーティリティは、NTFSでフォーマットされたパーティションのみで作動します。

サードパーティソフトウェアでベアメタルバッ クアップを作成

Wbadminユーティリティはエンタープライズレベルのバックアップソリューションになっていないため、より専門的なバックアップツールがほしいユーザーはたくさんいます。深く掘り下げると、AOMEI Backupper Professionalがバックアップと復元に関するタスクをよく行うことができると分かるようになります。AOMEI Backupperを使用してコマンドラインからベアメタルバックアップを作成するには:

1. AOMEI Backupperをダウンロードしてインストールします。コマンドラインバックアップ機能は有料版のみで利用できます。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. 高級コマンドプロンプトを開き、管理者として実行します。

3. AOMEI Backupperのインストールディレクトリーのパスを入力し、[Enter]を押します。 パスは [cd C:¥Program Files(x86)¥AOMEI Backupper]のようにしてください。

4. AOMEI Backupperのバックアップコマンドを入力し、キー「Enter」を押します。例えば、ベアメタルバックアップを作成し、それをE:\ system backupに「System Backup」と名付けるには、次のコマンドプロンプトを実行して:AMBackup.exe /b new /t system /d "e: \system backup" /n "Backup System"

AB command

AOMEI Backuppeでは、WindowsがコマンドラインまたはGUI(Graphical User Interface)から検出する任意の場所に、複数のスケジュールされたフル/差分/増分バックアップタスクを作成できます。AOMEI Backupperは技術者、サーバーユーザーおよびPCユーザーに適しています。そして、バックアップがスムーズかつ効率的に実行されるようにより多くのオプションが提供されています。「ディスクスペースの管理」を使用すると、自分の方法で古いバックアップを自動的に削除することを設定できます。BackupperまたはAOMEI PXEツールで作成されたブータブルメディアを使用すると、パソコンが作業できないときに簡単にマシンを復元できます。圧縮と暗号化を使用すると、バックアップが確保され、スペースが大幅に節約されます。簡潔明瞭なインターフェースで、数回のクリックでバックアップと復元を実行できます。