By Akira / 最後の更新 2022年09月27日

ファイルのバックアップスケジュールを作成する理由

ほとんどの場合、パソコンにインストール、または内蔵されているアプリはデフォルトでWindowsのユーザーフォルダに保存されます。ユーザーアカウント作成とともに「ドキュメント」、「ピクチャ」、「ミュージック」などの個人データを保存するユーザーフォルダーがシステムドライブ(Cドライブ)の中に設けられます。

ウイルス感染やマルウェア攻撃なので、お使いのコンピューターに問題が発生する時、システムドライブをフォーマットして、Windowsを再インストールする必要があるかもしれません。結果として、ユーザーフォルダーを含むCドライブ上の全てのデータが削除されます。だから、大切なファイルを失わないように、普通の時、ユーザーファイルのバックアップスケジュールを作成する必要があります。

内蔵されているツールでファイルのバックアップスケジュールを作成

Windows 7、Windows 10、Windows 11の場合、「バックアップと復元」を使用することができます。しかし、この機能はWindows 8に対応しません。Windows 8の場合、「ファイル履歴」を使用することができます。また、ユーザーデータを外付けHDDにバックアップすることをお勧めします。

パソコンに搭載されているバックアップツールを開くために、検索欄にツールの名前を直接入力するか、或いは「コントロール パネル」→「システムとセキュリティ」をクリックして「バックアップと復元」や「ファイル履歴」を選択することができます。

Windows 7で、ユーザーファイルのバックアップをスケジュールするには

手順 1. 「バックアップと復元」を開いてから「バックアップの設定」をクリックします。

バックアップの設定

手順 2. 「バックアップの設定」をクリックすると、しばらくお待ちください。その次に表示される画面で、ユーザーファイルのバックアップを保存する場所を選択して、「次へ」をクリックします。

保存場所の選択

ヒント:前にも言ったとおり、バックアップ先として外付けハードディスクやNASなど、Windowsをインストールしているディスクとは別のドライブを選択した方がいいです。ここではUSBメモリ(K:)を選択しましょう。

手順 3. バックアップの対象を選択する画面が表示されるので、どちらかを選択して「次へ」をクリックします。ここでは自分の必要に応じて、バックアップするユーザーデータを選択できるために、「自分で選択する」をクリックしましょう。

自分で選択する

手順 4. Usersフォルダーにチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

Usersフォルダー

手順 5. 次の画面はバックアップ設定の確認です。ここで「バックアップの場所」、「バックアップの概要」、「スケジュール」を確認できます。ご覧のように、デフォルトでユーザーファイルのバックアップを毎週日曜日の19:00に実行するスケジュールが作成されます。

※別のスケジュールを設定したい場合、「スケジュールの変更」をクリックしてバックアップの頻度とか時刻とかを変えることができます。

保存

手順 6. スケジュールを設定した後、問題なければ「設定を保存してバックアップを実行」をクリックします。

Windows 8/8.1で、バックアップにUsersフォルダーが含まれるために、システムイメージバックアップを作成できますが、これがもっと多くの容量を費やします。

上述した方法のほかに、無料のサードパーティ製ソフトウェアを使用してユーザーファイルの自動バックアップを作成することもできます。

フリーソフトでユーザーファイルの自動バックアップを設定

上述のように、Windowsはバックアップ&復元の機能を多く提供していますが、いくつかの制限があります。例えば、NTFSでフォーマットされたボリュームのみバックアップできます。ここでは、もっと強力なバックアップフリーソフトAOMEI Backupper Standardをお勧めします。

AOMEI Backupper Standardは優れたファイルバックアップ機能を持っています。イメージの圧縮レベルを指定できます。バックアップスケジュールを設定できます。また、以下のいくつかのメリットがあります。

直感的にわかりやすいUI、本当に使いやすい!
操作も簡単でパソコン初心者でも気軽に楽しむことができる!
Windows11、10、Windows8.1/8、Windows7、XPなどに対応する!
ファイル/システム/パーティション/ディスクバックアップ、フル/増分バックアップ、自動バックアップを作成できる!

次は、Windows 7/8/10/11でファイルまたはフォルダを自動バックアップするように設定しましょう~

手順 1. このバックアップフリーソフトをお使いのコンピューターにダウンロードして実行します。「バックアップ」→「ファイルバックアップ」を選択します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ファイルバックアップ

手順 2. 「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックしてバックアップしたい項目を選択します。

ファイルを追加

手順 3. そして、イメージを保存する場所(バックアップ先)を選択します。「スケジュール」をクリックして、デイリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガーなどのバックアップを設定できます。例えば、パソコン起動時にバックアップを実行したい場合、「イベントトリガー」を選択してから「システム起動」オプションにチェックを入れます。

保存場所

イベントトリガー

※注:イベントトリガー機能を使用したい場合、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。

手順 4. 「開始」をクリックしてファイルバックアップを実行します。

開始

ファイルのバックアップスケジュールを作成する以外に、AOMEI BackupperはWindows 10スケジュールバックアップ、ディスクバックアップ、ファイル同期、ハードディスククローンなどを作成することができます。 

補足:また、AOMEI Backupper Professionalの「クラウドバックアップ」を選択してAOMEI Cloudにバックアップできます。AOMEI Cloudには1TBの空き容量があります。いつでもどこでも、AOMEIカウントにログインすれば、すぐにファイルを復元することができます。物理的な紛失や損傷を心配する必要はありません。

クラウドバックアップ

まとめ

Windows 11/10/8/7でファイルのバックアップスケジュールを作成することで、ユーザーフォルダ内のデータを保護することができます。ここでは、上記の2つの方法を紹介します。どれを使ってもかまいません。

しかし、より柔軟にユーザーファイルをバックアップしたい場合、フリーソフトAOMEI Backupper Standardを利用したほうがいいです。ユーザーファイルのスケジュールバックアップを作成できるだけでなく、通常または高圧縮レベルでファイルをバックアップし、ファイルの暗号化を有効にし、増分または差分バックアップなど、より高度な機能(AOMEI Backupper Professionalでサポート)を提供します。

もし無制限のPCを保護したいなら、AOMEI Backupper TechまたはTech Plusへアップグレードすることができます。