By AOMEI / 最後の更新 2020年03月16日

外付けHDDに関して

データを外付けHDDへバックアップするには、まず外付けHDDのこと分かっておく必要があります。通常、外付けHDDはUSBポートとケーブルによってコンピュータを接続します。外付けHDDは大量のデータを保存して、優れた効能のあるストレージデバイスだとされています。それで六つのメリットをまとめました。

1. パソコンのトラブルでも外付けハードディスクに保存していると安心

2. 他のパソコンでもデータの使用が可能

3. パソコンの買い換えなどでデータの移行をしなくても良い

4. パソコン本体に内蔵しているハードディスクの負担が少なくなる

5. 外付けハードディスクなので温度の上昇を気にする必要がない

6. 持ち運びができる

AOMEI Backupperに関して

AOMEI Backupperは、四つのバックアップオプションを提供しています:システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ及びファイル/フォルダバックアップ。最もコストパフォーマンスのあるAOMEI Backupper Professionalをお勧めします。それを介して、任意のバックアップモードを使用して、ローカルディスクのパーティション、外付けHDD、USBメモリーまたはNASなどのネットワークにバックアップイメージファイルを作成することができます。

一方、AOMEI Backupperの対応性にはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XPを含むすべてのWindows PCオペレーティングシステムがサポートされています。それだけじゃなく、AOMEI Backupperはクローン機能も提供しています。必要によって、システムクローンや、ディスククローンや、パーティションクローンなどが選択できます。次は、例をとして「ディスクバックアップ」の操作を実演しましょう。

√個人・ホームPC用
√分かりやすいウィザード形式・初心者の方でも簡単に使える

√ビジネス用のWorkstation版、台数無制限のPC向けTech版もある
もっと見る »

Pro版の無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP/Vista

ダウンロード数が2千万回を超えた


外付けHDDへのバックアップを実行しよう

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、バックアップしたいディスクを選択します。

ディスクを追加

ステップ 3. そして、外付けHDDをターゲットパスとして選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. ニーズに応じて、「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定することができます。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックしてから、バックアップが実行されます。

開始

ヒント:Windows Server 2019などのサーバーでディスク/システム/パーティション/ファイルのバックアップと復元を作成したい場合は、サーバー専用のAOMEI Backupper Serverをお試しください!