データをイメージファイルにバックアップした時に、安全な場所にイメージファイルを保存することができます。イメージファイルを保存する時、次のような問題に直面する可能性があります。

  • バックアップした後にイメージファイルが、対応する記憶装置より大きいことが分かった。たとえば、イメージファイルが6GBで、2つの4GBのUSBフラッシュドライブしかない。この場合、イメージファイル分割機能を使ってイメージファイルを保存できます。この機能がないと、イメージファイルを保存できません。

  • いくつかの小さな断片にイメージファイルを分割して、別々のCDまたはDVDに保存する場合、この分割機能は非常に有用です。

  • FAT32パーティションにサイズが4GB以上のイメージファイルを復元する場合、FAT32パーティションが最大サイズ 4GBのファイルのみサポートしているので、FAT32ファイルシステムのストレージ要件を満たすためにイメージを4GB以下のファイルに分割する必要があります。

分割する手順

AOMEI Backupperのイメージファイルの分割機能で、すべての問題を簡単に解決できます。バックアップ中にいくつかの簡単な設定で理想的なサイズに分割できます。

イメージファイルの分割の手順は次に通りです。

バックアップ方法を選択します。「パーティションバックアップ」を例とします。

バックアップ設定ページでは、「オプション」ボタンをクリックします。

Start Backup

ポップアップウィンドウで、「詳細」「分割」項目を選択します。 3つのオプションが利用可能です。

注意:イメージファイルが分割された場合、データ管理の利便性を確保するには同じディレクトリにファイルを保存してください。