Xcopyコマンドでフォルダとサブフォルダをコピーする方法

このガイドでは、Xcopyコマンドを使用してフォルダとサブフォルダをコピーする方法を説明します。それに、ある無料で強力なソフトのバックアップ機能によって、もっと便利にフォルダとサブフォルダのコピーを完成する方法も紹介します。ぜひご覧ください~ヾ(•ω•`)o

Yoyo

By Yoyo 最後の更新 2023年10月31日

共有: instagram reddit

Xcopyコマンドとは?

「Xcopyコマンド」は、Microsoftによって設計されたコマンドラインユーティリティであり、ファイルやディレクトリ(フォルダ)をコピーするために使用されます。このコマンドは、Windowsオペレーティングシステムで利用可能であり、古いバージョンのWindowsから最新のバージョンまで、多くのWindows環境で利用できます。

Xcopyコマンドは、以下のように使用されます:

Xcopy  [オプション]  [ソース]  [ターゲット]

 

ここで、[オプション]はコピー操作の挙動を制御し、[ソース]はコピー元のファイルやディレクトリを指定し、[ターゲット]はコピー先の場所を指定します。

Xcopyコマンドの主な用途といくつかの一般的なオプションは以下の通りです:

ファイルやディレクトリのコピー:Xcopyは、指定されたファイルやディレクトリをコピーします。たとえば、ディレクトリ全体を別の場所にコピーしたり、複数のファイルをコピーしたりできます。
サブディレクトリのコピー:Xcopyは、サブディレクトリ(サブフォルダ)を含むディレクトリ全体を再帰的にコピーできます。
日付やサイズに基づいたコピー:Xcopyは、日付やファイルサイズに基づいてファイルをコピーするオプションを提供します。これにより、変更されたファイルのみをコピーするなど、特定の条件に合致するファイルのみを選択的にコピーできます。
オプションの設定:Xcopyは、さまざまなオプションを提供し、コピー操作の挙動をカスタマイズできます。たとえば、ファイルの上書きを制御したり、エラーメッセージを表示しないようにしたりできます。

Xcopyコマンドは、バッチスクリプトや自動化タスクなどで便利に使用でき、大量のファイルやディレクトリを簡単にコピーするのに役立ちます。そのため、システム管理者や開発者にとって重要なツールの一つとなっています。

ユーザーケース:Xcopyコマンドでフォルダとサブフォルダをコピーしたい

 

こんにちは!たくさんのサブフォルダとファイルが入ったフォルダがあります。フォルダを別の場所にコピーしたいのですが、ディレクトリ構造を再作成したくありません。Xcopyコマンドを使用して、フォルダとサブフォルダのディレクトリ構造を別の場所にコピーできますか?

- あるユーザーからの質問

ディレクトリ構造の再作成、特に右クリックで複数の構造とフォルダを作成するのは、面倒でエラーが発生しっぽい作業です。だからXcopyコマンドで直接フォルダとサブフォルダをコピーすることをお勧めします。Xcopyでその操作を実現する方法が分かっていない場合は、以下の詳細な手順を見てください。

Xcopyコマンドでフォルダとサブフォルダをコピーする手順

cmdでフォルダとサブフォルダを移動するには、よく使用されるコマンド構文の形式は次のようになります。

xcopy 「対象のファイルやフォルダ」 「コピー先の場所と名前」 「オプション」

また、さまざまな要求に対応するためのオプションがあります。状況によって、手順に従いファイルをコピーできます。

状況1. フォルダとサブフォルダ(内容を含む)をコピーする

1. 「スタート」をクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力します。リストから「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

2. コマンドプロンプトで、次のようにXcopyコマンドを入力して、フォルダとサブフォルダ(内容を含む)をコピーします。たとえば、Cドライブの「test」フォルダとそのサブフォルダをDドライブの「test」フォルダにコピーするには、次のようにXcopyコマンドを入力します。

Xcopy C:\test D:\test /E /H /C /I

コマンド

状況2. フォルダとサブフォルダ(内容なし)をコピーする

上記の手順に従って、コマンドプロンプトを開けてください。次に、以下のようにXcopyコマンドを入力して、ファイルなしでフォルダとサブフォルダ(内容なし)をコピーします。

Xcopy 「対象のファイルやフォルダ」 「コピー先の場所と名前」 /T /E

状況3. NTFSと共有のアクセス許可でフォルダとサブフォルダをコピーする

場合によっては、NTFSと共有のアクセス許可をフォルダと一緒に転送する必要があります。コマンドプロンプトが開いたら、次のコマンドを入力して、すべてのファイルとフォルダをコピーし、NTFSと共有のアクセス許可を保留できます。

Xcopy 「対象のファイルやフォルダ」 「コピー先の場所と名前」 /O /X /E /H /K

⭐注意が必要なこと

1. Xcopyは開いているファイルをコピーできません。

2. Xcopyを実行しても、進行状況や完了した操作の情報は表示されません。

3. 名前にスペースが含まれているフォルダまたは8文字を超えるフォルダの場合、パスを引用符で囲むことをお勧めします。そうしないと、エラーが発生する可能性があります。

4. 同時にいくつかの構文を使用することが多いです。もし、1つの構文が誤って使用されると、Xcopyコマンドが機能しなくなり、さらに悪いことに、ファイルが失われる可能性があります。したがって、Xcopyコマンドを使用するときに十分注意してください。

5. 全てのコマンド構文の意味は下図を対照してください。

コマンド詳細

AOMEI Backupperでフォルダとサブフォルダをコピーする

Xcopyコマンドの方法は操作が難しく、間違いやすいです。ここでは、安全性と信頼性の高いバックアップおよび復元ソフトウェアであるAOMEI Backupperの無料版「AOMEI Backupper Standard」の使用をお勧めします。より多くの時間とディスク容量が節約できるし、操作が簡単で間違える心配はありません。

AOMEI Backupper Standardのメリット

●直感的にわかりやすいUI、本当に使いやすい!
●操作も簡単でパソコン初心者でも気軽に楽しむ!
●ファイル/システム/パーティション/ディスク、フル/増分、自動バックアップ作成可能!

もっと見る »

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupperをインストールして実行します。「バックアップ」、「ファイルバックアップ」の順にクリックします。

ファイルバックアップ

ステップ 2. 「フォルダを追加」または「ファイルを追加」をクリックして、コピーしたいものを選択します。

フォルダーを追加

ステップ 3. ターゲットパスを選択します。そして「開始」をクリックしてタスクを実行します。

保存先

ヒント:
バックアップオプション:このオプションでは、圧縮、分割、パスワード保護などを設定できます。
スケジュール:ここで毎日・毎週・毎月及びフル・増分・差分バックアップの設定が指定できます。
補足:また、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードして、「クラウドバックアップ」を選択してAOMEI Cloudにバックアップできます。AOMEI Cloudには1TBの空き容量があります。いつでもどこでも、AOMEIカウントにログインすれば、すぐにファイルを復元することができます。ディスクの紛失や損傷を心配する必要はありません。以下は具体的な手順です:

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをアップグレードして実行します。「バックアップ」⇒「クラウドバックアップ」の順にクリックします。

バックアップ

ステップ 2. 「タスク名」ボックスには、他のバックアップと区別しやすいように名前を付けることができます。「フォルダの追加」または「ファイルの追加」のいずれかをクリックし、バックアップするファイル/フォルダを選択します。または、ファイル/フォルダを直接ここにドラッグして追加することもできます。

ファイルを追加

ステップ 3. デフォルトでAOMEI Cloudが保存先として選択されています。

保存先

🌴ケース1:AOMEIアカウントを持っていない場合、まず「登録」ボタンをクリックし、AOMEIアカウントを登録することができます。登録された後、「ログイン」ボタンをクリックして、AOMEIアカウントにログインできます。ログインに成功した後、使用容量と総容量が表示されます。
🌴ケース2:AOMEIアカウントを持っているが、まだログインしていない場合、直接AOMEIクラウドディレクトリの「ログイン」ボタンをクリックし、アカウントにログインすることができます。ログインに成功した後、使用容量と総容量が表示されます。

「クラウドバックアップ」タスクを作成する前に、プログラムのGUIで「ログイン」ボタンをクリックして、直接AOMEIアカウントにログインすることもできます。一度ログインすると、バックアップタスクを作成するときに再度ログインする必要はありません。

ログイン

ステップ 4. 「開始」ボタンをクリックして、バックアップを開始します。そして、プロセスが完了したら、「完了」をクリックします。

開始

結語

以上はXcopyコマンドでフォルダとサブフォルダをコピーする方法になります。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは「[email protected]」です。最後までありがとうございます。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較
Yoyo
Yoyo· 編集者
Yoyoは、AOMEI Technology会社の編集者としてパソコンに関わるヘルプドキュメント、基礎知識、リソースなどを書いています。そのほか、バックアップ&復元、クローン、ディスク&パーティションの管理、クラウドファイルの同期などの記事もたくさん持っています。情報技術とウェブ関連の分野に情熱を傾けつつ、ゲームも大好きです。新しいテクノロジーに常に興味津々で、読者に最新情報を提供することを心掛けています。