By AOMEI / 最後の更新 2019年12月10日

Microsoft USMTとは何ですか?

USMTはUser State Migration Toolの略で、ユーザーアカウント、ユーザーファイルとフォルダ、オペレーティングシステム設定、アプリケーション設定、ネットワーク設定などをWindowsコンピューター間で移行できるMicrosoftコマンドラインツールです。多数のコンピューターのハードウェアまたはオペレーティングシステムをアップグレードする場合は、USMTが非常に役立ちます。

USMTは、Windowsアセスメントとデプロイメントキット(Windows ADK)を含むWindows XP、Vista、7、8、8.1および10に適用されます。したがって、USMTを利用する場合は、最初にWindows ADKをインストールする必要があります。

WindowsでUSMTを使用する方法

USMTを使用すると、USMT .xmlファイルを変更して、自動的および正確に移行をすることができます。xmlファイルの分類は次のとおりです。

MigApp.XML(アプリケーション設定の移行)

MigDocs.XML(ユーザードキュメントの移行)

MigUser.XML(ユーザープロファイルとユーザーデータの移行)

以下は4つの手順によって、ファイルと設定をWindows XP、Vista、7、8、または8.1(ソースコンピューター)からWindows 10(ターゲットコンピューター)に移行する方法を示します。

手順1:USMTツールをダウンロードしてインストールします

現在のOS用のWindowsアセスメントとデプロイメントキット(Windows ADK)をダウンロードします。それをインストールすると、ユーザー状態移行ツール(USMT)オプションのみチェックするのが可能になります。

usmtインストール

手順2:USMT ScanStateツールを使用し、Windows XP/Vista/7/8/8.1でデータを収集します

Windows ADK機能をインストールしたら、ファイルと設定をWindows XP/Vista/7/8/8.1(ソースコンピューター)からWindows 10(ターゲットコンピューター)に移行できます。

ご注意:アプリケーションが実行されている場合は、ScanStateコマンドを使用すると、USMTは指定されたデータを移行しないため、ソースコンピューターをバックアップしてから、すべてのアプリケーションを閉じてください。

1. デスクトップの検索ダイアログボックスに「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」を選択します。

2. 次に、次のコマンドを実行して、すべてのファイルと設定を収集します。

scanstate \\ server \ share \ migration \ mystore /i:migdocs.xml /i:migapp.xml / o

scanstateコマンド

ヒント:特定のオペレーティングシステム設定を除外する場合は、現在のディレクトリでConfig.xmlファイルを作成および変更する必要があります。コマンドは次のとおりです。

scanstate /i:migapp.xml /i:migdocs.xml /genconfig:config.xml / v:13

3. / Verifyオプションを指定してUSMTUtilsコマンドを実行し、移行ストアを完成したことを確認します。例えば:

usmtutils / verify D:\ MyMigrationStore \ store.mig

手順3:Windows 10およびすべてのアプリケーションをインストールします

ターゲットコンピューターにWindows 10をインストールし、ソースコンピューターと同じバージョンのアプリケーションをWindows 10にインストールします。USMTは、設定を古いバージョンから新しいバージョンに移行することをサポートしていません。

手順4:LoadStateツールを使用し、Windows 10でファイルと設定を復元します

復元する前に、すべてのアプリケーションを閉じます。

1. デスクトップの検索ダイアログボックスに「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」を選択します。

2. LoadStateコマンドを実行して、ファイルと設定を適用します。

ドメインアカウントを移行する場合は、次のコマンドを入力します。

loadstate \\ server \ share \ migration \ mystore /i:migdocs.xml /i:migapp.xml

loadstateコマンド

ドメインアカウントとともにローカルアカウントを移行する場合は、次のコマンドを入力します。

loadstate \\ server \ share \ migration \ mystore /i:migdocs.xml /i:migapp.xml / lac / lae

loadstate-local-accounts-and-domain-accountsコマンド

ヒント:一部の設定は、ユーザーが再度ログオンしているときに有効になります。

最高のUSMT代替ソフトを探す

USMTはコンピューター間のファイルと設定の移行に優れていますが、通常のユーザーにとっては使用が難しく、それにWindows XP、Vista、7、8、8.1、10などの一部の個人用オペレーティングシステムのみサポートします。なので、USMTを他のプロで初心者にも向けのやさしいソフトに替えたほうがいいと思います。

AOMEI Backupper Professionalというソフトウェアは、Windows XP、Vista、7、8、8.1、10などの最も一般的なPCオペレーティングシステムをサポートするだけじゃなく、ユーザーファイルと設定を移行する操作は、ユーザーにとってより使いやすいのです。早速、実演しましょう!

Pro版の無料体験 Win 10/8.1/8/7/XP
2千万人以上のユーザーに信頼されてる

1. AOMEI Backupper Professionalを起動し、「クローン」、「システムクローン」を選択します。

システムクローン

2. システムファイルを保存するターゲットディスクを選択します。

ターゲットディスク

3. ターゲットディスクがSSDドライブの場合、「SSD 4Kアライメント」オプションをオンにします。そして「開始」をクリックして、操作を実行します。

4Kアライメント

どうですか?すごく簡単でしょう。安全かつ有効にクローンとバックアップを作成するため、ぜひAOMEI Backupperを利用してください。

社内の無制限のコンピューターを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technicianを選ぶことができます。組み込みのAOMEI Image Deployツールを使用すると、サーバー側コンピューターのシステムイメージファイルをネットワーク経由で複数のクライアント側コンピューターに展開または復元することもできます。