By Akira / 最後の更新 2022年09月27日

なぜパソコン間のファイル転送が必要ですか?

現在、人々は2つ以上のパソコンを使用しているのは珍しくありません。オフィスでデスクトップPCを使用して働き、家でノートPCを使用して個人的な事をするかもしれません。休日や在職で残業を必要とする時、ノートPCとデスクトップPC間でファイルを転送しなければなりません。また、新しいノートPCを買って古いデスクトップPCを置き換えるつもりで、こういう時ファイル転送は必要です。パソコン間のファイル転送を行う必要がある他の状況は沢山あるかもしれません。そのため、パソコン間でファイルを転送する方法を見つけるのは重要です。

Windowsでのファイル転送の2つの状況

ファイルの転送には、1回だけ転送する場合と、定期的に転送する場合の2つの状況が考えられます。

1回だけファイルを転送する

一度ファイルをデスクトップPCからノートPCに転送しようとする場合、十分な容量のあるメモリースティック、USBフラッシュドライブまたは他のリムーバブルHDDをミディアムとして使用します。この方法は複雑な操作なしで時間を節約します。ファイルをデスクトップからノートに転送することを例とします。まずデスクトップにリムーバブルデバイスを接続して転送したいファイルをリムーバブルデバイスにドラッグします。そしてこのデバイスを切断します。次は、満たされたデバイスをノートに接続してこれらのファイルをノートにドラッグします。あるいは、最初古いパソコンのファイルをバックアップしてリムーバブルストレージデバイスに保存、そしてそれを新しいパソコンに復元できます。

ファイルを定期的に転送する

ファイルを定期的に転送するために、ネットワークの助けを必要とするかもしれません。ルーターまたはハブを使用してLAN(ローカル・エリア・ネットワーク)を作成できます。カテゴリー5ケーブルを使用して両方のパソコンをハブに接続します。

そして、右クリックして「共有」を選択して、デスクトップ上のすべてのドライブを共有します(ウィザードに従ってすべてのセキュリティ対策を設定し、「OK」をクリックします)。そしてノートPCのマイネットワークに移動して「ワークグループのコンピュータを表示する」を選択します。その後、デスクトップからのすべてのドライブは表示されます。残されたのはファイルをクリックしてノートPC上のドライブにドラッグすることです。

PC間でファイルを転送する他の方法はWindows転送ツール(WET)アプリケーションを使用することです。ノート:このツールはWindows 10をサポートしません。それを既にPCmover(購入する必要がある)に置き換えました。

ノートパソコンからデスクトップへのファイル転送方法トップ3

クラウドストレージでファイルを転送(遠隔操作)

OneDrive、Google Drive、Dropboxなどのクラウドストレージのおかげで、PC間でファイルを簡単にコピーできるようになりました。さらに嬉しいことに、数ギガバイトのオンラインストレージを無料で手に入れることができるのです。OneDriveを例にとってみましょう。OneDriveを使ってノートパソコンとデスクトップ間でファイルを共有する方法をステップバイステップで見てみましょう。

1. 2台のコンピュータにOneDriveデスクトップアプリケーションをインストールします。1.2台のコンピュータにOneDriveデスクトップアプリケーションをインストールします。

2. ファイルを転送したいコンピュータで、タスクバーの検索ボックスに「OneDrive」を入力し、検索結果のリストから選択します。

3. Microsoftアカウントでサインインし、ウィザードに従ってOneDriveのセットアップを完了します。

onedrive

4. ファイルエクスプローラを開き、左パネルから「OneDrive」をクリックします。OneDriveのフォルダが表示されます。そして、このコンピュータから転送したいファイルをフォルダにドラッグします。

5. もう一台のコンピュータで、OneDriveアプリを開き、同じアカウントにログインします。

6. アプリは、2台目のデバイスのOneDriveフォルダにファイルを自動的に同期します。必要に応じて、コンピュータの新しい場所にファイルをコピーしてください。

Windows転送ツールでファイルを転送

ここではWindows 7を例とします。2つのパソコンを接続できるUSBケーブルを準備する必要もあります。

1. USBケーブルで2つのパソコンを接続します。ソースパソコンで実行ボックスに「Windows転送ツール」を入力してWindows転送ツールを開きます。検索結果のリストからWindows転送ツールを選択します。そして、「Windows転送ツールへようこそ」画面が表示されます。「次へ」をクリックして「ネットワーク」→「これは今までのコンピューターです」を選択します。「Windows転送ツールキー」を注意します。このパソコンをそのまま放置します。

これは今までのコンピューターです

2. 転送先のコンピューターで作業を行ないます。前のステップを繰り返します。そして「これは新しいコンピューターです」を選択します。「今までのコンピューターでWindows 7を実行しています」を選択します。今「Windows転送ツールキー」を入力して「次へ」をクリックします。

今までのコンピューターでWindows 7を実行しています

3. ネットワークが接続されることは表示されます。それは数分が掛かって転送できる内容を確認します。その後何を転送したいかを選択できます。

この方法はちょっと複雑ですが、有効な方法です。しかし、このWindows転送ツールは新しいOS、Windows 10/11をサポートしません。この点にちょっと困ります。またそれはファイルを64 bit OSから32 bit OSに転送できません。

AOMEI Backupperでファイルを転送

幸いなことに、フリーソフトのAOMEI Backupper Standardを使えば、このプロセスを簡単に行うことができます。このフリーソフトはWindows 11/10/8/7とWindows XP/Vistaをサポートしています。同期機能により、数クリックでノートパソコンからデスクトップにファイルを同期することができます。AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、試してみてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Backupper Standardを起動します。「同期」をクリックして「ベーシック同期」(デフォルトでは、新しく追加&更新されたファイルのみ同期される)を選択します。

AOMEI Backupper Professionalにアップグレードした後、必要に応じて「ミラー同期」(同期先のフォルダは常に同期元のフォルダと同じファイルを保持する)または「リアルタイム同期」(如何なる削除/追加/変更操作は同期元のフォルダから同期先のフォルダへ同期される)を選択することも可能です。

同期

2. 「フォルダを追加」をクリックして転送したいフォルダを追加します。

フォルダを追加

フォルダを参照

3. 同期先のパスを選択します。ここでは「ネットワーク共有またはNASを選択」→「ネットワーク場所を追加」を選択できます。そしてIPアドレスを入力して「はい」をクリックします。

パスを選択

Share/NAS

4. 「スケジュール」をクリックし、デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入のスケジュール同期を設定できます。そして「開始」をクリックします。※しかし、イベントトリガー、USB挿入の機能を使用したい場合、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。

開始

最後、新しいパソコンからネットワーク共有フォルダのファイルにアクセスします。

ノート:

*ファイル/フォルダをCD-ROM/DVD/Blue-Rayに同期できません。

*パーティションの制限なので、4GBを超える単一ファイルをFAT/FAT32に同期できません。

*現在、ファイル同期は双方向同期をサポートしません。

まとめ

要するに、このフリーソフトは手動で操作することが少なくてノートPCとデスクトップPC間でファイルを定期的に転送できます。また、AOMEI BackupperもクラウドストレージAOMEI Cloudを提供しています。その「クラウドバックアップ」機能で、ファイル/フォルダをAOMEI Cloudにバックアップできます。バックアップは同期と違い、バックアップするファイル/フォルダの異なるバージョンを保持しています。このため、ファイル/フォルダをある日に編集する前の状態に戻したいなら、バックアップが役立ちます。AOMEI Cloud(1TB)は、15日間無料試用可能で、ぜひ使ってみてください。

もしあなたが会社で無制限のコンピュータを保護したい場合、AOMEI Backupper Technicianを選択することができます。また、ポータブル同期ソフトウェアを作成することができ、どのコンピュータでもファイルを同期することができます。