By Akira / 最後の更新 2022年09月26日

Windows10でディスクエラーの修復はループになった?!

どのブランドのコンピュータを使用していても、予期せぬ問題が発生する可能性があります。例えば、Windows10 HPコンピュータで「ディスクエラー」が時々発生します。勿論同じ問題がLenovo、Dell、およびASUSコンピュータでも報告されています。一般的に、ディスクエラー修復ループはWindows 10へのアップグレード後、またはゲームのクラッシュ後に発生します。下記はあるユーザーからの投稿です。

  • 実例:USBを使用してWindows 10を搭載したラップトップを起動するところ、画面がほぼ一日中「ディスクエラーの修復」に止まっています。ラップトップを傷つけずに進む方法はありますか?

Windows11/10/8/7でディスクエラー修復のループ問題を解決するには?

「ディスクエラーの修復」ループで悩んでいるならば、ここでは、3つの対処法を紹介します。

方法1.「セーフモードとネットワークを有効にする」で修復する

1. 「サインイン」画面が表示されるまで「Shift」キーと「電源」ボタンを押します。そして「再起動」をクリックします。

2. お使いコンピュータが「オプションの選択」が表示されたら、「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「スタートアップ設定」>「再起動」の順にクリックします。

3. コンピュータの再起動後、オプションの一覧が表示されます。そして、「5」または「F5」を押して、「セーフモードとネットワークを有効にする」オプションからコンピュータを起動します。

セーフモードとネットワークから再起動

方法2.「スタートアップ修復」で修復する

1. Windowsのインストールメディアを挿入し、コンピュータをシャットダウンして再起動します。

2. 製造元のロゴがポップアップ表示されたら、ブートメニューオプションキー(通常はF12)を押し続けてブートメニューに入ります。インストールメディアから起動するには、キーボードの「」または「」を押して選択できます。

3. 「CDまたはDVDから起動するには任意のキーを押してください」のメッセージが表示されたら、任意のキーを押します。

4. 次の画面で設定完了したら「次へ」をクリックします。

5. そして、「コンピュータを修復する」を選択します。

6. 「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「スタートアップ修復」の順にクリックして、コンピュータを自動修復します。

スタートアップ修復

方法3.「システムの復元」で修復する

1. Windowsのインストールメディアを挿入して、方法1に従って起動します。

2. Windowsのインストール画面で、「コンピュータを修復する」を選択します。

3. そして、「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「システムの復元」の順にクリックします。システム復元ウィザードに従って修復処理を完了します。

パーティションクローン

注:システムの復元を実行するには、先にシステム復元ポイントを作成しておく必要があります。

ディスクエラー修復のループ問題を効率的に解決する方法

オススメのバックアップソフト

AOMEI Backupper Standard(無料)は強力なバックアップ&クローンソフトです。コンピュータが起動問題に遭遇する時、Windowsインストールメディア(ブータブルメディア)を別の正常に動作できるコンピュータに作成し、問題のコンピュータで起動できます。また、ブートエラーに陥っている場合は、AOMEI Backupper Standardを使用して先にシステムバックアップを作成しておけば、ブータブルメディアからシステム復元できます。その上、ユーザーフレンドリーなGUIを備えていて、初心者でも楽に操作できます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ブータブルUSBを作成する方法

手順 1. USBをコンピュータに接続します。AOMEI Backupperをインストールして開きます。メインインターフェイスで「ツール」タブ下の「ブータブルメディアの作成」を選択します。

ブータブルメディアの作成

手順 2. ポップアップウィンドウで、ブータブルメディアの種類を選択してから「次へ」をクリックします。ここでは「Windows PE-Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成」の選択をお勧めします。

ブータブルメディアの種類

手順 3. 次のウィンドウで、「ブートモード」と「インターネットからWinPEの作成環境をダウンロード」にチェックを入れてから、「次へ」をクリックします。

ブートモードを選択

注:システムがUEFI起動モードの場合(つまり、システムがGPTディスクにインストールされている場合)、「UEFIブータブルディスクの作成」を選択します。システムがレガシBIOS起動モードの場合(つまり、システムがMBRディスクにインストールされている場合)、「レガシーなブータブルディスクの作成」を選択する必要があります。

手順 4. 「USBブートデバイス」を選択して「次へ」をクリックします。USBドライブをフォーマットするように促すメッセージが表示されます。「はい」をクリックしてブータブルメディアの作成を開始します。

ブータブルメディアを選択

定期的にシステムのバックアップを作成する方法

手順 1. AOMEI Backupperを起動して、「バックアップ」>「システムバックアップ」の順にクリックします。

システムバックアップ

手順 2. 次の画面で、必要なシステムパーティションはデフォルトで選択されています。バックアップファイルの保存先パスを選択するだけでいいです。(ローカルディスク、外付けハードドライブ、またはネットワーク上の場所に保存できます。)

保存先パスを選択

手順 3. 画面の一番下にある「スケジュール」をクリックしてから、実行するシステムバックアップの頻度を設定します。

スケジュール

手順 4. そして、操作を確認して「開始」をクリックします。

開始

▶オプション:ここで、Eメール通知を有効にし、バックアップイメージファイルの圧縮レベルを選択し、「インテリジェントセクターバックアップ」または「精確なバックアップを作成」を選択できます。
▶スケジュール:毎日・毎週・毎月バックアップをするように設定できます。また、「増分バックアップ」(無料)と「差分バックアップ」(有料)を設定することもできます。
▶スキーム:古いイメージファイルを自動的に削除してディスク容量を節約できます。この機能は、AOMEI Backupper Professionalなどの高級エディションでサポートされています。

結語

この記事では、Windows11/10/8/7の「ディスクエラーの修復」ループを解決するための修正方法について紹介しました。将来の起動エラーを簡単に修正できるように、AOMEI Backupperで起動可能なドライブとバックアップシステムを作成することをお勧めします。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較