By Akira / 最後の更新 2022年05月05日

なぜKingston SSDを選ぶ?

ご存知のように、SSD(ソリッドステートドライブの略)は半導体メモリを使用するので、従来のHDD(ハードディスクドライブの略)よりも速いし、静かだし、省電力、省スペースです。HDDが搭載されたパソコンのパフォーマンスに不満があった場合は、古いHDDから速いSSDへ換装(交換)することができます。HDDをSSDに置き換えたら、パソコンの処理速度や読み書き速度はものすごく早くなりますよね。

しかし、世界中で有名なSSDメーカーはたくさんあります。例えば、Samsung、SanDisk、Intel、Kingstonなどです。どのブランドのSSDを選んだほうがいいでしょうか?デスクトップパソコンであろうと、ノートパソコンであろうと、Kingston(キングストン)製のSSDは悪くない選択だと思います。上述のように、Kingston SSDを使用したら、パソコンの性能を大幅に向上させたり、データをより安全に保護したり、パソコンを新品のようにしたりする(つまり、パソコンの寿命を延ばすか、PCのアップグレード/更新を遅延する)ことができます。

補足:Kingston SSD商品はたくさんあります。必要に応じて、適切なモデルを選んでください。例えば、企業の場合、V300、KC380、KC400、E100やE50を選択できます。システム構築の場合、mS200、M.2 SATA、s200やPredatorを選択できます。また、V310、FURY、Savageもあります。

Kingston SSD

Kingston SSD移行ソフトウェアが必要な原因

Kingston SSDを一つを購入した後、HDDからKingston SSDへの交換/換装/アップグレードは、主に「Windows 7/8/10/11をクリーンインストールする方法」と「クローンを作成して交換する方法」2つの方法があります。

クリーンインストールは、システムやアプリを再インストールする必要があります。あまりお勧めしません。HDD全体をKingston SSDにクローンする方法は、シンプルで簡単です。時間と手間を節約したり、使い慣れた環境を維持することができます。しかも、この方法ならHDDをそっくりそのままSSDにコピーするので、交換後すぐに使えるというのもポイントです。Windowsのライセンス認証で苦戦する心配もありません。強くお勧めします。

そのため、Kingston SSDクローンソフトウェアを使用してHDDをKingston SSDへクローンする必要があります。

最高の無料のKingston SSDクローン作成ソフト

Kingston SSDを購入した後、元のHDDの交換またはデータの移行を実行するのに役立つKingston SSD転送ソフトウェアが必要です。市場には多くの種類のクローン作成ソフトウェアがあります。どちらを選ぶべきですか?

ご存知のとおり、一部のKingston SSDは、データの移行ツールAcronis True Image OEMを提供します。これは、OSをKingston SSDに移行するのに役立つクローン作成ソフトウェアです。ただし、クローン作成中にAcronisのクローン作成のエラーが発生する場合があります。エラーを修正できない場合は、無料の代替ソフトAOMEI Backupper Standardを利用できます。

AOMEI Backupper StandardはWindows 11/10/8.1/8/7のために開発されたSSDクローンフリーソフトで、データを2台のドライブ(SSDもHDDも両方ともOK)間で転送することができます。

◑異なるサイズのHDDのクローンを作成できます(大容量のディスクから小容量のディスク、またはその逆)。
◑OSを再インストールせずにシステムディスクをHDD/SSDにクローンできます。クローン後にシステムが正常に起動することを確保します。
◑バックアップ用にHDDのクローンを作成できます。

このソフトウェアをダウンロードして、Kingston SSDのクローンを実行し、他の強力な機能を体験しましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI BackupperでOSとデータをKingston SSDに移行する方法

事前の準備:
外部ディスクエンクロージャーまたはUSB-SATAケーブルを利用して、ターゲットドライブKingston SSDをPCに接続します。
SSDのディスク容量は、ソースディスクのすべてのデータを格納できる十分な大きさでなければなりません。
ディスクの複製やOSの移行中にターゲットSSD上のすべてのデータが破棄されるため、空ディスクを用意したがよいです。SSDに重要なデータがある場合は、事前に重要なデータをバックアップしてください。

すべてのデータをKingston SSDに移行

手順 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。「クローン」をクリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. データ移行を実行する元のHDDをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 3. Kingston SSDをターゲットディスクとして選択します。

ターゲットディスク

手順 4. SSDのパフォーマンスを最適化するために、「SSD 4Kアライメント」のオプションをチェックして、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:
◑システムディスクをクローンしたい場合は、AOMEI Backupper StandardはMBRからGPTへ、GPTからGPTへまたはGPTからMBRへのクローン作成をサポートしていません。そのためには、上位エディションにアップグレードしてください。
◑ターゲットディスク上のパーティションのサイズまたは位置を調整したい場合、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードして、「パーティションを編集」の機能を利用することができます。
◑「セクター単位のクローン」の機能を利用して、使用、未使用に関わらず、ソースディスクのすべてのセクターをターゲットディスクにコピーすることができます。ターゲットディスクのサイズがソースディスクと等しいかまたはそれより大きい必要があります。

OSのみをKingston SSDに移行

OSのみをKingston SSDに移行するには、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードして、「システムクローン」の機能を利用してください。

手順 1. AOMEI Backupper Professionalを起動します。「クローン」をクリックし、「システムクローン」を選択します。

システムクローン

手順 2. ソースパーティション(OSおよびブート関連ドライブ)はデフォルトで選択されています。Kingston SSDをターゲットディスクとして選択すればいいです。「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

手順 3. 操作概要画面が表示されます。それを確認し、「SSD 4Kアライメント」のオプションをチェックして、「開始」をクリックします。

開始

手順 4. システムクローンの進行状況が100%に達すると、「完了」をクリックします。

完了

このKingston SSDクローンソフトウェアを介してOSを移行した後、PCをKingston SSDから起動する必要があります。BIOSで起動順序を変更するか、古いドライブをSSDに直接交換する必要があります。

BIOSで起動順序を変更する方法

「BIOS」で起動順位を変更し、Kingston SSDからパソコンを起動するようにします。

デスクトップパソコンの場合:パソコンを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、パソコン/マザーボードのメーカーによって特定のキーを押し続けて、「BIOS」に入ります。矢印キーで「Boot」タブに移動し、Kingston SSDを最初に起動するドライブとして設定します。

bios

ノートパソコンの場合:古いディスクと新しいKingston SSDを交換します。

変換

クローン先のSSDから起動しない場合の対処法

結論

これは、最高の無料のKingston SSD移行ソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用してデータまたはOSをKingston SSDに移行する方法です。ユーザーは通常、HDDをSSDに交換することで、PCのパフォーマンスまたはストレージを向上させます。これはすべて、SSDの優れた機能と手頃な価格によるものです。

さらに重要なことに、AOMEI Backupper を使用して、Windows 10でSSDをHDDにクローンしたり、NTFSドライブをクローンしたり、外付けHDDを内蔵HDDにクローンしたりすることもできます。また、バックアップと復元機能を使用すると、バックアップイメージから失われたファイルやドキュメントを簡単に復元できます。ぜひダウンロードして、もっと多くの機能を体験しましょう~