By Akira / 最後の更新 2022年12月06日

LenovoのOSをSSDにクローンする理由とは?

 

Lenovo y520(i5 2.8, 8GB, 1050, 1TB HDD)とSamsung EVO 960を注文しようと思っています。全部揃ったところで、OSをSSDに移行する方法を知りたいのです。

- あるユーザーからの質問

このような質問は最近珍しいことではありません。ご存知のように、多くのコンピュータはまだHDDを搭載していますが、SSDの方がデータアクセス速度が速いため、LenovoノートPCだけでなく他のPCでもHDDからSSDへのクローンやSSDへのOS移行が必要なのです。

ソリッドステートドライブ、略してSSDは、一般的にオペレーティングシステムのために使用される内部ドライブです。磁気コーティングされた回転する金属製の円盤を使用するHDD(ハードディスクドライブ)とは異なり、SSDには機械部品や可動部品がありません。SSDにOSをクローンすることで、動作の高速化、耐久性の強化、消費電力の低減が期待できます。

そのため、容量や性能に関係なく、WindowsをSSDに移行する人が増えています。しかし、同じ価格のSSDは容量が小さいという問題があります。このような状況で、多くのユーザーはLenovo PCでディスク全体ではなく、SSDにOSをクローンすることを選択します。

Lenovo PC

Lenovoシステムの移行はどのように行うのですか?

通常、Lenovo PCのOSの移行には、2つのシナリオが考えられます。

古いHDDを新しいSSDに交換する:システムだけでなく、ディスク上のデータパーティションも移行したい場合があります。
SSDをOSドライブとして使用し、古いディスクをセカンダリーストレージとして保持する:OSだけをSSDにクローンしたい場合があります。

どのような場合でも、ThinkPadであろうと何であろうと、SSDへのOSの移行は、多くの複雑なシステムファイルが関係するため、通常のコピー&貼り付けることで実行できません。

一般的な方法は、新しいSSDにOSをインストールすることですが、これは時間がかかる上に、インストールCDなどの起動可能なメディアが必要です。また、Windowsシステムをバックアップして、SSDにバックアップイメージを復元する方法もありますが、エラーが発生しやすいです。

この場合、直接的にSSDにLenovo PCのOSを転送することをお勧めします。AOMEI BackupperはThinkPadのようなLenovoラップトップや他のブランドのPCに関係なく、OSをSSDにクローンすることができます。それは直接にWindowsまたはすべてのパーティションのコピーを宛先ディスクに作成し、プロセスを大幅に簡素化します。そして、次のように、SSDにLenovo PCのOSを移行しましょう~

SSDにLenovoのOSをクローンする手順(2つの方法)

AOMEI Backupperは無料版と上級版があるので、SSDのディスク容量とシステムパーティションのデータ量によって、選択することができます。SSDのディスク容量がデータ量より大きい場合、ディスク全体(方法1)またはOSのみ(方法2)のクローンを選択することができます。しかし、そうでない場合、唯一の選択はOS(方法2)だけを移行することです。

方法1. LenovoシステムディスクをSSDにクローン

AOMEI Backupper Professionalはデータを保護するために完全な機能を持つフリーソフトです。このソフトはハードディスク全体を別のハードディスクにクローンすることができます。つまり、ソースディスクのすべてのパーティションと一緒にオペレーティングシステムが一度に宛先のSSDにコピーされます。そして、デフォルトのインテリジェントクローンモードで、使用されるセクタだけをクローンします。これにより、より大きいHDDをより小さいSSDにクローンすることができます。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

(注:Professional版はWindows 11/10/8/7/XP/Vistaで動作します。サーバーユーザーのために、AOMEI Backupper Serverを試してください。)

ステップ1. AOMEI Backupperをダウンロード、インストールし、起動し、「クローン」タブで「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ2. クローンしたいLenovoディスクをソースディスクとして選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

ソースディスク

ステップ3. 新しいSSDを保存先ディスクとして選択し、「次へ」をクリックして続行します。

保存先

ステップ4. 操作概要で、「SSD 4Kアライメント」(推奨)にチェックを入れ、「開始」をクリックします。

パーティションを編集パーティションサイズを調整し、パーティションスタイルを変換できます。
SSD 4Kアライメント:HDDからSSDへのクローンを行う時、このオプションをチェックすると、SSDの読み取りと書き込みの速度が加速されます。
セクター単位のクローン:空白或いは論理的な不良セクタを含む全てのセクタをクローンできます。通常より長い時間がかかります。クローン先のディスクのサイズが大きくない限り、この項目にチェックを入れないでください。

開始

クローン作成が終了するまで待ち、「完了」をクリックしてウィザードを終了します。そして、Lenovoを再起動し、BIOSに入り、クローンしたSSDをWindowsを起動する最初の起動ディスクとして設定します。

方法2. LenovoでOSだけをSSDに簡単にクローン

ディスクのすべてのパーティションではなく、OSだけをSSDにクローンしたい場合、AOMEI Backupper Professionalで提供されるシステムクローンはより良い選択となります。それはシステムパーティションにあるオペレーティングシステム、システムファイル及び設定、またはデータ及びプログラムだけを含めます。

ステップ1. AOMEI Backupper Professionalを起動して、「クローン」をクリックして、「システムクローン」を選択します。

システムクローン

ステップ2. システムクローンの場合、システムに関する全ての領域が自動で選択されます。ターゲットドライブ(クローン先)だけを選択すればいいです。そして「次へ」をクリックします。

※注:SSDにはデータがある(未割り当て領域ではない)場合、上書き/削除という警告が表示されます。事前に重要なデータをバックアップしておいた方がいいです。

クローン先

ステップ3. 操作を確認し、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れてください。オプションとして、「セクター単位のクローン」を利用してシステムパーティションの全セクタをクローンすることができます。その後、「開始」をクリックして、システムクローンを開始します。

開始

プロセスが終了したら、パソコンを再起動し、クローンしたSSDからWindowsを起動します。正常に起動したら、元のハードディスクを消去してから、Lenovoのセカンダリストレージとして使用するとよいでしょう。「ツール」タブに移動し、「ディスク消去」機能を使用して消去してください。

ディスク消去

まとめ

AOMEI BackupperはLenovoノートパソコンと他のPCでOSをSSDに簡単にクローンできます。Server版では、Windows Server上のハードディスクをクローンすることもできます。

クローン以外に、バックアップと復元もサポートされています。毎日、毎週、毎月のスケジュールバックアップを実行し、すべての変更を保存することができるため、継続的なデータ保護に適しています。また、自動バックアップクリーンアップなどの省容量機能により、ディスクの容量不足を心配する必要はありません。