By AOMEI / 最後の更新 2020年02月21日

ポータブルHDDのメリット

ポータブルハードディスクの一番のメリットは、USBやThunderboltなどの端子に接続するだけで利用でき、容量の大きなファイルも安心して扱えることでしょう。メインのデータを保存するもの以外にバックアップ用を接続し、同じ内容を書き込んでミラーリングするなどの方法でデータを常にバックアップしておくといった使い方もできます。

また、USBメモリーに比べて1GBあたりの価格が安価のうえに大容量で、データ転送も高速です。映像データや音楽データをポータブルHDDに保存して、そこから直接読み込んで再生できます。最近ではテレビやビデオレコーダーでも番組録画のために利用されており、USB端子に接続して録画の容量を増やすことも可能です。

ポータブルHDDバックアップの必要性

普通、たくさんの人は写真、ビデオ、ゲーム、貴重なドキュメントなどのデータをポータブルHDDに保存しているでしょう。でも、ポータブルHDDが逸失したり、ポータブルHDDが損害したり、パソコンのクラッシュはポータブルHDDに悪い影響を及ぼしたりする事故もよくあり、データの不安全問題が現れます。

以上の問題を避けるため、ポータブルHDDをバックアップすることを推薦します。普通のユーザーにとって、第三者ソフトウェアで問題解決したほうが楽です。Windows用の強力なバックアップユーティリティであるAOMEI Backupper Professionalがきっと役立ちます。システム/ディスク/パーティション/ファイルのバックアップなど、万能のバックアップソリューションを提供します。対応性にはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XPを含むすべてのWindows PCオペレーティングシステムがサポートされています。では、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、以下の指示に従ってイメージのバックアップを実行してみましょうか。

Pro版の無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP

2千万人以上のユーザーに信頼されてる

ポータブルHDDをバックアップする方法

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、ポータブルHDDをソースディスクとして選択します。

ディスクを追加

ステップ 3. そして、ターゲットパスを選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. ニーズに応じて、「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定することができます。

スケジュール

ステップ 5. ターゲットパスはSSDの場合、「SSD 4Kアライメント」をオンにしてください。そして「開始」をクリックしてから、バックアップが実行されます。

開始

AOMEI Backupperは、ポータブルHDDをバックアップするのにすごく役立ちます。ちなみに、Windows Serverの場合は、ぜひサーバー専用のAOMEI Backupper Serverをお試しください!