By AOMEI / 最後の更新 2020年05月28日

自動システム回復(ASR)とは

自動システム回復(ASR)は、Windows XP ProおよびWindows Server 2003オペレーティングシステムの機能であり、システムのバックアップとシステムの復元を支援するために使用できるツールで、ASRバックアップとASRリストアの2つの部分に分けています。それを使用して、システムステータス、システムサービス、およびオペレーティングシステムコンポーネントを含むシステムデータをバックアップできます。

自動システム回復(ASR)のメリット・デメリット

コンピューターは仕事や生活でよく使われていて、離れられない存在になっています。私たちの大切なデータもコンピューターのディスクに保存されていました。今、データ安全はホットな話題として論じられています。データの損失を防ぐために、ユーザーはシステムや、ファイル、フォルダなどをバックアップすることがよくあります。

自動システム回復(ASR)はWindows OS内蔵のツールとしてバックアップタスクでよく応用されています。ユーザーに信頼される原因といえば、安全性があるのです。でも自動システム回復(ASR)はシステムの構成データのみ(ファイルとフォルダが含まれない)バックアップします。また、バックアップと復元には時間が随分かかり、手順も非常に複雑です。したがって、安全性が保証される以上、より簡単で、より効果的な第三者製の専門ソフトを選択して、バックアップと復元を行ったほうがいいと思います。ここでは、AOMEI Backupperをお勧めします。

AOMEI Backupper Serverでのバックアップ

AOMEI Backupper Serverによって、バックアップと復元を作成するには、時間とディスク容量が節約できるし、間違えることなんて全然心配いらないです。ファイル/フォルダ/システム/ディスク/パーティションのバックアップがニーズに応じて自由に選択できます。それだけではなく、ディスク/パーティション/システムのクローン機能も揃えています。とっても強力なソフトだと思います。

AOMEI Backupper Serverについて

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)、Windows SBS/2008/2011、およびWindows PCシステムをサポートします。


無料体験

Serverユーザー用

ダウンロード数が2千万回を超えた

では自動システム回復(ASR)で作成できないファイル/フォルダバックアップはどのようにやるのか?以下はAOMEI Backupper Serverでそれをバックアップする方法です。良かったら参考してください。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動してください。

ステップ 2. 「バックアップ」、「ファイルバックアップ」をクリックしてください。

ファイルバックアップ

ステップ 3. 「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックして、バックアップするファイルまたはフォルダを選択してください。

ファイルまたはフォルダを選択

ステップ 4. ドロップダウンメニューをクリックして、バックアップのターゲットパスを選択してください。

バックアップパスを選択

ステップ 5. 時間をもっと節約するため、「スケジュール」をクリックし、「詳細」で「増分バックアップスキーム」をチェックして、「はい」をクリックしてください。選択したすべての設定を確認し、「開始」をクリックしてください。

差分バックアップ

※ご注意:

● 増分バックアップのほか、フルバックアップと差分バックアップの二種類もあります。もっと知りたい場合は「増分バックアップを作成するタイミングと方法」このリンクをクリックしてください。

● ターゲットドライブがUSBの場合、「USB挿入」をチェックすることを勧めます。この機能は、プラグイン時にファイルをUSBに自動的にバックアップするため、非常に便利です。

AOMEI Backupper Serverのバージョンに加えて、StandardProfessionalTechnicianのバージョンがあります。ニーズに応じて選択すればいいです。最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、何か問題があったら気軽にお聞きください。