By AOMEI / 最後の更新 2021年05月14日

Windows Server 2019について知っておきたいこと

豆知識:

『Microsoft Windows Server 2019』(マイクロソフト ウィンドウズ サーバー 2019)は、マイクロソフトによって開発されたWindows NT系に属するサーバー向けのオペレーティングシステムである。

『Microsoft Windows Server 2019』は、2018年3月20日に発表され、同日、Windows Insider向けにプレビュー版が提供された。製品版は2018年9月2日にリリースされた。

Windows Server 2019はWindows 10バージョン1809のコードベースに基づいているため、Server 2019もまた当時の配信から削除されていたが、現地時間2018年11月13日(日本時間2018年11月14日)に再リリースされた。

ーーー出典:wikipedia

Windows Serverでは、新しいストレージ関連の機能がWindows Server 2012 R2頃から追加され続けてきました。記憶域プールやスケールアウトファイルサーバ(SOFS)、記憶域スペースダイレクト(S2D)など、パフォーマンスや使い勝手の向上、冗長性などを踏まえつつ小規模から大規模まで展開できるような柔軟なストレージシステムを構築することが可能となっています。

Windows Server 2019はWindows Server 2016の強力な基盤の上に構築されている最新OSです。データセンターのモダナイゼーションを支援するように開発されています。また、ハイブリッドクラウド、セキュリティ、アプリケーションプラットフォーム、およびハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)4つの主要テーマに沿って多数の技術革新が組み込まれています。

豆知識:Windows Admin Centerは、サーバー、クラスター、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ、Windows 10 PCを管理するための、ローカルに展開されるブラウザーベースのアプリです。Windows以外の追加費用は必要なく、運用環境で使用できます。Windows Admin Centerは、Windows Server 2019にも、Windows 10、以前のバージョンのWindows、Windows Serverにもインストールすることができます。これを使用すれば、Windows Server 2008 R2 以降を実行しているサーバーおよびクラスターを管理することができます。

※例えば、ユーザーはディザスタリカバリ、Azureファイル同期、Azureバックアップのようなハイブリッドサービスを使用して、データセンターを容易に拡張できます。その上、アプリケーションやユーザーの再構成を行うことなく、ファイルサーバーとそのデータをAzureに移行できるストレージ移行サービスも利用できます。

Windows Server 2019

なぜ!Windows Server 2019でバックアップを実行?

Windows Server 2019をインストールした後に新しいオペレーティングシステムをすぐに体験したいでしょう~しかし、その前に万が一のことを考えてバックアップを作成する必要があります。一般的には、サーバー2019という新たなオペレーティングシステム(なじみのないオペレーティングシステム)を使用すると、ミス・誤り・間違いを犯しやすくなります

Microsoft Win Server 2019

ユーザーアカウントの作成やライセンス認証のほかに、インストール中に必要なシステム構成、ドライバのダウンロード/更新なども行われている場合もあるかもしれません。そのため、インストール後にWindows Server 2019をバックアップすることが特に重要になります。それで、予想外のことが発生したり、パソコンの動作に問題が発生したりした場合、データの消失を防ぐために復元を実行してシステムを初期設定(状態)に戻すことができます。

さらに、バックアップスケジュールを作成すると、バックアップが自動的に実行されるので、心配することは何もありません。Server 2019のバックアップを作成するのは思ったほど複雑なものではありません。では、どんなバックアップソフトを使用すればいいですか?

Server OS用の信頼性の高いバックアップソフト!

Windows Serverユーザーなら、AOMEI Backupper Server版をお勧めします。このソフトはシステムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップ、パーティション/ボリュームバックアップ、ファイル同期などの機能を提供しています。いつでもデータを安全に保つことができます。

デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、およびUSB挿入モードでバックアップスケジュールを設定できます。また、増分バックアップおよび差分バックアップも利用可能です。
「スキーム」オプションを使うと、古いイメージファイルは自動的に削除されるので、十分な空き領域を確保しながらバックアップを最新の状態に保つことができます。
サーバーユーザーの間で人気があるもう一つの機能はクローンです。システムクローン、ディスククローン、パーティション/ボリュームクローンがあり、HDDまたはSSDのアップグレードにおいて重要な役割を果たしています。
ブータブルメディアを作成すると、Windowsを起動せずにクローンまたはバックアップを実行できます。

簡潔なインタフェースなのでパソコン初心者でも簡単に使えます。Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019、SBS 2003、2008、2011、およびWindows PCに対応します。今すぐ30日間の無料体験版をダウンロード&インストールしてみませんか?

30日間無料 Windowsサーバー向け

数回クリックだけでWindows Server 2019のバックアップを作成!

ここでは、Windows Server 2019システム状態バックアップの作成を例として取り上げましょう。必要に応じて、あらかじめ外部記憶装置をコンピューターに接続してください。

ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC向けAOMEI Backupper Technician版と台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Backupper Technician Plus版をお勧めします(*クライアントに有償技術サービスを提供できる)。
各AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

1. AOMEI Backupper ServerをWindows Server 2019搭載のパソコンにダウンロード、インストールした後、開きます。「バックアップ」タブ→「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

2. システムパーティションがデフォルトで選択されます。イメージファイルを保存するための場所(バックアップ先)を選択する必要があります。※外付けHDD、NAS/フォルダ共有、クラウドストレージ、CD/DVDなどを保存先として選択できます。

保存先パス

3. 「スケジュール」をクリックして、デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入の自動バックアップを作成することができます。

スケジュール

4. 「スキーム」をクリックして、バックアップ用のディスク容量を管理することができます。

スキーム

5. 「開始」をクリックして、今すぐまたは後でバックアップを実行します。

バックアップを始めます

ヒント●「オプション」を使用すると、イメージのパスワード暗号化、分割または圧縮などを行うことができます。
●ステップ2でタスク名を編集・変更することができます。
●NASにバックアップするには、ユーザー名とパスワードを入力する必要があるかもしれません。
●クラウドにバックアップするには、デスクトップアプリケーションをインストールしてください。

LAN内のすべてのWindows Server 2019クライアント(またはWindows Server Essentials)を同時にバックアップしたい場合、AOMEI Centralized Backupperを使用してください。1つのコンソールからリモートで複数のクライアントのバックアップを作成して管理するための最も簡単な方法を提供しています。

まとめ

Windows Server 2019をインストール後にすぐに体験したいでしょうね~ただし、安全のために、予め大切なデータをバックアップしておくことをお勧めします。

AOMEI Backupperソフトは、信頼性の高いバックアップソリューションです。Server 2019バックアップの他に、クローン機能で古いハードディスクを交換するすることもできます。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。