By ゆき / 最後の更新 2020年09月14日

Windows 7でPCを以前の日付に復元する必要がある?

ウイルス攻撃、ソフトウェアの競合、人的ミスなどが原因で、システムのクラッシュや破損が起こることがあります。さらに悪いことに、お使いのコンピュータは起動を拒否されることがあります。また、プログラムやドライバによって予期しない変更が行われているため、お使いのコンピュータは以前のように正常に動作しない可能性があります。

ステムの再インストールはこれらのコンピュータの問題を解決することができますが、それは複雑でかなり時間がかかります。コンピュータを以前の状態に復元する方法があれば、簡単なことになりました。これらの問題が発生する前にシステムの復元ポイントを作成していれば、復旧できます。

システムの復元ポイントは、災害が発生したときにシステムを前の日付に戻すのに役立つシステム構成および設定のイメージです。深刻なエラーが発生したときにコンピュータをより早い時点で修復する方法を見てみましょう。

Windows 7 PCを以前の日付に復元する方法

ここでは、コンピュータを以前の状態に復元するための2つの実証済みの方法について説明します。それらを注意深く読み、それからあなたにとって最適なものを選択してください。

方法 1. Windowsの組み込み機能を使用してコンピュータを以前の状態に復元する

Windowsの内蔵機能を使用すると、システム保護をオンにした後でシステムの復元ポイントを作成し、復元ポイントを通じてコンピュータを最後の動作状態に戻すことができます。システムの復元ポイントを既に作成しているとします。今、コンピュータを正しい動作状態に復元するために以下のステップに従ってください。

手順 1. コンピュータの左下隅にある「スタート」タブをクリックします。そして、「システム復元」を探し出して「Enter」を押します。

手順 2. 「次へ」をクリックして続けます。

手順 3. 最近の復元ポイントがここに一覧表示されます。さらに表示するには、「他の復元ポイントを表示」をクリックします。必要な復元ポイントを選択して、「次へ」をクリックします。

ノート
「影響を受けるプログラムの検出」:どのプログラムが削除されるのかが明確にわかります。

手順 4. 復元ポイントを確認し、「完了」をクリックして保留中の操作を開始します。

Windowsがコンピュータを再起動し、復元プロセスを開始します。辛抱して、プロセスが完了するのを待ちます。しかし、時々システムの復元を実行しているときにシステムの復元ポイントがないか復元プロセスが正常に完了しなかったことが起こすことに失敗するかもしれません。この組み込み機能が失敗した場合は、2番目の方法を使用したほうがよいでしょう。

方法 2. フリーソフトを介して以前の日付にコンピュータを復元する

オススメのフリーソフトAOMEI Backupper Standard(無料)は、バックアップを作成している限り、コンピュータを以前の日付に復元するのにも適しています。その優れたパフォーマンスと完全な機能により、システム、ディスク、パーティション、ファイルを短時間でバックアップ/復元することができます。

これを使用すると、コンピュータの起動に失敗したときにWindows PEでシステムの復元を実行するためのブータブルメディアを作成することもできます。何よりも、それは完全に無料で使用できます。こちらからダウンロード完全無料PRO版30日間無料体験Windows 10/8/7/Vista/XPをサポート
【補足】大きな割引で無料版をAOMEI Backupper Professional(有料版)アップグレードすると、差分バックアップ、システムクローン、ユニバーサル復元など、もっと多くの高度な機能を使用できます。また、Windows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016のためにAOMEI Backupper Server版(有料)もあります。各AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

注:このフリーソフトは自身で作成したイメージファイルしか復元できません。実行前にAOMEI Backupperでシステムバックアップを作成したことを確認してください。

手順 1. AOMEI Backupper Standardを無料ダウンロードしてインストールします。このフリーソフトを起動させます。

手順 2. 左側にある「復元」をクリックします。復元したいバックアップタスク(システムバックアップ)をクリックして「次へ」をクリックします。

バックアップ

手順 3. 「このシステムイメージを復元」を選択します。デフォルトでは、システムは元のシステムドライブに復元されます。「システムを他の場所に復元」を選択してから「次へ」をクリックします。

システムを他の場所に復元

手順 4. 操作を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

ユニバーサル復元


ユニバーサル復元を有効にする:システムを異なるハードウェアに復元するには、このチェックボックスをオンにします。エディションのアップグレードを行った後は、この機能を楽しむことができます。
▶ 上記の手順は、Windows 10でコンピュータを以前の日付に復元する場合にも機能します。

まとめ

この記事には、Windows 7でコンピュータを以前の状態に復元する2つの方法が含まれています。Windowsの内蔵機能がうまくいかない場合があるので、AOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。このソフトは以前の日付にコンピュータを復元することを可能にするだけでなく、自動バックアップ、増分および差分バックアップなどのような多くの柔軟なバックアップソリューションを与えます。