By ゆき / 最後の更新 2020年03月09日

エクセル(Excel)作業中にファイルを保存せずに閉じてしまったり、誤って上書き保存してしまったりしたら、大変ですよね。その時、あきらめないで、エクセルファイルを復元する可能性があります。ここは保存せずに終了したファイルをエクセルで復元する方法を3つご紹介します。なお、データ消失を回避するために日頃からファイルのバックアップを取っておくことが大切です。

エクセルでファイルを保存せずに終了した!

  • エクセル(Excel)で重要なファイルを作成したのに、急いでいて思わず閉じてしまった場合、や作業の途中でWindowsが突然ハングアップしたり再起動したりしてしまった場合、どうすればいいですか?それまでの作業にかかる時間を考えると泣きたくなるかもしれません。やっぱり作成したファイルを保存しておけばいいです。

「保存せずに誤ってExcelを終了させてしまった」という経験は誰でもちょこちょこあると思います。長い時間作業していて、保存せずに終了してしまった時のショックは相当なものです。

幸いなことに、Excelには作業中のファイルを自動保存する機能があり、場合によってはファイルを復旧/復元できるかもしれません。それだけでなく、専門なデータ復旧ツールを使って消えたデータを取り戻す可能性もあります。

次は、よくあるケースをまとめてみて、保存せずに終了したエクセルファイルを復元する方法を知っておきましょう。\(*⌒0⌒)♪

エクセル本体の機能でエクセルを復元

Excelには自動回復バージョン管理、2つの機能があります。エクセルでファイルを保存することなく終了してしまった時に、これらの機能はかなり助かります。

新規ファイルを保存せずに閉じた場合

  • ※例:
    新規文書を一度も保存せず閉じてしまった
    新規文書を編集中、強制終了してしまった

まずは、Excelで新規作成し、一度も保存せずに閉じてしまったファイルは、自動回復機能で復元できる場合があります。

ノート:一度も保存していないとは、エクセルを開き、新規文書に入力や編集を行って、アプリケーションを閉じたときに表示されるファイルの保存に関するメッセージで「保存しない」ボタンをクリックした、という状態です。

実はExcelで新規文書を編集した時、自分で保存作業をしなくても、自動的に回復用ファイルが作成され、特定の場所(%userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Office\UnsavedFiles)に一時的に保持されています。

ただし、既定では、自動保存は10分間隔で行われているため、作業時間が短い場合には回復用ファイルができていないこともあります。

自分が復元したい内容が回復用ファイルとして残っているかどうかを確認し、あれば復元できる、ということです。

✍回復用ファイルを使って内容を復元する手順:

▶方法1

  • 1. エクセルを起動して「ファイル」タブをクリックし、「情報」の「ブックの管理」 をクリックして「保存されていないブックの回復」をクリックします。保存されていないブックの回復

  • 2. すると、「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示されます。未保存ファイルが作成されているなら、このダイアログボックスに表示されます。復元するファイルを選択して、「開く」をクリックして開きます。開く

  • 3. 読み取り専用で開いたファイルを保存するには、リボンの下に表示されている情報バーで「名前を付けて保存」ボタンをクリックして、ファイルを好きな場所に保存します。(※注:ファイル名はこのときに、付け直すとよいと思います。)名前を付けて保存

▶方法2「保存されていないブックの回復」は「最近使ったアイテム」にもあります。

  • 1. Excelを起動し、「ファイル」タブ→「開く」タブをクリックします。

  • 2. 最近使ったアイテム画面右下の「保存されていないブックの回復」ボタンをクリックします。他の方法

  • 3. 未保存ブックの一覧が表示されるので、対象ファイルを選択し、「開く」をクリックします。

  • 4. ファイル上部のバーに表示されている「名前を付けて保存」をクリックしてExcel文書して保存します。

▶方法3

  • エクセルで新規ブックを保存せずに誤って閉じてしまった場合は、オリジナルとなるXLSファイルが存在しませんが、未保存のXLSBファイル(回復用ファイル)の保存先パス(C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Microsoft¥Office¥UnsavedFilesフォルダ)に辿り着いて、XLSBファイルをダブルクリックして、直接開くこともできます。

補足説明&注意点●自動保存されたファイルはC:\Users\プロファイル\AppData\Local\Microsoft\Office\UnsavedFilesフォルダにxlsbファイルとして保存されます。場所の変更はできません。
●既定10分に自動保存されたバージョンのうち、最後のバージョンがファイルを閉じる時に文書として保存されます。最終版以外は全て破棄されます。(尚、文書を保存して閉じると全てのバージョンが破棄されます。)
●名前を付けて保存しても、自動保存されたxlsbファイルは作成後4日間保持されます。
●新規文書を編集中に前のバージョンを開くことができません。

既存ファイルを保存せずに閉じた場合

  • ※例:
    既存文書を上書き保存せずに閉じてしまった
    既存文書を編集中、強制終了してしまった

Excelで既存の文書(途中にファイル名を付けて保存していたファイル)を編集中に強制終了してしまった場合や、上書き保存せずに終了してしまった場合にも、エクセルファイルをバージョン(ブック)管理機能で復元できる可能性があります。

ブックの管理の機能が使えるように、自動保存の設定をしておかなければなりません。一般的に「ファイル」タブをクリックし、「オプション」→「保存」で「次の間隔で自動回復用データを保存する」にチェックを入れて時間を指定しておきます。また、「保存しないで終了する場合、最後に保存されたバージョンを残す」にチェックが入っている必要があります保存

この場合、自動保存されたブックは、デフォルトでは%userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\パスに、オリジナルのファイル名に数字が付いた名前でXLSファイルとして保存されています。

  • step 1. 上書きし忘れた既存ブックを復旧・復元するには、該当ファイル(オリジナルとなるXLSファイル)をダブルクリックしてExcelで開き、「ファイル」メニューの「情報」をクリックします。

  • step 2. 右ペインの「ブックの管理」に「<日付と時間>(保存しないで終了)」という表示があれば、それをクリックすればOKです。(※注!「ブックの管理」ではなく「保存しないで終了」ファイルをクリックします。)保存しないで終了

  • ノート:しかし、この表記がない場合は、残念ながら自動保存が行われていないので、復旧は諦めるしかありません。
  • step 3. そして、自動保存されたブックが、新しくExcelのウィンドウとして読み取り専用で開かれ、復元したい内容かを確認します。リボンの下にある「復元」ボタンをクリックすると、「前回保存したバージョンを選択したバージョンで上書きしようとしています。」メッセージが表示され、「OK」ボタンをクリックし、保存しなかった既存ブックが復元され、自動保存された時点のExcelブックに戻ります。復元

Excelで別ファイルとして保存すべきところを間違えて上書き保存してしまい、元に戻せなくなってしまうこともあるかもしれません。このようなときにも、「ブックの管理」の機能を使って復元ができます。自動保存されたファイルは、「ファイル」タブから「情報」の「ブックの管理」のところにありますから、ここから復旧させたい日時のファイル(お気に入りのエクセルバージョン)を選んで復活できます。

補足説明&注意点●自動バックアップファイルはC:\Users\プロファイル\AppData\Roaming\Microsoft\Excelフォルダ作成され、「ファイル名+ランダムな文字列」フォルダに保存されています。保存場所は「オプション」-「保存」-「自動回復用ファイルの場所」で変更することができます。
●既定10分に自動バックアップされたバージョンのうち、最後のバージョンがファイルを閉じる時に文書として保存されます。最終版以外は全て破棄されます。( 尚、文書を保存して閉じると全てのバージョンが破棄されます。)
●このフォルダ内のファイルは作成後4日間又は該当ファイルが次に上書き保存されるまで保持されます。
既存文書を編集中に前のバージョンを開いて確認することができます。

新規・既存ファイルともに、保存していない内容を復元するには自動回復用データ(自動バックアップ)を保存する設定が有効である必要があります。既存の設定にエクセルが保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンのエクセルファイルが残します。

ファイルを閉じるときに一定の時間 (既定 10 分) が経過して、回復用ファイルが作成できるなら、「このファイルの最新のコピーが一時的に保存されます」メッセージが表示されます。このウィンドウで「保存しない」を選択してもファイルの最新版を一時的に使用して回復させることができます。一方で作成開始から終了までの時間が短く、回復用ファイルが作成できないなら、メッセージには上述のような表示がありません。「保存しない」を選択したら保存されません。

以上はエクセル 2016を例として、ファイルをエクセルで復元する方法を説明いたしますが、エクセル2010、エクセル 2013、エクセル2017にも適用されます。

専門なファイル復元ツールでエクセルを復元

Excel本体で復元できない場合(自動保存を無効にする場合や既定では10分経たず回復用データがバックアップされていない場合)、次は専門なファイル復元ツール - Recoverit Proでエクセルを復元する方法を皆に説明したいと思います。

Recoverit ProはWin10/8/7/Vista/XPに対応し 、紛失、削除、フォーマットしたデータ及び書き込みできないデータをHDDと他の外部メディアから復元できる強力なツールです。操作画面はわかりやすく、マニュアルなど見なくても直感的に扱うことができます。初心者でも、保存していないエクセルファイルまたはデータを完全に復元できます。

▼次はRecoveritの使い方を見てみましょう~

  • step 1. Recoverit Proをインストールして起動します。メイン画面から「削除したファイルの復元」というデータ損失のパターンを選択します。削除したファイルの復元

  • step 2. エクセルファイルの保存場所(保存先)を選択します。「開始」ボタンをクリックし、消えたデータをスキャンし始めます。削除したファイルの復元

  • step 3. 高速スキャンが終わった後、見つけたファイルまたはフォルダが表示されます。そして、目的のファイルを選択し、「復元」をクリックして、保存せずに終了したエクセルファイルを復元することができます。見つけたファイル

ヒント:

  • ファイル変更日」を利用してファイルをフィルタすることができます。

  • この方法は、エクセル 2007にうまく適用されます。

データ消失に備えて日頃から手軽にバックアップ

エクセルでファイルを保存せず終了してしまった時、重要なデータを失うことに備えて、エクセルファイルを定期的にバックアップしておいた方がいいです。万が一発生したら、作成したイメージを使って、ファイルを高速かつ簡単に復元することができます。

  • ❤人気のおすすめのバックアップソフト

    AOMEI Backupper StandardはWindows10、8.1/8、7、XP、Vista向けの強力なバックアップフリーソフトです。エクセルファイルを外付け/内部HDD、クラウド、NAS、共有フォルダなどにバックアップできます。ファイルバックアップだけでなく、システムバックアップ、パーティションバックアップ、ディスクバックアップ&復元、同期などの機能も提供しています。また、「スケジュール」オプションを使用すると、毎日/毎週/毎月バックアップを自動的に作成することもできます。パソコンのデータを定期的に自動バックアップする方法

    こちらからダウンロード

    AB Standard版は無料ですが、バックアップ用のディスク容量を節約するために差分バックアップを実行したい場合、❀割引でProfessional版にアップグレードしてくだい。Pro版でユニバーサル復元、NTFSアクセス許可の復元など、もっと高度な機能は使用可能です。

インタフェース

✿そのほか、Windows Server 2012/2016/2019に対応したい場合、Server版を使用してください。企業で台数無制限のPCを守りたい場合、Technician版を選ぶことができます。企業で台数無制限のPCとサーバーを守りたい場合、Technician Plus版を選ぶことができます。AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較無料体験購入前に30日間の無料体験が可能

結語

この記事では、保存せずに閉じてしまったExcelの復元方法について紹介します。

Excelで作業を行っている途中に、急に電源が落ちるなどして強制終了してしまうこともあるかもしれません。また、編集したファイルをうっかり保存しないで終了してしまうといったこともあるでしょう。

このようにExcelで作業中にデータが消えてしまったら非常にショックだと思います。しかし、Excelには作業中のファイルを復元させる機能が備わっています。専門なデータ復旧ツールもあります。失われた大切なデータをあきらめる前に、上述の方法を試してみる価値があります。

しかし、なんでもかんでも復元できるということではないので、保存の操作が不要になるということではありません。あくまでも回復できる可能性がある、ということです。

データ消失を回避するために、バックアップソフトで日頃から重要なファイルを定期的にバックアップ(リンク)しておいた方がいいです。

保存せずに終了したエクセルファイルをあせらずに対処しましょう~!