By AOMEI / 最後の更新 2019年12月12日

増分バックアップについて

最初には、増分バックアップとは何かを分かる必要があります。増分バックアップは、バックアップ手法の一種です。(最新のものだけでなく)複数のバックアップを保持します。増分と呼ばれるのは、更新された情報のバックアップが常に1つしか存在しないためであり、ある時点のバックアップにはその直前のバックアップから変更された部分しか含まれません。

例えば、金曜日に完全バックアップをとった場合、月曜日のバックアップには金曜日から変更されたファイルだけが含まれます。そして、火曜日のバックアップは月曜日から変更された部分だけ、というようになります。この方式の欠点は、ある時点の状態に完全にリストアしようとすると、最も新しい完全バックアップとそれ以降の増分バックアップを順次(正しい順序で)リストアしていかなければならない点です。

HDDを外付けHDDに増分バックアップする理由

システムバックアップまたはディスクバックアップは、コンピューター管理を扱うため最も一般的な操作です。保護を強化するために、HDDを外付けHDDにバックアップすることも珍しくありません。でもすべてのドライブにサイズ制限があるという問題があります。バックアップイメージを最新に保ちたい場合は、外付けHDDへの増分バックアップは賢明な選択です。

HDDを増分バックアップする方法

残念ながら、Windowsには、使いやすい増分バックアップツールを持っていません。でもご心配なく、Windowsシステムでデータを増分バックアップできるサードパーティ製のソフトウェアがいくつかあります。AOMEI Backupper Professionalはその中でニーズが満たせる最も包括的なバックアップソフトです。システムバックアップ、ディスククローン、システムクローン、ファイル同期などの機能も組み込まれています。

HDDから外付けHDDへのバックアップだけじゃなく、AOMEI Backupperは外付けHDDから別の外付けHDDへのバックアップもサポートしています。今すぐダウンロードして試してみてください。

Pro版の無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP

2千万人以上のユーザーに信頼されてる

AOMEI Backupperを使用して増分バックアップする

最初に外付けHDDをコンピューターに接続します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 内蔵HDDをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

ステップ 3. 外付けHDDをターゲットパスとして選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. 「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定します。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックして、バックアップが実行されます。

開始

結論

適切なバックアップツールを使用すると、外付けHDDへの増分バックアップを簡単に作成することができます。特にターゲットオブジェクトが大きい場合、増分バックアップが必要です。AOMEI Backupper ProfessionalはWindows 7/8/10およびWindows XP/Vistaをサポートしていて、とても使いやすいので、ぜひ検討してください。