AOMEI Centralized BackupperはWindows向け集中管理型バックアップソフトであり、LAN内のすべてのデスクトップPC、ラップトップ、サーバーおよび仮想マシンのバックアップタスクを単一の集中管理型コンピューターから作成および管理することをサポートします。

クライアントコンピュータを制御するソリューション

● Windowsでクライアントソフトウェアのインストールを手動で完了した後、これらのクライアントコンピューターのバックアップを作成するために、サーバー側のAOMEI Centralized Backupperコンソールはクライアントコンピューターから制御権限を取得する必要があります。

● リモートインストールを使用してAOMEI Backupperをクライアントコンピュータにインストールすると、AOMEI Centralized Backupperはデフォルトでクライアントから制御権限を取得します。

● [Computers]タブに移動し、[Uncontrolled Computers]をクリックすると、制御可能なコンピュータの一覧が表示されます。

ステップ1:コントロールのアクセス許可を取得する必要があるコンピューターを選択し、[Request Control]をクリックしてアクセス許可を取得します。2つの方法があり、ここで紹介します:

制御を要求

■ 方法1:クライアントコンピュータのアカウントを入力

Uncontrolled Computers]から制御したいクライアントを選択し、[Request Control]をクリックします。アカウントを入力して、クライアントの管理者アカウントを入力します。

制御されていないPCから制御したいクライアントを選択

また、制御したいクライアントが多すぎる場合は、[Batch Input](バッチインプット)を試すこともできます。

バッチインプット

■ 方法2:メッセージをクライアントに送信

メッセージをクライアントに送信

クライアントでポップアップメッセージが表示され、[Agree]をクリックしてアクセスを許可するか、[Reject]をクリックして要求を拒否します。

拒否と同意

ステップ2:これで、[Controlled Computers]の下から管理されたクライアントコンピュータを確認できます。

管理されたクライアントコンピュータを確認

ステップ3:その後、[Tasks]の下で管理対象となるクライアントコンピュータのバックアップタスクを作成できます。

クライアントコンピュータを管理するソリューション

制御されているクライアントを[Controlled Computers]パネルに表示します。

制御されているクライアントを表示

1. クライアントコンピュータに登録されていない場合は、AOMEI Backupperのライセンスコードを入力してサーバーから直接登録できます。

サーバーから登録

2. Controlled Computers]から管理対象となるクライアントコンピュータを右クリックすると、View DetailsView LogsSelect AllおよびCancel Controlを実行できます。[View Details]でクライアントコンピュータの[Disk Info](ディスク情報)と[Task Info](タスク情報)(AOMEI Centralized Backupperによって作成されたローカルデータ)を確認できます。

また、AOMEI Centralized Backupperで作成されたクライアントコンピュータのバックアップタスクのログを[View Logs]で確認することもできます。

管理対象となるクライアントコンピュータを右クリック

3. クライアントを管理しやすくするために複数のグループを作成することをお勧めします。

グループを追加する方法は2つあり、次は紹介します:

方法1:[Controlled Computers]一覧からクライアントを選択し、グループを作成

クライアントを選択

グループを作成

これでグループ1が追加されました。グループを作成後、グループ名を変更できます。

グループを作成後、グループ名を変更

方法2:クライアントコンピュータのIPセグメントを入力し、グループを追加

クライアントコンピュータのIPセグメントを入力

グループを追加

下の図に示すように、グループ2が追加されました。192.168.0.180から192.168.0.190までのクライアントのIPセグメントがこのグループに追加されます。

※ 注 ※

このセグメント内のクライアントコンピューターがサーバーによって制御されていないなら、グループに表示されません。制御後は自動的に表示されます。

このセグメント内のクライアントコンピュータがサーバーによって制御されていても、オフラインになっているなら、Offline状態でグループ内に表示されます。クライアントコンピュータがオンラインになると、ステータスは正常になります。

クライアントコンピュータがオンラインになる

グループでクライアントを集中管理すると、より効率よくバックアップできます。例えば、グループ1のシステムをバックアップする場合は、グループ名を選択するだけでいいです。クライアントを1つずつ選択する必要はありません。

バックアップ

グループ名を選択するだけでいい