HDDが破損した・壊れた!修復方法8つ+データ取り出し方法

以下は、HDDの故障を修復するための8つの方法です。問題の原因が分かっている限り、破損したHDDを修復してデータを取り出すことができます。

Machi

By Machi / 最後の更新 2024年01月05日

共有: instagram reddit

ハードディスクを使用していると、どんなに注意していても避けられない故障が発生し、データの損失、さらにはディスク全体の喪失につながる可能性があります。このような場合、2つの非常に重要なことを行う必要があります。

  • 破損したハードディスクからデータを回復する
  • 破損したハードディスクを修正する

それを行う方法が分からない場合は、この記事を読み続けて、以下に記載されている破損したHDDの症状や原因、および対応する方法を入手してください。

破損HDDを修復する

破損したHDDの症状と原因

ハードディスクが破損している可能性がある場合は、以下の症状を確認してください。これらの症状に対応する可能性のある原因も取得できます。これにより、データを簡単に復元し、破損したハードディスクを修復できます。

ドライブにアクセスできない。さらに悪いことに、一部のファイルが消失していることがある。
「ドライブxを使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」のようなメッセージが表示され、ドライブのフォーマットが必要であると案内される。
ファイルシステムが「RAW」として表示される。
セクターが見つからない。
ドライブの読み取り中に無効なメディアタイプが検出されました。
ファイル名に使えない文字が含まれる。
ブルースクリーンが頻繫に発生する。
コンピューターのパフォーマンスが低下し、ファイルを開くなどの作業でも遅くなっている。

HDDが破損した原因は異なります。ウイルスやマルウェアの攻撃、過熱、停電、ファイルシステムの損傷、ブートセクタの損傷、不良セクタ、安全ではない取り外し、物理的な損傷、ディスクの老化などが考えられます。

破損したHDD

壊れたHDDからファイルを取り出す方法

損傷したHDDを修復する前に、まず破損したHDDからファイルを復元する必要があります。というのも、下記のHDD修復方法のいくつかは、データを削除してデータの永久的な喪失を引き起こす可能性があるためです。

最も効果的な方法は、MyRecoverのような専門的なデータ復旧ソフトウェアを使用することです。これにより、Windows 7/8/10/11およびWindows Serverで、簡単かつ迅速に破損したHDDから200種類以上のファイルを復元できます。復旧率は高いです。

クイックスキャンおよびディープスキャンの2つの高度なスキャン方法をサポートし、Word文書、Excelファイル、PPTファイル、PDF、メール、圧縮ファイルなど、失われたまたは削除されたファイルを見つけることができます。特定のファイルまたはファイルタイプを迅速にフィルタリングし、見つかったとすぐに復元することができます。スキャンの完了を待つ必要はありません。紛失または削除されたファイルを元の名前、フォーマット、およびパスなどで保持します。

ではこのソフトを使用して壊れたHDDからファイルを取り出す方法をご案内します。開始する前に、まずMyRecoverをダウンロードしてインストールしてください。

無料ダウンロードWin 11/10/8/7/Server
安全かつ高速

ステップ 1. MyRecoverを起動します。破損したHDDのボリュームまたはパーティションを選択し、「スキャン開始」をクリックします。

スキャン開始

ステップ 2. MyRecoverは自動的に復元可能なファイルをスキャンします。

ヒント:復元するファイルをより速く見つけたい場合、「フィルタ」を利用することができます。この機能を使えば、種類、更新日、サイズによってファイルを見つけることができます。また、ファイル/フォルダ名を覚えている場合、直接検索バーで検索することもできます。

フィルター

  • 種類:ドキュメント、イメージ、動画、オーディオ、メール、ウェブページ、圧縮ファイルから選択できます。
  • 更新日:本日、昨日、過去7日間、過去30日間、カスタムから選択できます。特定の期間に削除されたデータを探したいなら、「カスタム」を選択してください。
  • サイズ:128KB未満、128KB~1MB、1MB~512MB、512MB以上、カスタムから選択できます。

ステップ 3. 復元したいファイルまたはフォルダを選択し、「復旧 xつのファイル」をクリックします。*スキャンの完了を待たずに、ファイルを復元することができます。

復旧

✍ 注意:
MyRecoverの無料版では、毎回30MBまでのデータを復元することができます。無制限のデータを復元するには、MyRecoverをProfessionalまたはTechnician版にアップグレードしてください。
新しい場所を保存先として選択してください。ファイル/フォルダを元の場所に復元すると、削除されたファイル/フォルダの領域が上書きされ、データ復元に失敗する可能性があります。
内蔵HDDに加えて、外付けハードドライブ、USBドライブ、SDカードのデータ復旧もサポートしています。

破損したHDDを修復する方法

HDDの物理的な故障が発生した場合、一般に不可逆的です。その場合は、専門的なHDD修理業者に連絡してください。費用は高くつくかもしれませんが、データが重要で、そのデータを失うことが大きな損失につながる可能性がある場合は、お金を出す価値があります。

逆に、論理的な故障が発生した場合は、この記事で紹介する方法で問題を解決してみることができます。

方法1. マザーボードのUSBポートまたは別のマシンを試す

ドライブが損傷している以外にアクセスできない場合、USBポートやパソコン自体が壊れた可能性もあります。これらの可能性を排除するために、マザーボードのUSBポートにドライブを接続したり、別の動作するPCにつないだりしてみてください。それでもディスクにアクセスできない場合は、問題はディスクに関連しています。

方法2. 破損したHDDのディスクエラーを修正する

Windowsは、破損したディスクで見つかったディスクエラーを見つけて修正するためのディスクチェック機能を提供しています。ディスクに問題がある場合は、試してみてください。

ステップ 1. 「デスクトップ」から「PC」を起動します。破損したHDDを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ 2. その後、左上隅の「ツール」タブに移動し、「チェック」をクリックします。

ステップ 3. 「ドライブのスキャン」をクリックして、ディスク上のエラーを見つけて修正します。

方法3. Chkdskを使用して壊れたHDDを修復する

chkdskコマンドは、ディスクチェックのコマンドラインバージョンであり、柔軟性があり、破損したHDDを修復するためにより役立ちます。ディスクエラーを修復するだけでなく、不良セクターを見つけて、その領域を使用不可にマークすることもできます。

ステップ 1. 検索ボックスに「cmd」と入力し、検索結果から「管理者として実行」を選択します。

ステップ 2. 「chkdsk d: /f /r」と入力します。「Ⅾ」を壊れたHDDのドライブレターを置き換えます。

chkdsk

ヒント:
/f:見つかったエラーを修正します。
/r:ディスク上のエラーを修正し、不良セクターを検索して、その領域を使用可能にマークします。
破損したディスクを強制的にアンマウントするには、「/x」を追加する必要があります。追加しない場合、このコマンドはディスクの状態を表示するだけで、エラーを修正しません。

ステップ 3. 破損したディスクがシステムディスクである場合、次回のシステム起動時にこのコマンドを実行するように求められます。「yes」と入力し、システムを再起動します。

方法4:破損したHDDをメンテナンスする

また、システムメンテナンスでこの破損したHDD上のディスクエラーをスキャンして修正することもできます。

ステップ 1. 「Windows」+「R」キーを押して「control」と入力し、「Enter」キーを押して「コントロールパネル」を開きます。「システムとセキュリティ」→「セキュリティとメンテナンス」を選択します。

システムとセキュリティ

ステップ 2. 「メンテナンス」→「メンテナンスの開始」をクリックします。

方法5. スキャンでウイルスを除去する

ディスクにアクセスできない場合、Windows Defenderと他のサードパーティ製のウイルス対策ソフトを使用して、ウイルスをスキャンして除去することが可能です。

ステップ 1. タスクバーの検索ボックスに「Windows Security」と入力して「Enter」キーを押します。

ステップ 2. 「ウイルスと脅威の防止」オプションをクリックします。

ステップ 3. 「フルスキャン」を選択し、「今すぐスキャン」をクリックして処理を開始します。

フルスキャン

方法6. SFC&DISMで破損したハードディスクを修正する

ファイルシステムエラーによるディスクの損傷の場合、SFCおよびDISMコマンドを使用して、損傷したシステムファイルを確認し、動作するバージョンに置き換えることができます。さらに、DISMコマンドはファイルシステムの整合性を確認し、損傷が残っていないことを確認することもできます。

ステップ 1. 「Windows」+「X」キーを押して、「コマンドプロンプト(管理者)」を選択します。

ステップ 2. 「コマンドプロンプト」ウィンドウで、「sfc /scannow」と入力し、「Enter」キーを押します。

sfc

ステップ 3. 次に、「DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」と入力し、「Enter」キーを押します。

DISM

▶ 注意:DLLファイルなどのシステムファイルを変更した場合、この方法では元に戻されます。 システムが起動しない場合は、Windows回復環境にアクセスし、ここからコマンドプロンプトを起動できます。

方法7. ディスクドライバーを更新または再インストールする

ディスクドライバーが古くなっていたり、破損したりしていた場合、システムはディスクを認識できなくなる可能性があります。そのため、ドライバーを更新または再インストールしてみることができます。

ステップ 1. 「Windows」+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」で「devmgmt.msc」と入力し「OK」をクリックして、「デバイスマネージャー」を起動します。

ステップ 2. 「ディスクドライブ」を展開し、破損したハードディスクを見つけて右クリックして「ドライバーの更新」をクリックします。

ステップ 3. 「ドライバーを自動的に検索」をクリックし、画面の指示に従って作業を終了します。

ドライバーを自動的に検索

▶ 注意:ディスクドライバーを再インストールする場合は、「デバイスのアンインストール」をクリックして、残りの手順を完了してください。そして、新しい利用可能なドライバーを取得するためにシステムを再起動してください。

方法8. 破損したHDDを直接フォーマットする

フォーマットは、ディスク上のデータを消去するため、壊れたHDDを修復するための最後の手段です。

ステップ 1. スタートアイコンを右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。

ステップ 2. 破損したHDDを右クリックし、「フォーマット」を選択します。

ステップ 3. このディスクを完全に消去したくない場合は、「クイックフォーマットする」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。逆に、このオプションをチェックしないでください。

クイックフォーマット

オススメ:ディスクの破損とデータの損失を予防する方法

HDDの日々の摩耗を避けることは難しいですが、ウイルス、フォーマット、ファイルシステムエラーなどによる損傷したディスクを防ぐために、予防策を取ることをお勧めします。以下は、あなたを助けるための実現可能な提案です。

ドライブ上の任意の操作(例:フォーマット)に注意してください。バンプなど、何かしらの衝撃によってヘッドやプラッタに損傷を与える可能性があります。
極端な熱や湿度からドライブを遠ざけてください。
定期的にPC上のドライブとソフトを更新してください。
データ損失を最小化するために、ディスクまたは重要なデータを定期的にバックアップしてください。
ウイルスが含まれる危険なウェブサイトにはアクセスしないでください。Windows Defenderのようなウイルス対策ソフトを常に有効にしてください。
データ損失後は、このドライブの使用を中止してください。これは、データ損失のリスクを大幅に増加させる可能性があります。

中でも、最も良い方法は、オペレーティングシステム、インストールされたプログラム、個人データ、ドライバーなどを含むディスクバックアップを定期的に作成することです。これにより、破損したHDDからデータを簡単かつ迅速に取り出すことができます。ここでは、サードパーティー製のバックアップ&復元フリーソフト-AOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして開きます。「バックアップ」→「ディスクバックアップ」を順にクリックします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、バックアップしたいディスクを選択します。複数のディスクを一度にバックアップできますが、復元する場合に一つずつ復元する必要があります。

ディスクを追加

ステップ 3. バックアップファイルの保存先を選択します。

保存先を選択

ステップ 4. すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

下の3つのオプションをクリックし、バックアップをカスタマイズできます:
オプション:他のバックアップと区別するためのコメントを書き込んだり、システムバックアップの圧縮レベルを選択したり、バックアップ完了後の電子メール通知を設定したりすることができます。
スケジュール:この機能では、毎日、毎週、毎月、イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)、USB挿入の5つのモードから、自動バックアップを設定することができます。
スキーム:フルバックアップ、変更された部分のみバックアップする増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動クリーンアップを設定することができます。差分バックアップとバックアップの自動クリーンアップはProfessional版で利用可能です。

よくある質問

HDDが壊れた場合、どうなりますか?

HDDが損傷していると、コンピューターのパフォーマンスが著しく低下することがあります。さらに悪いことには、ドライブやその上のデータにアクセスできなくなることもあります。また、ファイルシステムが「RAW」と表示されることやその他のエラーが発生することもあります。

フォーマットで壊れたHDDを修正できますか?

これはHDDを修復する方法の一つですが、他の方法を試していない場合またはバックアップを持っていない場合にはお勧めしません。通常のフォーマット(クイックフォーマットでない)では、ドライブを完全に消去し(データが完全に消去される)、すべてのファイル構造を再構築し、ディスクをスキャンしてすべてが正常に動作していることを確認します。

フォーマットせずに壊れたHDDを修復する方法はありますか?

破損したディスクを修復する前に、問題の原因を特定する必要があります。その後、ディスクチェック機能、SFC、DISMコマンド、ウイルススキャンなどを実行して修正できます。

起動できないHDDからファイルを取り出すにはどうすればよいですか?

Windows回復環境から起動したり、壊れたHDDを別の正常なPCに接続したりして、データを新しい場所に移動することができます。

最後に

この記事では、壊れたHDDの症状や可能性のある原因、そして修復方法やその上のデータの取り出し方法について紹介しました。特に、データを先に復元する必要があることを強調したいと思います。そうしないと、失われたまたは削除されたデータが上書きされてしまい、データの取り出しがより困難になる可能性があります。最も効果的な方法は、MyRecoverなどの専門的なデータ復旧ソフトウェアを使用することです。

また、HDDの破損やデータの損失を避けるためにできることはたくさんあります。最良の方法は、AOMEI Backupper Standardを使用して定期的にディスクバックアップを作成することです。たとえディスクが物理的に損傷していても、すべてを含めて新しいディスクに復元することができます。今までダウンロードし、あなたのHDDを守りましょう!

Machi
Machi · 編集者
Technology会社の編集者としてAOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、映画、音楽、色々なことに趣味があります。