【初心者向け】iPhoneのデータをパソコンにバックアップする方法

データの損失を避け、iPhoneのストレージスペースを解放するために、iPhoneのバックアップを作成することは重要です。この文章は、iPhoneをパソコンにバックアップする3つの方法を紹介します。

Zoe

By Zoe / 更新日 2023年12月01日

共有: instagram reddit

iPhoneのデータをパソコンにバックアップする方法は?

 

iPhoneのバックアップ方法を教えてください。手持ちの旧SEが限界なので、iPhone14に機種変しようと思います。パソコンなどを介せずに全てバックアップを取る方法ってあるんでしょうか?

- Yahoo知恵袋からの質問

ほとんどのiPhoneユーザーにとって、iPhoneをパソコンにバックアップするのを忘れたため、iPhone上のデータを失ってしまったことほど悔しいことはないでしょう。確かに、iPhoneは失いたくないデータがたくさん含まれているので、コミュニケーションのためのツールというより、日常生活で重要な役割を果たしています。

それに応じて、iPhoneのデータを安全に保つことは極めて重要になり、iPhoneをパソコンにバックアップすることは最も信頼できるソリューションです。iPhoneのデータを紛失から守るだけでなく、iPhoneの空き容量をある程度確保することもできます。

バックアップをとる前に確認すべきこと

  • パソコンのOSのバージョン:iOSのバージョンとOSのバージョンにズレがあると、同じiTunesのバージョンを使えないため、バックアップができないおそれがあるのです。
  • パソコンの空き容量を確認:パソコンの空き容量が不足していると、データを十分に保存できない可能性があります。

以下のガイドに従って、3つの便利なツールを使用してiPhoneのデータをパソコンにバックアップする方法を学ぶことができます。必要に応じて、iPhoneのバックアップを作成するツールを選択できます。

方法1:FoneToolでiPhoneをパソコンにバックアップ(お勧め)

FoneToolは、人気のあるプロなiOSバックアップツールで、iPhoneを簡単かつ迅速にバックアップできます。

FoneTool
最高のiPhoneバックアップソフト
  • シンプルな設計と操作:数回のステップで、iPhoneのバックアップを完了できます。
  • プレビューと選択:バックアッププロセス中に、バックアップしたいデータをプレビューして選択できます。
  • バックアップモード:写真や連絡先など、データを個別にバックアップできます。また、iPhoneの完全バックアップを作成することもできます。
  • 幅広い互換性:FoneToolはiPhone 4から最新のiPhone 15まですべてのiPhoneモデルをサポートし、iPadとiPodの異なるモデルもサポートします。また、iOSとの連携も可能です。

iPhoneをPCに個別にバックアップする手順

ステップ 1. パソコンで以下のダウンロードアイコンをクリックして、FoneToolをダウンロードし、インストールします。iPhoneをUSBでパソコンに接続します。

ステップ 2. FoneToolのホーム画面で、「データバックアップ」>「個別バックアップ」をクリックします。

カスタムバックアップ

ステップ 3. 各アイコンをクリックしてPCにバックアップするファイルをプレビューして選択し、「確認」をクリックします。

ファイルを選択

ステップ 4. 「バックアップストレージパス」でバックアップ先を選択し、「バックアップ開始」をクリックします。つまり、保存先を外付けHDDに変更すれば、iPhoneを外付けHDDに直接バックアップすることができます。

バックアップ先

バックアップタスクが終了したら、「バックアップ管理」画面でバックアップファイルの復元、削除を行うことができます。

バックアップ管理

FoneToolは強力なツールで、「完全バックアップ」機能により、古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを移行することもできます。

iPhoneをPCに完全にバックアップする手順

ステップ1. iPhoneをパソコンに接続 > FoneToolを起動し、「データバックアップ」>「完全バックアップ」をクリックします。

フルバックアップ

💢注意:iPhoneのすべてのデータをバックアップして、別のiPhoneに復元したいなら、「iPhoneからiPhone」機能を利用して、バックアップなしで直接iPhoneからiPhoneへデータを移行することができます。注意すべき点は、「iPhoneからiPhone」機能は2本のUSBケーブルが必要です。

ステップ2.  バックアップ暗号化を有効にします。

フルバックアップ

ステップ3. 「バックアップストレージパス」でバックアップを保存するストレージを選択 > 「バックアップ開始」をクリックし、終了するまで待ちます。

バックアップ開始

方法2:iCloud経由でiPhoneをパソコンにバックアップ

Appleは、アイフォンをパソコンにバックアップするために、クラウドストレージサービスであるiCloudを内蔵アプリケーションとして提供します。iPhoneの「設定」アプリで簡単に入手できます。

iCloudのメリット:
✓ ワイヤレスにバックアップできる:iCloudを使用するときは、iPhoneをコンピュータに接続する必要はありません。ただし、iPhoneがWiFiネットワークに接続されたときだけ、バックアップタスクは自動的に開始することができます。
✓ バックアップファイルを共有できる:Appleデバイスが同じApple IDでサインインすると、iCloudバックアップを有効にしている限り、それらのデバイス間でデータを同期することができます。

iCloudのデメリット:
iCloudは、iPhoneユーザーに5GBの無料ストレージスペースしか提供しません。それ以上の容量を得るには、月々の支払いが必要です。
iCloudは、iPhone全体をパソコンにバックアップするより、iPhone特定の種類のコンテンツをパソコンに転送するのに適しています。
iCloudは、ファイルが成功に転送されたかを確認することはできません。

iCloudでiPhoneをパソコンにバックアップする手順

iCloudを使用してiPhoneをPCにバックアップするには、iPhoneをiCloudにバックアップし、iCloudバックアップをPCにダウンロードする必要があります。

ステップ 1. iPhoneで、「設定」>「自分の名前」>「iCloud」>パソコンに同期したいデータのボタンをオンにします。

iCloudバックアップ

iPhoneでiCloudバックアップにかかる時間は、ファイル数、Wi-Fiの状態、iPhoneの状態など多くの側面に左右されます。

ステップ 2. バックアップタスクが終了したら、パソコンでicloud.comにアクセスし、iPhoneで使用しているのと同じApple IDでサインインします。ここで、PCにバックアップしたいデータを選択することができます。

データを選択

ステップ 3. サイトの上部にある「ダウンロード」アイコンをクリックします。iCloudの写真をパソコンにダウンロードする時、未編集のオリジナルまたは互換性優先の形式をダウンロードするように要求されます。

ダウンロード

方法3:iTunes経由でiPhoneをパソコンにバックアップ

iCloudに加えて、AppleはiTunesを経由でiPhoneをPCにバックアップする方法も提供しています。ただし、iTunesバックアップはパソコン容量不足でできないかもしれませんので、バックアップの前に、パソコンの容量を確認しておいてください。

iTunesのメリット:
✓ 暗号化機能:iTunes経由でiPhoneをバックアップする場合、プライバシーを保護するために暗号化機能を有効にすることができます。

iTunesのデメリット:
 iCloudバックアップと同じように、プロセス中にデータをプレビューしたり選択したりすることはできません。iTunesバックアップをCドライブで見つけることができますが、データを表示することができません。
 iTunesのバックアップを復元する場合、iPhoneの既存データを上書きしてしまうので、選択の余地がありません。

iTunesでiPhoneのバックアップを作成する手順

ステップ 1. パソコンに最新版のiTunesをダウンロードし、インストールします。

ステップ 2. iTunesを開き、iPhoneをUSBでコンピュータに接続します。

ステップ 3. iTunesの左上にあるiPhoneのアイコンをクリック>「概要」をクリック>「今すぐバックアップ」をクリックします。

今すぐバックアップ

作業が終わったら、iTunes>環境設定>デバイスで確認することができます。

おまけ:Finder経由でiPhoneをMacBookにバックアップ

Finderを使用してiPhoneのバックアップを作成するには、macOS 10.15以降が必要です。それより前のバージョンのmacOSでは、iTunesを使用してiPhoneのバックアップを作成します。

ステップ 1. ケーブルを使ってiPhoneとMacを接続します。MacのFinderのサイドバーで、iPhoneを選択します。

ステップ 2. Finderウインドウの上部で、「一般」をクリックします。

ステップ 3. 「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」を選択します。

ステップ 4. バックアップデータを暗号化してパスワードで保護するには、「ローカルのバックアップを暗号化」を選択します。

ステップ 5. 「今すぐバックアップ」をクリックします。

今すぐバックアップ」

よくある質問

#1:バックアップからiPhoneを復元する方法は?

新しいiPhoneではない場合、iPhoneの初期化を行う必要があります。iPhoneを空っぽにしてから復元データを入れたほうがデータの混乱が起こらず、復元作業を効率よくおこなうことができます。設定アプリで「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップすることでiPhoneの初期化が完了します。

FoneToolバックアップから復元

ステップ 1. FoneToolアプリを開き、「バックアップ履歴」ページでバックアップタスクを見つけます。

ステップ 2. 「復元」アイコンをクリックして、「復元開始」をクリックします。

復元

iCloudバックアップから復元

ステップ 1. iPhoneの初期化が終了したら、言語の選択やキーボード、Wi-FiなどiPhoneの初期設定作業があり、「Appとデータ」ページまで指示に従って実行します。

ステップ 2. 「Appとデータ」ページで「iCloudバックアップから復元」をタップ>Apple IDとパスワードを入力>復元するバックアップを選択すれば、自動で復元作業が開始されます。

iCloudバックアップから復元

iTunesバックアップから復元

ステップ 1. iTunesを開き、iPhoneをUSBでコンピュータに接続します。

ステップ 2. iTunesの左上にあるiPhoneのアイコンをクリック>「概要」をクリック>「バックアップを復元」をクリックします。

バックアップを復元

ステップ 3. バックアップの一覧から、復元するバックアップを選択し、「復元」をクリック>パスワードを求めれた場合は設定したパスワードを入力し「OK」をクリックします。

#2:iPhoneをパソコンにバックアップするには、どのくらいかかる?

iTunesやiCloudを使用する場合、バックアップ時間はデータの種類、データ量、インターネット接続環境、PCの操作性などの要因によりますが、通常、iPhoneの初回バックアップに最大2時間かかります。その後の2週間ごとのバックアップでは、毎回約30分程度実行する必要があります。もしiPhoneのバックアップが時間かかりすぎる場合:

  • iPhoneのバックアップをより頻繁に行う
  • iTunes/iCloudの代替ソフト ‐ FoneToolを使用してiPhoneをバックアップする

#3:iPhoneのバックアップはパソコンとiCloudどっちがいい?

慎重を期すならバックアップ先にはパソコンを使ったほうが良いでしょう。

  • ランニングコスト:iCloudの場合、無料で使えるのは5GBまで。5GBではほとんどの人がストレージの容量が足りません。それ以上は有料です。パソコンの場合、容量はiCloudより多く、あまりストレージに心配する必要はありません。
  • 有線と無線:iCloudはインターネット上のクラウドにWi-Fi経由でバックアップを保存したり、復元したりしますが、パソコンの場合はLightningケーブルを使います。

まとめ

以上、iPhoneをパソコンに徹底的にバックアップする3つの方法についてご紹介しました。AppleはiPhoneをPCにバックアップするために2つの公式アプリを提供していますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

そこで、iTunesやiCloudを使わずに、FoneToolでiPhoneをバックアップすることをよりお勧めします。また、FoneToolはバックアップ機能のほかに、iPhoneからPC、PCからiPhoneにデータを転送することもできます。何かご質問やご提案がございましたら、お気軽にご連絡ください。

Zoe
Zoe · 編集者
Zoeは、モバイルバックアップソフトの編集者です。iPhoneやiOSに関する最新ニュースを共有したり、役立つヒントを書いたり、あらゆる問題を解決するためのソリューションを提供することが好きです。 Zoeはアニメ、映画、インディーズ音楽が大好きです。余暇は家族と過ごすことが多い。