By Machi / 最後の更新 2022年09月29日

システム状態とは、何ですか?

Windows Server 2012では、OSファイルをバックアップすることで、システム状態のバックアップを取ることができ、システムファイルやレジストリを紛失してしまった場合の復旧が可能になります。

具体的には、システム状態は以下のデータで構成されています:

起動ファイル(システムファイル、Windows File Protectionから保護されていたファイル)
アクティブディレクトリ(ドメイン・コントローラにのみ)
Sysvol(ドメイン・コントローラにのみ)
証明書サービス(認証局にのみ)
データベースクラスタ(クラスタ ノードにのみ)
レジストリ
パフォーマンスカウンター構成情報
コンポーネントサービスクラス登録データベース

システム状態のデータは、任意の順序でバックアップすることができます。システム状態の復元は、起動ファイルを置き換えることを始めとします。レジストリのシステムハイブをコミットすることを終わりとします。

AOMEI Backupper ServerでServerのシステム状態のバックアップをする

AOMEI Backupper Serverは、信頼性の高いバックアップ&復元ソフトで、Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019、2022(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011、およびWindows PCシステムに対応しています。

このソフトは、システム状態のバックアップに加えて、ディスク全体、特定のパーティション/フォルダ/ファイルのバックアップも可能です。それに、自動バックアップ、増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動クリーンアップ、バックパックの圧縮レベル、暗号化など様々な機能を備えています。ユーザーはニーズに応じてバックアップをカスタマイズできます。

これから、AOMEI Backupper ServerでWindows Server 2012のシステム状態をバックアップする方法をご案内します。開始する前に、まずAOMEI Backupper Serverをダウンロードしてインストールします。30日間無料試用版なので、心配しないで、使ってみましょう!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupperを開きます。「バックアップ」→「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 2. デフォルトでは、Windows Server 2012の実行に必要なドライブは既に選択されます。保存先だけを選択すればよいです。内蔵/外付けHDD/SSD、USBメモリ、SDカード、NAS、クラウドストレージ、共有フォルダなどほとんどのストレージデバイスに対応しています。

保存先

手順 3.(オプション)左下にある3つのオプションをクリックして、バックアップをカスタマイズすることができます。

設定

オプション:このオプションでは、バックアップにコメントを追加したり、バックアップイメージの圧縮/分割/暗号化、使用されているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」/すべてのセクターをバックアップする「完全なバックアップ」、VSSなどを設定したりすることができます。

オプション

✽ スケジュール:自動バックアップの実行を設定することができます。毎日/毎週/毎月/USB挿入/イベントトリガー(サインイン/サインアウト、システム起動/シャットダウン)の5つの実行方式をサポートしています。

スケジュール

スキーム:フル/増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動クリーンアップを設定できます。

スキーム

手順 4. 最後に、「開始」をクリックして、バックアップを始めます。

開始

まとめ

上記の説明によると、AOMEI Backupper ServerでWindows 2012のシステム状態をバックアップす ることは簡単になります。これは初心者でもすぐ使えるようになる簡単なプログラムです。したがって、AOMEI Backupper サーバー版を心からお勧めします。ぜひ使ってみてください