By AOMEI / 最後の更新 2019年07月24日

Windows Small Business Server(SBS)2008のご紹介

Windows SBS (small business server) 2008はサーバーオペレーティングシステムのグループのブランド名です。Microsoftサーバーの一部として、2008年にMicrosoft社に発行され、作業をリリースされました。理解しやすい言葉で:Small Business Server 2008とは、ビジネスユーザーの為に、特別にデザインされたOSで、中小企業に幅広く使用されます。

なぜSBS 2008バックアップが必要ですか

SBS 2008は企業で一般的に使用されるので、ここはビジネスレコード、重要なソフトウェア、分類されたファイルと貴重な顧客の情報を全てサーバーコンピューターに保持するいい機会があります。だが、そのデータをいずれも紛失すると、会社に莫大な経済損失をもたらすので、失って行けません。

不幸なことに、システムクラッシュ、ディスク崩壊、ウイルス攻撃やヒューマンエラーなどのたくさん嫌な事故によって、データを簡単に損失します。つまり、全てのデータは、色々な意外な状況に対して、脆弱であるので、サーバーコンピューターに保持された重要なレコード/ソフトウェア/ファイルとドキュメントを失うに苦しむ可能性が高いです。事故を避け、損失を減少する為に、SBS 2008バックアップソフトウェアをインストールするのを非常にお勧めします。

SBS 2008バックアップソフトウェアは何ができますか

市場にSBS 2008バックアップソフトウェアがたくさんあります。それらのほどんどはフレンドリーで、使いやすいです。AOMEI Backupperを例にして、サーバーコンピューターの為に、特別なインストールパッケージを提供します。基本的に、AOMEI Backupperは3つのバックアップモードがあります:ディスクバックアップ、パーティションバックアップとシステムバックアップ。各モードに、ユーザーが、増分バックアップ、差分バックアップ、フルバックアップ、スケジュールバックアップなどのより多くの機能を選択できます。

AOMEI Backupper

一言で、お使いのコンピューターの為に、SBS 2008バックアップソフトウェアを持つのは重要かつ必要なことです。専門のバックアップソフトウェア‐AOMEI Backupperを使用するのをお勧めします。それは、データの保護において、効率的な実用的な効果があります。