By AOMEI / 最後の更新 2020年08月28日

Windows Server 2011について

Windows SBS 2011

2010年11月13日にてWindows SBS 2011の二つのバージョンがリリースされていました。この二つのバージョンはServer 2008 R2に基づいたもので、WPC 2010の後継者です。Windows SBS 2011 Standard 、Windows SBS 2011 Essentialsと名付けられます。そして、SQL Server 2008 R2のスタンドアロンコピー、Windows Server 2008 R2を含む高級版が出ました。それはWindows SBS 2011 Standardに追加されても、Windows SBS 2011 Essentialsに追加されても利用できます。

Windows Home Server 2011

「Vail」のコード名付きのWindows Home Server 2011は、2011年4月6日にリリースされました。これはホーム向けのHome Server OS版ですから、いくつかのPCを接続することで、ファイル共有、リモートアクセスなどを提供してくれます。これは「メジャーリリース」と思われていますが、x84-64ハードウェアをサポートするしかありません。

ディスクバックアップと復元の重要性

「data is heart of the enterprise」(データは企業の中心)という諺のように、データは非常に重要ですから、機密データの安全性を無視できません。さらに、コンピューター技術の急速な発展に伴い、ウイルスが段々出現してきます。だから、データの安全性を確保するために、OSの再インストールを避けるために、Windows Server 2011向けに、簡単かつ安全にデータをバックアップ&復元できるディスクイメージソフトウェアは必要なものとなります。

強力なディスクイメージツール:AOMEI Backupper

AOMEI Backupperは、立派なディスクイメージソフトウェアだとされています。パーティション/ディスクのバックアップ/復元、ディスク/パーティションのクローン、イメージチェック、イメージファイルエクスプローラー、ブータブルCD、CD へのバックアップ、起動可能なCDからの復元などの操作は全部できます。その中、AOMEI Backupper ServerはWindows Server向けの専門バージョンです。これを使用して一つのWindows Serverインストールメディアを作成すれば、すべてのWindows Server OSで使用可能です。

このサードパーティ製のソフトウェアは複数のフル・増分・差分バックアップスケジュールを思うなりに実行することができます。バックアップ対象にはボリュームだけでなく、個人ファイルやフォルダ、システム、HDD全体までも含めます。さらに、ディスクイメージをSSDに作成する場合、「SSD 4Kアライメント」をオンにしたら、SSDの読み取り速度を大幅に向上させることができます。では、例をとして、ディスクイメージの作成と復元の操作を実行してみましょうか!

AOMEI Backupper Serverについて

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)、Windows SBS/2008/2011、およびWindows PCシステムをサポートします。


無料体験

Serverユーザー用

ダウンロード数が2千万回を超えた

パート 1. ディスクイメージを作成する方法

その前に、AOMEI Backupper Serverをダウンロードしてくださいね。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、バックアップしたいディスクを選択します。

ソースディスク

ステップ 3. そして、ターゲットパスを選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. ニーズに応じて、「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定することができます。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックしてから、バックアップが実行されます。

開始

次は、システムがクラッシュした場合、ディスクイメージを復元しようとする方法を説明します。

パート 2. ディスクイメージを復元する方法

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverのホームページで「復元」、「タスクを選択」をクリックします。

復元

ステップ 2. 「Disk Backup」を選択し、「次へ」をクリックします。

ディスクバックアップ復元

ステップ 3. 必要に応じて二つの選択肢から1つを選択します(ここでは、「ディスク全体を復元」を例とします)。

ディスク全体を復元

ステップ 4. 復元先のディスクを選択します。

復元先を選択

ステップ 5. ターゲットディスクはSSDの場合、「SSD 4Kアライメント」をオンにします。そして「開始」をクリックします。

開始

ヒント:このバージョンは1台のサーバーパソコンだけをサポートします。データとOSを継続的に保護したい場合、AOMEI Backupper Technicianのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。これは無制限のPCまたはサーバーで使用できて、とても評判になっています。弊社のメールは「[email protected]」で、何か問題があったら気軽にお聞きください。最後までありがとうございました。