Windowsを再インストールせずにWindows Server 2016のHDDをクローンします

OSまたはインストールされたプログラムを再インストールせずにWindows Server 2016のHDDをクローンする最も簡単な方法を学びます。

ゆき
July 24, 2019

Windowsを再インストールせずにWindows Server 2016のHDDをクローンします

より大きなドライブまたはSSDにHDDをアップグレードします

Windows Server 2016を実行しているユーザーにとって、より大きなドライブまたはSSDでHDDを置き換えるのは簡単に管理できる大規模なアップグレードです。時間が経つにつれて、大きなHDDとSSDは以前より安くなってきます。だから、今はより良い性能を得るためにHDDをアップグレードする最高のところです。OSとプログラムを再インストールする時間を費やすことを恐れる場合、ディスククローンソフトウェアを使用して新しいHDDにWindows Server 2016のHDDをクローンできます。この方法で、新規インストールより少ない時間がかかります。それにより良い性能を取得できます。

Windows Server向けの最高のクローンソフトウェア

手間を節約するために、サーバー向けの完璧なHDDクローンソフトウェアを見つけなければなりません。Windows ServersのためにデザインされたAOMEI Backupper Serverは最高の選択肢であるかもしれません。それは小容量ディスクに大容量ディスクをクローンする機能を提供するし、SSDを最適化できます。これを利用して、SSDへHDDのクローンはとても便利です。また、それは宛先ディスクをMBRに変換せずに直接にGPTにMBRをクローンすることをサポートします。これは非常に有用です。ほとんどの大きなHDDはGPT(GUIDパーティションテーブル)で初期化された2TB以上の容量を持って、ユーザーは2TB以上のディスクスペースを失いたくないためです。更に、それはファイルシステムの他に多くのストレージデバイスをサポートします。何か問題が発生するなら、それはシステムバックアップと異なるハードウェア復元も実行できます。要するに、Windows Server 2016を実行しているユーザーにとって、AOMEI Backupperは最高のHDDクローンソフトウェアです。

Windows server HDDをクローンする方法

AOMEI Backupperの直感的なインターフェイスなのでHDDのクローンは簡単に実行されることができます。複雑な設置が必要ではなくて、数回だけのクリックを要求します。AOMEI BackupperでHDDをクローンします:

1. このソフトウェアをダウンロードして実行します。

2. 「クローン」タブで「ディスククローン」をクリックします。

3. 次のスクリーンで、クローンしたいHDDをクリックして、「次へ」をクリックします。

4. そして、宛先ディスクを選択して、クリックします。「次へ」をクリックします。

5. 操作概要スクリーンで、「開始」をクリックして、クローンプロセスを始めます。

宛先ディスクがSSDである場合、クローンが開始する前に「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックします。SSDはソースディスク上の使用されたスペースのために十分ではない容量を持っている場合、システムクローンを使用して他のHDDにOSを転送できます。どんな状況にいても、AOMEI BackupperはOSを再インストールせずに成功にWindows Server 2016のHDDをクローンできます。