無料バックアップソフトウェアでWindows 8/8.1HDDをバックアップする

Windows 8/8.1HDDバックアップの理由

今、沢山の人はWindows 8/8.1のOSを使用しています。時間を経つに連れて、Microsoftが最新のWindows OS‐Windows 10をリリースしました。それで、多くのユーザーは古いWindows 7やWindows 8/8.1システムをWindows 10にアップグレードしたいです。しかし、システムをアップグレードする前に、Windows 8/8.1HDDをバックアップしたほうがいいです。アップグレードが失敗なら、どうしますか。ヒューマンな要因やソフトウェアの互換性などのたくさん予想外の原因で、システムのアップグレードが失敗し、またはシステムのクラッシュとデータの破壊、全体HDDの壊れまでも起こるかもしれません。予測できる損傷を最小限にするために、Windows 8/8.1HDDをバックアップするのは必要です。そうすると、HDDが壊れても、データは安全です。

Windows 8/8.1HDDバックアップの方法

前述のように、Windows 8/8.1HDDをバックアップすると、大きなトラブル(例え:ディスクが壊れること)から抜け出すことができます。さて、Windows 8/8.1HDDバックアップ向けのフリーウェアがありますか。コンピューターのディスクをバックアップするために、多くのソフトウェアがありますけど、ほとんどは支払う必要があります。ここでは、サードパーティ製のソフトウェア‐AOMEI Backupper Standardを非常に推薦します。このツールは、Windows PCユーザーのためのフリーウェアで、強力な機能を持って、数回クリックでディスクをバックアップできます。または、Windows XP/Vista/7/8/8.1/10をサポートできるので、Windows 10にアップグレードした後でも、使用することができます。どのように、AOMEI Backupper Standardでディスクをバックアップしますか。ここには、シンプルな手順があります。

ステップ1:AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、起動します。このフリーウェアの主なインタフェースが見えます。「バックアップ」タブで「ディスクバックアップ」をクリックします。

ディスクバックアップ

ステップ2:ディスクバックアップのウィンドウに移動します。「1」で、バックアップしたいディスクを選択できます。バックアップイメージを保存したい宛先パスを選択します。ここでは、別のローカルディスクや外付けHDDに、ネットワーク(NAS)にバックアップできます。「開始」をクリックして、操作を実行します。

ディスクを選択

ステップ3:進行状況は100%に達すると、「完了」をクリックします。

バックアップ完了

ノート:

ステップ2の時、インタフェースの下部に2つのオプションが見られます:「オプション」と「スケジュール」です。「オプション」をクリックして、ディスクバックアップのために、より多い設定があります。例えば:コメントを追加すること、ファイルにパスワードを与えることです。「スケジュール」は自動バックアップを設定することができます。「普通」タブに、デーリー、ウィークリー、マンスリーのスケジュールバックアップを作成できます。「詳細」タブに、フル、増分や差分バックアップを選択できます。

外付けHDDにバックアップしたい場合、事前に、バックアップイメージを格納することに十分である外付けHDDを準備しなければなりません。

NASにバックアップしたい場合、それを見つけられるように表示名とパスを覚えておく必要があります。

AOMEI Backupperは使いやすいインタフェースを持って、非技術者でも、一人で完成できます。それを使用して、バックアップの以外、システム復元、コンピュータークローン、ブータブルメディアなどを作成できます。