By Comnena / 最後の更新 2020年09月23日

OSのみをSSDにクローンする必要性

最近、新しいSSDドライブを購入し、それをWindows 7システムドライブにして、すべてのWindowsインストールといくつかのプログラムとゲームを保存するだけで、起動速度とアプリの実行速度が速くなります。SSDは120 GB、システムパーティションは150 GBですが、使用されるのは50 GBだけなので、十分なスペースがあります。このパーティションをSSDにクローンしても安全か、HDD全体ではなくOSパーティションのみをクローンできるかどうかはわかりません。

--実例

解答:ご存知のように、コピーと貼り付けの単純な機能を使用して、オペレーティングシステムと一部のアプリケーションを移行することはできません。移行後、アプリケーションやプログラムが正常に動作しない場合があるため。

一部のユーザーは、Windows組み込みの「バックアップと復元」を選択して、OSパーティションをSSDにクローンします。つまり、最初にシステムをバックアップしてから、新しいSSDに復元する必要があります。しかし、これは時間がかかり、退屈な作業です。そして、2つのタスクの間に、一時的に保存する場所(サイズが小さくない)が必要です。簡単にするために、ディスククローンソフトウェアを使用してWindowsのみをSSDにクローンすることを選択できます。

最高のクローンソフトウェア-AOMEI Backupper Professional

強力なSSDクローニングソフトウェアであるAOMEI Backupper Professionalは、「OSのみをSSDにクローンする」という問題を解決するための最良の戦略と見なされています。

再インストールせずにOSのみをSSDにクローンするのに役立ち、安全な起動を保証します。新しいSSDでも、通常と同様のWindowsオペレーティング環境をお楽しみいただけます。
✦ 大きなHDDから小さなSSDにOSのクローンを作成することもできます。選択したシステムドライブのすべてのセクター(通常はC:ドライブ)をターゲットにクローンする場合は、「セクター単位のクローン」を指定できます。

AOMEI Backupper ProfessionalはWindows 10/7/8/8.1/Vista/XPでうまく機能します。ユーザーフレンドリーなインターフェースにより、数回のクリックでクローン作成ジョブを完了できます。次の部分を確認して、Windows 7のみをSSDにクローンする方法の詳細な手順を確認してください。

Windows 7でSSDにOSパーティションのみをクローンする方法

AOMEI Backupper Professionalをダウンロードしてインストールし、手順に従ってWindowsのみをSSDにクローンします。例として、Windows 7でOSパーティションのみをSSDにクローンする方法を取り上げます。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動し、メインインターフェースの左側にある「クローン」オプションをクリックします。次に、「システムクローン」を選択してシステムをクローンします。

ステップ 2. システムドライブと関連ドライブがデフォルトで選択されています。OSパーティションのクローンを作成するターゲットパーティションを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

▶注意:新しく選択した場所がパーティションである場合、AOMEI Backupperは自動的にウィンドウをポップアップし、そのパーティションを削除または上書きするかを尋ねます。操作を続行するには「はい」をクリックします。このパーティションに重要なデータがある場合は、「キャンセル」をクリックして、現在の操作を終了し、最初にバックアップすることをお勧めします。

ステップ 3. SSDのパフォーマンスを向上させ、寿命を延ばすために、「SSD 4Kアライメント」オプションにチェックマークを付けてください。この操作を確認したら、問題なければ「開始」をクリックします。

ステップ 4. クローン作成後、BIOSに入り、新しいSSDを最初の起動ディスクとして設定するか、古いHDDを新しいものに交換して、クローンしたSSDから起動します。

結論

Windows 7でOSのみをSSDにクローンする方法は以上です。AOMEI Backupperソフトウェアは、クローニング以外にも、システム、ディスク、パーティション、および重要なデータを保護および管理するための完璧な方法です。

コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、高級機能を求めない場合、無料版はいつまで利用しても構いません。最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@