By ゆき / 最後の更新 2019年08月16日

NASとは

NASはネットワークアタッチトストレージの略語です。それはネットワークに接続する外付けストレージ装置です。複数のユーザーとコンピューターはそれを利用してネットワークにデータを保存したり、共有したりできます。NASはより速いデータアクセスを可能にしますし、より簡単な管理を提供しますし。また、ファイルサービスと比べて、より基本的かつ直接な設定を提供します。そのため、NASはコンピューターの分野で重要な役割を果たしそうです。

なぜNASにWindows 7をバックアップしますか

システムバックアップは実際に全てのユーザーにとって必要なものです。コンピューターは長時間作業していた後、いくつかの失敗を回避することができません。例えば、ディスクは不良セクターを取得します。あるいはシステムは突然に起動できません。また、誤って重要なファイルを削除します。そんなことが発生したら、再インストールに時間を非常に費やすかもしれません。多くの人はWindows 7を使用するので、他のHDDにをれをバックアップすることを考えます。しかし、外付けHDDは破壊されたらどうしますか。そして、NASにWindows 7システムをバックアップするのは賢い選択肢です。NASは安全なオフサイトの場所にバックアップを保存して、HDDが失敗する時、紛失とダメージからデータを保護できます。そのため、システムをもう一度インストールする必要がありません。

無料AOMEI BackupperでNASにWindows 7をバックアップする方法

AOMEI Backupper Standardは強力なバックアップ&復元フリーソフトであり、異なるバックアップ種類と「復元」、「クローン」などの機能を提供して、データとシステムを保護します。また、Windows 7だけでなくWindows 8/8.1/10をサポートします。このプログラムは自由かつ簡単にNASにWindows 7をバックアップすることができます。まず、それをダウンロードして、インストールする必要があります。

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動します。「バックアップ」テーブルで「システムバックアップ」を選択します。ディスク全体をバックアップしたいなら、「ディスクバックアップ」を選択してください。

システムバックアップ

ステップ 2. よりいい区別のためにタスク名をつけます。ここではCドライブがデフォルトソースです。そのため、バックアップ先を決めることだけが必要です。

タスク名

ヒント:オプション」は自分の要求によって設定されることができます。

ステップ 3. 「2」をクリックして、「Share/NAS」を選択します。

Share Nas

ステップ 4. 「Share/NASデバイスを追加」をクリックします。

デバイスを追加

ステップ 5. ポップアップで、要求された情報を入力して、NASを追加します。

Fill In

ステップ 6. 追加が完了する時、NASに全てのフォルダは表示されます。一つをターゲットパスとして選択します。そしてWindows 7をNASにバックアップするのを「開始」できます。

一般的に、NASにWindows 7をバックアップするのは多くのローカルストレージ容量を節約し、バックアップイメージの安全性を確認できます。NASは小型ビジネスユーザーによってファイルサービスとして主に使用されますが、家庭版もあります。