By Machi / 最後の更新 2022年04月11日

Windows10 HDDゴーストの必要性

「なぜWindows10 HDDゴーストは必要ですか」という質問を考えたかもしれません。Windows10のOSを保護することだけに注意するのは足りません。実際に、Win10だけでなく、全体HDDのバックアップを作成する必要があります。どうして。事故はいつか発生するか分かりません。時々、ウイルスとハッカーの攻撃からWindows10が苦しむかもしれません。時々、誤った操作をするかもしれません。更に、ハードウェアとソフトウェアは応答に失敗するかもしれません。これらの原因で起こすデータ損失を回避するために、最も効率的な方法は事故が発生する前にWindows10 HDDゴーストを作成することです。

Windows10 HDDゴーストの方法

それでは、本題に入りましょう。Windows10 HDDをゴーストしたいなら、どのようにこの目標を達成しますか。幸いなことに、市場はそれぞれのバックアップニーズに対して、様々なツールを提供します。これらのツールの中に、AOMEI Backupperは最高のものです。

AOMEI Backupperは5つのエディションの総称です:Standard、ProfessionalServer、Technician、Technician Plusです。各エディションは、バックアップ、復元とクローンに関連する基本的な機能を提供します。各後者は前者よりも上級です。

standardエディションと比べて、Professionalエディションはコマンドラインバックアップ、バックアップディスクスペース管理とイメージマージの余分な機能を提供します。それで、HDDをより上手く管理できます。AOMEI Backupper Professionalは、新しくリリースされたWindows10を含む全てのWindows PCOSをサポートします。

次の手順に従って、Windows10 HDDをゴーストしましょう!§(* ̄▽ ̄*)§

ステップ 1. 保存先としてのHDDをパソコンに接続します。AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールして起動します。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. 「バックアップ」タブ→「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 3. 「ディスクを追加」をクリックし、バックアップしたいディスクを選択し、「追加」をクリックし、確認します。

追加

ステップ 4. フォルダアイコンまたは、逆三角形アイコンをクリックし、保存先を選択します。内蔵/外付けハードディスク、USBドライブ、NAS、クラウドストレージなどのストレージデバイスに対応しています。

保存先

ステップ 5. すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:
バックアップファイルの圧縮レベル/暗号化、バックアップ完了後のメール通知を設定したい場合、「オプション」をクリックしてください。
時には新しく追加されたデータをバックアップしたいなら、「スケジュール」をクリックし、自動バックアップを設定できます。
増分バックアップは最も省スペースな方法なので、AOMEI Backupperはそれをデフォルトバックアップタイプとして設定します。他のバックアップタイプ(フル/差分バックアップ)に変更したい場合、「スキーム」で設定を変更できます。また、「スキーム」では、古いバックアップの自動削除を設定できます。これを有効にすれば、保存先に十分な空き容量があるのを確保できます。

作成されたバックアップを復元したい場合、「復元」をご利用ください。

時々、Windowsが起動できない問題に遭うことがあり、「ツール」→「ブータブルメディアの作成」で、起動可能なUSB/CD/DVDを作成するのをお勧めします。そのUSB/CD/DVDからパソコンを起動し、バックアップを正常に復元できます。

また、USB/CD/DVDがなければ、あらかじめ「ツール」→「回復環境」で回復環境を作成するのもよいです。回復環境を作成した後、「AOMEI Backupper回復環境」がブートメニューに追加されます。パソコンを再起動してから、それを選択し、バックアップの復元を通常通り実行できます。

回復環境