By Akira / 最後の更新 2022年03月22日

Windows 10にある32bitと64bitとは?32bit版と64bit版の違い

Windows 10は32bit版と64bit版の2種類が販売されています。なんとなく数字が大きい方が、性能がよさそうに思えますが、実際には何を意味しているのでしょうか?

windows 10

Windows 10の32bit版と64bit版の意味

PCが一度に扱えるデータの大きさは、CPU(中央処理装置)によって決まります。PCの性能の進化に伴い、8→16→32→64と、順次拡張されてきました。新たに販売されているPCは、ほぼすべて64bitのCPUを搭載しています。

32bit処理のPCには32bit版のWindows 10を、64bit処理のPCには64bit版のWindows 10を搭載するのが望ましいのですが、32bit版Windowsに対応したアプリやデバイスを使用したい場合、64bit処理のPCに32bit版のWindowsを搭載することがあります。

32bit版と64bit版の違い

32bit版と64bit版にはPC運用上の違いが有ります。32bit版では次のような制約が生じるため、PCを買い替える際は64bit版のWindows 10をおすすめします。

1. 処理速度の違い

PCの性能の指標の一つに、一秒間に何回の計算ができるかと言う値があります。処理速度に影響を与える要素は他にもありますが、一秒間に同じ回数の計算ができるのであれば、一度に扱えるデータが大きい64bit版の方が高速で処理できます。

2. RAMの制約

PCが処理を行う場合、ストレージのデータをRAM(半導体メモリ)に読み込んでから処理を行います。RAMの容量が大きい程処理が速くなりますが、32bit版は最大4GBまでしかRAMを認識できません。画像や動画などRAMを多く使う処理を行う場合は不利となります。

3. HDDの制約

32bit版のWindows 10では、システムをインストールするHDDの容量は最大2TBまでしか使用できないと言う制約が有ります。データ用ストレージは2TB以上のものも使用できます。

Windows10 64Bit HDDをクローンする原因

ご存知のように、ウイルス攻撃、システムクラッシュ、HDD損害などの原因でデータ損失を起こします。Windows10 64Bitシステムのデータを安全に保つために、HDDのクローンを実行する必要があります。

また、HDDのアップグレード、データの移動、ディスクの複製、データの復元を作成したい時、HDDをクローンするのは役に立ちます。

さらに、Windows10を新しいHDDに移行する場合は、HDDをクローンして、オペレーティングシステムを再インストールする必要はありません。

Windows10 64Bit HDDをクローンする最高のソフト

Windows PCでHDDのクローンを作成するには、AOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。これは、32ビットと64ビットの両方のWindows10用のディスククローンを作成する強力なフリーソフトウェアです。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

このソフトは、次のいくつかのメリットがあります:

すべてのWindowsシステムに対応32ビットと64ビットの両方のWindows Vista/XP/7/8/8.1/10/11を含むすべてのWindows PC OSをサポートします。
多様なクローンモードディスククローン、パーティションクローンをサポートしています。AOMEI Backupper Professionalにアップグレードして、システムクローンの機能を利用できます。ユーザーの異なるニーズを満たすことができます。
全メーカー製、全種類のSSD/HDDに対応Crucial、SAMSUNG、東芝、Sandisk、Kingstonなど全メーカー製のSSD/HDDに対応しています。SATA/M.2/mSATA SSD、外付けSSD/HDDなど全種類のSSD/HDDをサポートしています。
大容量ディスクから小容量ディスクへのクローンが可能デフォルトで、クローン先に使用されているセクターのみクローンする「インテリジェントクローン」でクローンを実行するので、大容量ディスクから小容量ディスクへのクローンが可能です。また、この機能は不良セクターをスキップできます。クローンにかかる時間を節約できますし、クローン完了後の正常起動も確保できます。
SSDのパフォーマンスを向上「SSD 4Kアライメント」という機能をサポートしています。ターゲットディスクがSSDである場合、この機能を有効にすると、クローン完了後、SSDの読み込み速度と書き込み速度を向上させることができます
操作簡単数回のクリックだけでクローンを実行できます。初心者でも気軽に使えます。
バックグラウンドで実行クローンはバックグラウンドで実行できるので、クローンしている時に、パソコンを通常通り使えます。

......

しかし、起動ディスクをGPTからMBRへ、GPTからGPTへ、MBRからGPTへクローンする場合、個人PC向けProfessional版またはビジネスPC向けWorkstation版にアップグレードしてください。また、サーバーで使用可能なServer版や企業の台数無制限のパソコン向けTechnician Plus版もあります。➨もっと詳しく

Windows10 64Bit HDDをクローンする方法

クローンする前の準備

クローンの作成中にターゲットディスクのデータがすべて上書きされるため、重要なデータがあれば、事前にバックアップを取っておいてください。

クローン先のディスクがダイナミックディスクである場合、事前にダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する必要があります。

ターゲットドライブとしてのSSD/HDDをコンピューターに接続します。ノートパソコンの場合、USB変換ケーブルが必要です。

Windows10 64BitのPCにAOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストールします。

では、以下の手順に従って、AOMEI Backupper StandardでWindows10 64Bit HDDをクローンしましょう:

1. AOMEI Backupper Standardを起動します。「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

2. ソースディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

3. データを保存するターゲットディスクを選択して、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

4. 注意事項を読んだ後に「はい」をクリックして続行します。

注意事項

5. 次の画面で「開始」をクリックして、ディスククローンを実行します。

操作概要

補足:
パーティションを編集:「パーティションのサイズを変更せずコピー」「各パーティションに未使用領域を追加」「パーティションのサイズを手動で変更」3つのオプションがあります。AOMEI Backupper Professionalにアップグレードして、最後の2つのオプションを使用して、ターゲットディスクのパーティションのサイズを調整できます。
「セクター単位のクローン」は、使用・未使用に関わらず、ディスクの全てのセクターをコピーするので、より多くの時間がかかります。
クローン先がSSDである場合、SSDのパフォーマンスを向上させるために、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れてください。

クローンしたSSD/HDDからシステムを安全に起動する方法

クローン完了後、クローンしたSSD/HDDからシステムを起動するには、あと1つの作業を行う必要があります。それは、「BIOS」で起動順位を変更することです。詳細については、読み続けてください。

1. パソコンを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、メーカーによって特定のキーを押して、「BIOS」に入ります。

BIOS起動キー

2. 「Boot」タブに移動し、クローンしたSSD/HDDを最初に起動するドライブとして設定します。

boot

ステップ 3. 「F10」キーを押して、設定を保存し、終了します。

これで、パソコンは新しいSSD/HDDから起動します。

補足:ディスククローンを作成した後、ブート問題を解決

クローン作成後、一部のユーザーからSSDが起動しないとの苦情が寄せられています。ここでは、その理由と問題を解決する方法を紹介します。

起動順序が正しくない:SSDが最初の起動順でない場合、SSDからPCをロードすることはできません。起動順序が正しいかどうかを確認するには、コンピュータを再起動し、プロンプトキーを押してBIOSに入り、SSDを起動順序の優先順位に設定し、F10キーを押して変更を保存してください。最後に、あなたの問題が起動順序に関連していた場合、コンピュータはSSDから起動するようになります。
GPT/MBRの競合:ソースディスクとターゲットSSDのパーティション構造が異なるか、ブートモードが正しく設定されていないことを意味します。GPTからMBRにクローンする場合、またはMBRからGPTにクローンする場合、この衝突が発生して、コンピュータが起動できなくなる可能性があります。クローン元とクローン先のディスクのパーティション構造が同じであることを確認してください。その上、MBRディスクはBIOSのLegacyモードからしか起動できないが、GPTはUEFIモードから起動する。正しい起動モードを設定し、正常に起動できるようにします。または、GPTディスクから起動するために、LegacyブートモードをUEFIブートモードに変更します。
SSDを間違ったHDDを搭載したPCにインストール:ディスクイメージまたはシステムイメージがある場合、「ユニバーサル復元」でSSDにイメージを復元してみることができます。
クローン作成に問題が発生:クローン作成処理に予期せぬ問題が発生しました。エラーが修正されたかどうかを確認するために、処理を再試行することをお勧めします。

また、HDDをSSDにクローンして、SSDを新しいパソコンにインストールする場合、Windows 7/8/10/11 OSをアクティベートする必要があり、オリジナルのプロダクトキーを使ってアクティベートするか、Microsoftに相談してください。

まとめ

Windows10 64Bit HDDをクローンする方法は以上です。フリーソフトAOMEI Backupper Standardを利用して、数回クリックするだけでHDDのクローンを作成できます。全ての操作はとても簡単です。また、このソフトを利用して、mSATA SSDを別のmSATA SSDにクローンすることができます。興味のある方は、ぜひダウンロードして試してみましょう。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@