【機種変更】iPhoneからiPhoneにデータを移行する方法

新しいiPhoneを手に入れたら、前のデータを失いたくないはずです。この記事にでは、古いiPhoneから新しいiPhone 15/14にデータを移行する4つの方法を提供します。iPhoneからiPhoneにデータを完全または選択的に移行することもサポートします。

Zoe

By Zoe / 更新日 2023年09月15日

共有: instagram reddit

iPhoneからiPhoneに機種変更の際、データ移行が必要ですか?

新しいiPhone、特に驚くべき新機能が搭載された最新のiPhone 15を手にするのはとてもわくわくしますよね。Proモデルでは、錠剤の形をしたノッチに置き換わった常時点灯ディスプレイ、改良された4,800万画素のワイドレンズ、より高速なRAMなど、多くの新機能が期待されています。

iPhoneからiPhoneに機種変更

※ iPhone 15/14についての注意事項

アメリカのiPhone 15/14は、SIMカードスロットを削除し、SIMをeSIMに置き換えていることを知っておく必要があります。eSIMは、デバイスチップに直接埋め込まれた仮想SIMカードにプラグ可能な物理SIMカードをオンにします。

そのため、新しいiPhone 15/14のユーザーで、SIMカードに連絡先を保存している場合は、SIMカードをeSIMに変換する前に、iPhoneの連絡先をバックアップ/転送することをお勧めします。そうすれば、機種変更後に連絡先を新しいiPhoneに復元または転送することができます。

新しいiPhoneに機種変更するとき、写真、ビデオ、メッセージ、連絡先、アプリのデータ、設定など、古いiPhoneのすべてを失いたくないですよね。多くのユーザーが「古いiPhoneから新しいiPhoneにすべてを切り替えるにはどうすればいいのか?」と問います。慌てないでください。この記事は、iPhoneからiPhoneに機種変更の際に、データを失わずに移行できる4つの方法を挙げてみます。具体的には、FoneToolやクイックスタートでiPhoneからiPhoneにデータを直接移行する方法、またはiCloudやiTunesを使ってデータをバックアップおよび復元する方法です。

方法1:FoneToolでiPhoneからiPhoneにデータを移行する

FoneToolはプロなiOS転送ツールとして、古いiPhoneから新しいiPhoneに写真、ビデオ、メッセージ、連絡先、音楽、アプリデータ、通話履歴、システム設定などのすべてのデータを迅速かつ簡単に転送することが可能です。

他のツールと比べて、より多くの機能を備えて、USBで古いiPhoneのデータを新しいiPhoneに転送するための最良の選択です。

★ 完全または選択的に転送できる:新しいiPhoneにすべてのデータを移行することもできますし、写真、ビデオ、メッセージ、連絡先などのデータを選択的に移行することもできます。
★ iPhoneをワンクリックで移行できる:インターフェースが使いやすくて、iPhoneの転送操作も簡単になります。iPhoneの移行をワンクリックで完了できます。
★ 高速なiPhone転送:FoneToolはより速いスピードを提供し、新しいiPhoneに迅速に移行することができます。
★ iOSバージョンを完全にサポートする:iOS 17/16を含むすべてのiOSバージョンをサポートし、iPhoneからiPad、iPadからiPhone、iPadからiPadへのデータ移行をサポートします。

次は、このソフトをダウンロードし、インストールしてから、下記のガイドをご参考して、使い方をご覧ください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

パート1:iPhoneからiPhoneにすべてのデータを移行する方法

ステップ 1. USBケーブルで両方のiPhoneをパソコンに接続します。FoneToolを実行し、「データ転送」セクションで「iPhoneからiPhone」をクリックします。

iPhone間の転送

ステップ 2. ソースデバイスとターゲットデバイスはリストされます。必要なら、バックアップを暗号化にすることができます。

転送

ステップ 3. 「転送開始」をクリックして、プロセスを実行します。

転送開始

✍注意:
● この方法は2本のUSBデータケーブルが必要です。USBデータケーブルが1本しかない場合は、「データバックアップ」の「完全バックアップ」機能を利用して、古いiPhoneを完全バックアップしてから、「バックアップ管理」でバックアップを新しいiPhoneに復元できます。
● ターゲットiPhoneのiOSバージョンはソースiPhoneより低くないことを確認してください。
● ターゲットiPhoneの空き容量がデータより大きい必要があります。

パート2:iPhoneからiPhoneにデータを選択して移行する方法

プロなiOS転送ツール以外、FoneToolはプロなバックアップ&復元ツールでもあり、データを選択的にバックアップし、別のiPhoneに復元することで、データを新しいiPhoneに部分的に転送することもできます。

ステップ 1. 古いiPhoneをコンピュータに接続します。FoneToolを実行し、「データバックアップ」>「個別バックアップ」をクリックします。

カスタムバックアップ

ステップ 2. 転送したいファイルタイプをチェックし、アイコンをクリックして特定のファイルを選択することができます。

ファイルを選択

ステップ 3. 特定の項目を選択し、「確認」をクリックします。

項目を選択

ステップ 4. バックアップストレージパスをクリックして、バックアップを保存する場所を選択します。そして、「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

ステップ 5. バックアップが完了したら、古いiPhoneを切断し、新しいiPhoneをパソコンに接続します。

ステップ 6. 「バックアップ管理」で先ほど作成したバックアップタスクを選択し、「復元」をクリックして、バックアップデータを新しいiPhoneに復元します。

バックアップ管理

方法2:クイックスタートでiPhoneからiPhoneにデータを移行する

クイックスタートは、iPhoneからiPhoneにデータを直接引き継ぐための公式方法です。iOS 12.4がリリースされる前、クイックスタートはWIFIやApple IDなどのいくつかの設定を移行できるだけでした。しかし、Appleは現在、iPhoneの完全な移行をより簡単にしました。iOS 12.4以降では、特別な準備をしなくても、写真や連絡先などのデータを新しいiPhoneに転送することができるようになっています。初期設定するときに、古いiPhoneを新しいiPhoneの隣に置く必要があります。

クイックスタートは、iPhone同士をかざすだけで新しいiPhoneの初期設定を行うことができる最も手軽なデータ移行方法だと言えます。ただし、この移行プロセスは多くの要因に影響されます。例えば、容量が大きい場合、移行に時間がかかることがあります。それに、時々iPhoneのデータ移行がいかない場合があります。iPhoneのデータを安定的に転送するには、方法1をより推薦します。

ステップ 1. 古いiPhoneを新しいiPhoneの近くに置いて、古いiPhoneのBluetoothをオンにします。

ステップ 2. 古いiPhoneが新しいiPhoneをApple IDで設定するように要求したら、「続ける」を選択します。

クイックスタート

ステップ 3. 新しいiPhoneの画像を古いiPhoneで読み取ります。

ステップ 4. 新しいiPhoneで現在のパスワードを入力します。

ステップ 5. 新しいiPhoneでTouch IDを設定します。

ステップ 6. iPhoneから転送を選択し、iPhoneを同じWi-Fiネットワークに接続します。

クイックスタートを使うメリット

  • 移行前と移行先のiPhoneのみでデータ移行ができる
  • パソコン、有料ストレージプランなどが必要ない

クイックスタートを使うデメリット

  • 容量が大きい場合、移行に時間がかかることがある

方法3:iCloudでiPhoneからiPhoneにデータを移行する

iCloudは、Appleが提供しているiPhoneとiPhoneのデータを同期できるクラウドストレージサービスです。iPhoneからiPhoneへの機種変更にともなうデータ移行の際には、iCloudのバックアップ機能を活用します。iPhoneの写真、ビデオ、メッセージ、その他のデータをバックアップするために、各ユーザーに5GBの空き容量を提供しています。ただし、5GB以上の容量を移行するには有料の追加ストレージが必要です。それに、iCloudバックアップはWi-Fi環境も必要です。このツールを使用すると、iCloudにバックアップを作成し、バックアップデータを新しいiPhoneに復元することができます。

iCloudのバックアップ内容を知っておく

アップル公式サイトによると、iCloudのバックアップ内容は以下の通りです。

  • アプリのデータ
  • Apple Watchのバックアップ
  • iPhoneの設定
  • ホーム画面とアプリの構成
  • iMessage、SMS
  • 写真、ビデオ
  • Appleのサービスで購入した履歴
  • 着信音
  • ビジュアルボイスメールパスワード

iPhoneから別のiPhoneにデータを移行したい場合、以下のステップに従ってください。

古いiPhoneデータをiCloudにバックアップする

ステップ 1. 古いiPhoneで「設定」にアクセスします。

ステップ 2. 「自分の名前」バナーをタップし、「iCloudバックアップ」をタップします。

iCloudバックアップ

ステップ 3. 「iCloudバックアップ」が有効になっていることを確認し、「今すぐバックアップ」をクリックします。

バックアップデータを新しいiPhoneに復元する

ステップ 1. 新しいiPhoneの電源を入れ、iPhoneの初期設定方法に従って、言語、地域、ネットワークなどを選択します。

ステップ 2. 「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。

iCloudバックアップから復元

ステップ 3. 作成した最新のバックアップを選択し、ガイドに従ってセットアップを完了します。

iCloudを使うメリット

  • 移行元と移行先のiPhoneのみでデータ移行ができる

iCloudを使うデメリット

  • Wi-Fi環境が必要
  • 5GB以上の容量を移行するには有料の追加ストレージが必要

方法4:iTunesでiPhoneからiPhoneにデータを移行する

iTunesとは、Windows・Macパソコン向けにアップルが提供しているソフトです。iTunesを利用するにはパソコンが必要ではありますが、Wi-Fi環境は不要です。iTunesを使用してアプリのデータを移行することができますが、古いiPhoneのデータをプレビューすることができませんし、iPhoneのデータを選択して移行することもできませんが、事前にiTunesにバックアップされる内容を知ることができます。iCloudに保存されている写真、ビデオ、音楽、メッセージなどのデータ、Touch IDの設定、およびApple Payの情報などはバックアップできません。

ステップ 1. iTunesをダウンロードし、古いiPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。「このコンピューターを信頼しますか?」と表示されたら、「信頼」をタップします。

ステップ 2. 左上にあるデバイスのアイコンをクリックし、「今すぐバックアップ」をクリックします。バックアップには数分ほどかかります。バックアップが完了したら、古いiPhoneを切断し、新しいiPhoneをコンピュータに接続します。

今すぐバックアップ

ステップ 3. 新しいiPhoneをパソコンに接続し、デバイスアイコンをクリックし、「バックアップを復元」をクリックします。

iTunesを使うメリット

  • 比較的短い時間でデータ移行が完了する
  • データを管理しやすい

iTunesを使うデメリット

  • パソコンが必要
  • バックアップを暗号化しないと全てのデータを移行できない

まとめ

古いiPhoneのデータはまだ使えるかもしれません。このガイドは、古いiPhoneから新しいiPhone 15/14にデータを簡単に移行する方法について説明します。もちろん、iCloudやiTunesを使用してバックアップと復元を行うか、またはクイックスタートを使用して直接データを移行することができます。必要に応じて最適な方法を選択できます。

これらの方法を比較すると、FoneToolはより良い選択です。FoneToolは、iPhoneのデータを完全または選択的に移行することができます。それに、古いiPhoneを販売したい場合、個人データを保護するために、iPhoneのデータを消去する機能も備えています。

Zoe
Zoe · 編集者
Zoeは、モバイルバックアップソフトの編集者です。iPhoneやiOSに関する最新ニュースを共有したり、役立つヒントを書いたり、あらゆる問題を解決するためのソリューションを提供することが好きです。 Zoeはアニメ、映画、インディーズ音楽が大好きです。余暇は家族と過ごすことが多い。