投稿者 Zoe /最終更新日 2022年09月07日

iTunesのバックアップを外付けHDDに移動したいですか?

情報技術の相互作用が増えるにつれ、データ情報が何らかの原因で破損したり、消えたりする状況も多くなって、人々はファイルをバックアップすることの重要性を知るようになりました。

大切なファイルを守るために、iTunesを使用してiPhoneをPCにバックアップすることができますが、それでも安心していないなら、iPhoneを外付けHDDにバックアップすることができます。ここではその方法について詳しく説明します。

iTunes

iTunesでiPhoneのバックアップを外付けHDDに移動する方法

iTunesはUSBでiPhoneをPCにバックアップするのにとても役立ちますが、iTunesバックアップに含まれる内容と、iTunesバックアップを外部HDDに保存する方法を知っておく必要があります。

iTunesは非常に厳しく、バックアップのデフォルトパスを変更するボタンを見つけることができませんでした。それは常にCドライブに保存されているからです。しかし、起動ドライブがいっぱいになり、コンピュータの性能に影響を与えかねます。実際、iTunesのバックアップの場所を変更する方法は一つあります。

Windows PCでiTunesを実行する場合は、Windowsのルールに従わなければならないので、「mklink /d」コマンドを使ってデフォルトのバックアップの場所を変更することができます。具体的な移動方法に入る前に、まず知っておきたいことをお伝えします。

★ iTunesのデフォルトバックアップの場所はC:\Users\[user name]\Apple\MobileSync\Backup or C:\Users\[PC name]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backupで、Microsoft StoreからiTunesをダウンロードした場合は、最初のパスにバックアップを見つけることができます。
★ iTunesのバックアップ場所を変更すると、以前のバックアップが失われる可能性があります。もちろん、以前のバックアップを別のパーティションにカットすることはできますが、新しい保存先に移動した後は利用できなくなる可能性もあります。

iTunesのバックアップ先を変更するには:

ステップ 1. 外付けHDDをコンピュータに接続します。

ステップ 2. Backupフォルダ内のすべてのファイルを削除し、外付けHDDにMobileSyncという空のフォルダを作成します。

ステップ 3. Windowsの検索バーにCMDと入力し、CMD.exeを開きます。

ステップ 4. mklink /J “C:\Users\[PC name]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup” “E:\MobileSync” と入力しEnterを押します。ドライバの文字はお好みでよいです。

iTunesのバックアップ先を変更

パスの変更に成功したら、iTunesでiPhoneを外付けHDDにバックアップする作業を開始します。

ステップ 1. 外付けHDDを接続します。iPhoneをUSBでパソコンに接続し、「信頼」をタップします。

ステップ 2. iTunesの左上にある電話型のボタンをクリックし、サイドバーの「概要」をクリックします。

ステップ 3. 「今すぐバックアップ」をクリックし、手動バックアップを開始します。

今すぐバックアップ

☛ヒント:コンピュータに保存されたバックアップを暗号化にしたい場合は、「iPhoneバックアップを暗号化」を選択します。暗号化されたバックアップはロックアイコンとして表示され、そのバックアップから復元するためにはパスワードが必要です。

iTunesのバックアップファイルはプレビューすることができないです。また、Appleはユーザーがバックアップフォルダ内のファイルを追加、削除、変更しないことをお勧めします。もし、このプロセスが複雑だと思われる場合は、次のセクションでiTunesを使わずにiPhoneをバックアップする方法をご覧ください。

iTunesなしでiPhoneを外付けHDDにバックアップする方法

実際には、プロのバックアップソフトーFoneToolは、iPhoneを外付けHDDに直接バックアップするのに役立ちます。FoneToolを使用すると、写真、連絡先、音楽、動画、メッセージなど、iPhoneを外付けHDDに直接バックアップできます。

また、FoneToolは、シンプルなペインでiPhoneを簡単にバックアップおよび復元できます。優れたエクスペリエンスを提供し、ユーザーのニーズに合わせて柔軟に選択でき、広告なしで完全無料でご利用いただけます。

★ ファイルのプレビュー:電話をバックアップまたは復元するときはいつでも、ファイルをプレビューして、必要なものを選択できます。
★ 外付けHDD:バックアップ先を簡単に変更して、複雑なコードなしでiPhoneを外付けHDDに直接バックアップできます。
★ 幅広い互換性:iPhone 4から最新のiPhone 14 Pro MaxまでのほとんどのiPhoneモデルをサポートし、最新のiOS 16と完全に互換性があります。

iPhoneを外付けHDDにバックアップするには:

ステップ 1. FoneToolを無料でダウンロードし、外付けHDDをコンピューターに接続します。iPhoneをUSBケーブルでコンピューターに接続し、「信頼」をタップします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. FoneToolを起動し、ツールバーの「データバックアップ」>「個別バックアップ」をクリックします。バックアップするデータの種類をクリックしてデータをプレビューします。必要なデータを選択したら、「確認」をクリックして戻ります。

データをプレビュー

ステップ 3. 「バックアップストレージパス」でバックアップ先を外付けHDDに変更し、「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ先を変更

☛ヒント:
◆ 「バックアップ管理」で目のアイコンをクリックして、PCでバックアップを表示・ビューできます。
◆ このバックアップからiPhoneを復元するには、「...」をクリックして「復元」を選択する必要があります。
◆ このiPhoneバックアップは別のコンピューターで使用することもできます。

結論

確かに、Windowsコマンドを使用してiTunesバックアップを外付けHDDに保存することもできますが、FoneToolの方がはるかに便利です。FoneToolは使いやすいのほか、完全に無料で使えます。写真、動画、音楽、連絡先、メッセージなどのデータを外付けHDDにバックアップして、任意のコンピューターで表示できます。FoneToolに関するより詳しい情報は特徴ページで確認できます。

もしこの記事がお役に立てれば、ぜひお友達や同僚と共有してください。

FoneToolは、以下の環境で完璧に動作する

iOSバージョン
  • iOS 16/15/14/13/12/11および旧iOS
  • iPadOS 16/15/14/13/12/11および旧iPadOS
iOSデバイス
  • iPhone 14/14 Pro (Max)、13/13 mini/Pro (Max)、iPhone 12/12 mini/Pro (Max)、iPhone 11/11 Pro (Max)
  • iPhone X/XR/XS/XS Max、iPhone 8/8 Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone 6/6s/6s Plus
  • iPhone SE (第1世代、第2世代、第3世代)
  • iPod touch 1/2/3/4/5/6/7
  • iPad Air、iPad mini、iPad Pro、iPadのすべてのモデル