【無料&安全】iPhoneバックアップソフトおすすめ

最高のiPhoneバックアップソフトをお探しですか?このガイドでは、重要な連絡先、メッセージ、写真などを保護することができる最高のiPhoneバックアップソフトを6つリストアップしています。

Zoe

By Zoe / 更新日 2023年11月29日

共有: instagram reddit

最高のiPhoneバックアップソフトとは?

情報化時代において、私たちの生活は、生活や仕事を記録するデータと密接に関係しています。iPhoneには、写真、ビデオ、メッセージ、メールなど、多くのデータが保存されています。自分の生活や仕事は情報技術と関係ないから、データ災害が自分の身に起こる心配はないと思うかもしれませんが、実際データはもう生活の一部になっています。

例えば、データがバックアップされていない状態で携帯電話を紛失した場合、写真やメッセージは永遠に失われるかもしれません。さらに、携帯に重要な連絡先があった場合、ビジネスや仕事に迷惑がある可能性があります。というわけで、iPhoneをバックアップすることは極めて重要です。

では、最高の無料iPhoneバックアップソフトは何でしょうか?10以上のiOSデータバックアップソフトを試用し、検証した結果、最終的にiPhoneのバックアップに最適な6つのツールを選び出しました。以下に、それぞれのソフトウェアの詳細を述べます。

ソフトウェア FoneTool iTunes iCloud Google Drive iMazing CopyTrans
バックアップ方法 有線 インターネット インターネット インターネット 有線 有線
ストレージスペース ハードドライブ、USBドライブ ハードドライブ クラウドストレージ クラウドストレージ ハードドライブ ハードドライブ
追加機能 メディア管理 iPhoneを探す コラボレーション メディア転送 バックアップ、復元、転送 バックアップ、復元、転送

#1 FoneTool|最高のiPhoneバックアップソフト

FoneToolは、Windows 11/10/8/7用の最高のiPhoneバックアップアプリで、写真、動画、メッセージ、連絡先、設定、アプリデータ及びその他のデータを簡単にバックアップすることができます。それに、ユーザーフレンドリーなインターフェイスで、バックアップおよび復元するファイルの種類を簡単に選択することができます。

FoneTool
最高のiPhoneバックアップソフト
  • 簡単バックアップ: インターフェイス上ですべての機能をはっきりと見ることができ、ガイダンスなしでタスクを完了できます。
  • 異なるバックアップ方法:iPhoneのデータを選択的にバックアップしたり、すべてのデータをバックアップしたりできます。
  • 多様のファイル種類:音楽、写真、動画、メッセージ、WhatsAppなどのデータをバックアップおよび復元できます。
  • ファイルのプレビュー: iPhoneをバックアップまたは復元する時、必要なファイルをプレビューして選択できます。
  • 高速のバックアップ速度:iTunesよりはるかに速いバックアップ速度速度を提供し、ワンクリックで操作を実行できます。
  • 幅広い互換性: iPhone 4から最新のiPhone 15まですべてのiPhoneモデルをサポートし、最新のiOS 17と完全に互換性があります。

ご覧の通り、FoneToolはiPhoneのバックアップと復元を簡単に操作できます。ここでは、「個別バックアップ」および「完全バックアップ」機能でiPhoneデータをバックアップする方法をご案内します。

#1. 個別バックアップ(写真、音楽、動画、連絡先、メッセージを選択的にバックアップ)

ステップ 1. FoneToolをダウンロードし、インストールします。USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続し、「信頼」をタップします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. 「データバックアップ」>「個別バックアップ」をクリックします。アイコンをクリックして、必要なファイルを選択し、「確認」をクリックして戻ります。

必要なファイルを選択

ステップ 3. 「バックアップストレージパス」でバックアップ先を変更して、「バックアップ開始」をクリックすると、必要なものがすべてパソコンにバックアップコピーとして保存されます。

バックアップ開始

#2. 完全バックアップ(iPhone/iPad/iPod Touchデータを完全バックアップ)

ステップ 1. FoneToolを起動し、「データバックアップ」>「完全バックアップ」機能をクリックします。

フルバックアップ

ステップ 2. ここで、アクティビティ、ヘルス、キーチェーン、およびその他の個人データをバックアップするには、バックアップ暗号化を有効にしてください。

フルバックアップ

ステップ 3. そして、「バックアップストレージパス」でデータを保存するバックアップパスを選択し、「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

バックアッププロセスが終了するのを待ちます。バックアップファイルを復元するには、iPhoneをパソコンに接続したまま、「バックアップ管理」でバックアップファイルを見つけて「復元」をクリック>「復元開始」をクリックします。

復元

#2 iTunes|iPhoneバックアップ公式ソフト

iTunesは、iOS製品の公式なiPhoneバックアップソフトで、iPhoneをパソコンにバックアップすることができます。総合的な機能としては非常に強力ですが、ユーザーからは、インターフェースが複雑すぎて、必要な機能を見つけるのが難しいと評判がそれほど高くないです。

iTunesのメリットは、すでにiCloudにアップロードされたメッセージや写真などのファイルを除いて、デバイスのデータをフルバックアップができることと、WindowsとMacbookシステムの両方で動作することです。デメリットは、バックアップするデータを選択できるオプションを提供していないため、デバイスのバックアップに時間がかかり、バックアップファイルが多くのストレージを占有することです。

※ 注:デフォルトでは、iTunesバックアップを「C:\Users\[PC name]\AppData\Roaming\Apple Computer\ MobileSync」に保存します。また、バックアップ場所を変更するのも簡単ではありません。バックアップファイルを別の場所に保存する場合は、iTunesのバックアップを外付けHDDに移動する方法の記事にアクセスしてください。

iTunesを使って、iPhoneをバックアップする方法は次の通りです。

ステップ 1. 最新のiTunesをダウンロードし、iPhoneをパソコンに接続します。

ステップ 2. iPhoneが検出されたら、「このパソコンを信頼する」をタップします。

ステップ 3. iTunesの左上にある電話型のアイコンをクリックします。

ステップ 4. 青いボタン「今すぐバックアップ」をクリックします。

今すぐバックアップ

smileyメリット:

  • メディアファイル管理のためのユーザーフレンドリーなプラットフォームを提供
  • iCloudサービスとのシームレスな統合
  • 幅広いユーザー層が利用できる

sadデメリット:

  • iTunesはAndroidデバイスと互換性がない
  • バックアップ操作に時間がかかる

#3 iCloud|iPhoneバックアップ公式ソフト

iCloudはAppleデバイスの提供するもう一つの公式ソフトウェアです。ファイルをiCloudクラウドに保存して、iPhoneのストレージを最適化することができます。iCloud IDにつき5GBの無料ストレージを割り当てられています。もしiCloudの容量を増やしたい場合は、月額50GBのプランで130円、200GBで400円、2TBで1300円となっています。

iCloudを使えば、これらのファイルを別のデバイスで見ることができます。

ステップ 1. iPhoneをiOSの最新バージョンにアップグレードします。

ステップ 2. 設定からApple IDでサインインします。自分の名前をタップすると、iCloudが表示されます。

ステップ 3. バックアップしたいアプリのスイッチをオンにします。

iCloud

smileyメリット:

  • Wi-Fi接続時に自動的にバックアップ
  • データはクラウドに保存され、簡単にアクセスできる
  • 毎日、またはそれ以上の頻度でバックアップするように設定できる
  • コンピューターに接続する必要がない

sadデメリット:

  • 無料ストレージ容量に制限あり(5GB)
  • 信頼できる高速インターネット接続が必要
  • 特定のデータの選択的バックアップに対応していない
  • 特定の種類のデータ(アプリのデータなど)をバックアップできない場合がある

#4 Googleドライブ|大容量のクラウドバックアップソフト

iCloudの5GBでは物足りない、毎月ストレージを追加購入したくないと思うかもしれません。これでは、Googleドライブはもう一つの選択になりえます。Googleドライブにはほぼすべての種類のファイルをアップロードできます。それに、Googleドライブはユーザーに15GBの無料ストレージを提供し、iCloudに比べてお得な価格で余分なストレージが提供されています。ただし、この15GBのストレージはGmailとGoogleフォトと共有していることに注意する必要があります。

以下の手順は、Googleドライブを使用する手順です。

ステップ 1. App StoreでGoogleドライブをダウンロードします。

ステップ 2. ファイルを追加するためにプラスのアイコンをタップします。

ステップ 3. 「アップロード」をタップします。

アップロード

ステップ 4. アップロードしたいファイルを探します。

smileyメリット:

  • 15GBの無料クラウドストレージスペースを提供
  • あらゆるデバイスからのデータアクセスが可能
  • シンプルでユーザーフレンドリーなインターフェイス

sadデメリット:

  • オフラインでファイルにアクセスする機能がない
  • ユーザーが注意すべき潜在的なセキュリティ・リスクがある

#5 iMazing - Windows用iPhoneバックアップソフト

iMazingは、iPhoneやiPadを簡単にバックアップするための貴重な機能をユーザーに提供する、多機能なソフトウェアソリューションです。iMazingを際立たせているのは、その革新的な自動バックアップとワイヤレスバックアップのサポートで、プロセスを簡素化します。iPhoneの自動データバックアップが可能なツールをお探しなら、iMazingは魅力的な選択です。更に、iMazingは様々なiOSデバイス上のコンテンツ管理にも活用できます。

iMazing - iPhone Backup Software for Windows

smileyメリット:

  • データのバックアップとリカバリーのための多彩な選択肢を提供
  • シンプルなユーザーインターフェイスデザイン
  • 簡単にiTunesバックアップを抽出し、表示

sadデメリット:

  • 有料版へのアップグレードが必要
  • 操作によってはパフォーマンスが低下する場合があります。

#6 CopyTrans - Windows版iPhoneバックアップソフト

CopyTransは非常に効率的なデータバックアップツールであり、iPhoneの様々なデータカテゴリーを幅広くサポートしている点で、MobileTransと共通しています。WhatsAppメッセージ、SMS、Viberチャット、カレンダーイベント、メモ、写真、連絡先などなど。

特徴的なのは、インタラクティブで直感的にデザインされたインターフェイスで、分かりやすいユーザー体験を保証します。さらに、単にiPhoneからコンピュータへのバックアップにとどまらず、CopyTransを通してiPhoneのデータを外付けドライブに保存することもできます。

CopyTrans - iPhone Backup Tool on Windows

smiley​​​​​​​メリット:

  • 手間いらずのバックアッププロセス
  • iTunesとの同期でさらに便利
  • 非常にユーザーフレンドリーなインターフェイス

sadデメリット:

  • Windows PCのみで動作するため、互換性に制限がある
  • 無料トライアルがない

iPhoneバックアップソフトに関するよくある質問

iPhoneバックアップソフトに関するよくある質問です。見てみましょう!

まとめ

インターネット上にはたくさんのiPhoneバックアップツールがあります。この記事では、その中から便利で簡単なものを6つ紹介します。Macbookを使っている場合、iTunes、iCloudを使ってiPhoneをバックアップできます。Windowsコンピュータを使用している場合、FoneToolは柔軟で強力なバックアップ機能を備えているため、2023年、2022年に最高のiPhoneバックアップソフトと言えます。

FoneToolはiPhoneバックアップと復元ソフトウェア以上のものです。iPhoneのデータを転送することもできます。例えば、iPhoneから(HP)ノートパソコンに写真を転送したり、Windows PCからiPhoneにデータを転送したりすることができます。

Zoe
Zoe · 編集者
Zoeは、モバイルバックアップソフトの編集者です。iPhoneやiOSに関する最新ニュースを共有したり、役立つヒントを書いたり、あらゆる問題を解決するためのソリューションを提供することが好きです。 Zoeはアニメ、映画、インディーズ音楽が大好きです。余暇は家族と過ごすことが多い。