【解決済み】iPhoneバックアップはパソコン容量不足でできない

iTunesがiPhoneのバックアップがパソコンに十分な空き領域がないと報告したとき、それは本当にすべてのパーティションに空き容量がないためでしょうか?iTunesバックアップが保存されている場所と、iPhoneバックアップのサイズを制御する方法を知ることができます。

Zoe

By Zoe / 更新日 2023年05月11日

共有: instagram reddit

パソコンの容量不足でiPhoneがバックアップできない!

 

iPhoneのバックアップが容量不足で出来ずずっと通知が届きます。パソコンも古くて容量不足です。何かデータを移してバックアップする方法はありますか?

- Yahoo知恵袋からの質問

iPhoneのデータは保護する必要があるため、定期的にバックアップを取ることが必要です。紛失したデータを復元したり、古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを転送したりする際に非常に役立ちます。

iPhoneのバックアップは、Android携帯のバックアップほど簡単ではありません。iTunesでワンクリックでiPhoneのバックアップを作成することができますが、iPhone全体をバックアップしかできません。つまり、どのデータをiTunesのバックアップに保存するか、iPhoneのバックアップから何を転送するか、コントロールすることができません。

iPhoneバックアップはパソコン容量不足でできない

もし、容量不足でiPhoneをiTunesにバックアップできない場合、この記事に従って、その理由と問題を解決する方法を知ることができます。

iPhoneバックアップにはどれくらいの容量が必要で、どこに保存されていますか?

iTunesでiPhoneをバックアップする前に、iTunesのバックアップには何が含まれているかを知っておく必要があります。アプリのデータやiPhoneの設定はパソコンに保存されますが、サーバーに保存されているデータは保存されないので、iPhoneのバックアップはパソコンにどれくらいの容量がかかるのでしょうか?

通常、iPhoneのフルバックアップは7GBより大きいです。iCloudバックアップはiTunesとほぼ同じものを保存するので、iCloudバックアップサイズを確認すると、iTunesバックアップサイズを推定することができます。iPhoneの設定>「自分の名前」>iCloud>ストレージを管理でiCloudバックアップの推定サイズが表示されると思います。

ストレージを管理

iTunesのバックアップはデフォルトでCドライブに保存されますので、Cドライブに10GB以上の空き容量を確保する必要があります。

iPhoneのバックアップはパソコン容量不足でできない解決策

iPhoneのバックアップサイズを確認した後、Cドライブに十分なストレージの場所があることを確認しますが、iTunesはまだ容量不足のエラーを報告します。これはシステムのバグかもしれません、あなたは簡単にそれを修正することができます。

解決策1:PCを再起動する

パソコンシステムの不具合の90%以上は、再起動することで解決する可能性があります。コンピュータを再起動し、もう一度iTunesでiPhoneをバックアップしてみてください。

解決策2:iTunesをアップデートまたは再インストールする

iTunesのバージョンが古すぎる可能性がありますので、最新バージョンにアップデートする必要があります。「ヘルプ」>「iTunesについて」でiTunesのバージョンを確認できます。もちろん、iTunesを再インストールすると、より効果的です。

iTunes最新バージョン

解決策3:古いバックアップを削除する

iTunesの設定またはWindowsエクスプローラでバックアップを削除することができます。

iTunesで「編集」>「環境設定」>「デバイス」で古いバックアップを選択して、「バックアップを削除」をクリックして、古いバックアップを削除できます。

古いバックアップを削除

WindowsのFile Explorerでは、「C:\Users\[PC name]\AppData\Roaming\Apple Computer\ MobileSync」にバックアップを見つけることができました。

iPhoneを外付けHDD/USBメモリーにバックアップする方法

iPhoneをバックアップするための十分なスペースがない場合、バックアップ先をコンピュータの別のパーティションに変更するか、iPhoneバックアップを外付けHDDに直接移動することができます。

解決策1:iTunesのバックアップ場所を変更する

iTunesの設定には、iTunesのバックアップの保存先を変更するオプションがありませんでしたが、iTunesはWindowsのルールに従わなければならないので、CMDを使って変更することができます。「mklink /J 」を使えば、他のドライブからフォルダを接続することができます。

ステップ 1. 「C:\Users[PC name]╱AppData╱Roaming╱Apple Computer╱MobileSync. MobileSync」のフォルダを丸ごと希望の保存先に切り取ります。

ステップ 2. Windows + Rを押して、ボックスに「cmd」を入力します。

ステップ 3. 「mklink /J "C:╱Users╱[PC name]╱AppData╱Roaming╱Apple Computer╱MobileSyncⒸBackup" "(drive letter):\MobileSync" 」と入力しEnterを押してください。管理者権限を求められた場合は、手順2で検索バーに「cmd」と入力し、右クリックして「管理者として実行」を選択します。

iTunesのバックアップ場所を変更

✍注意:
◆ ドライブレターは、iTunesのバックアップを保存するドライブです。
◆ AppDataフォルダが見つからない場合、Windowsエクスプローラのツールバーで「表示」をクリックし、「隠し項目」をチェックする必要があります。

解決策2:iPhoneを外付けHDD/USBメモリーにバックアップする簡単な方法

iTunesのバックアップ先を変更するのは面倒だと思う方は、もっと便利なiPhoneバックアップソフトを試してみてはいかがでしょうか。FoneToolは無料のプロなiPhoneバックアップソフトです。その直感的なインターフェイスで、iPhoneをコンピュータまたは外部ディスクの任意の場所にバックアップすることができます。

また、このツールは様々なニーズを満たすために、いくつかの利点を備えています。

√ フルバックアップまたは選択的なバックアップ:データ全体をバックアップすることも、写真、ビデオ、音楽、連絡先、メッセージなどのファイルタイプを選択してバックアップすることもできます。
√ 異なるパーティション或いは外付けHDDにバックアップする:バックアップイメージを別のパーティションに保存することができ、iPhoneを外付けディスクにバックアップすることもできます。
√ iDevice と完全な互換性がある:iPhone 4からiPhone 14までのすべてのiPhoneモデル、およびiPadをサポートし、最新のiOS 16/15と完全に互換性があるでしょう。
√ 増分バックアップ:「個別バックアップ」でiPhoneのデータをバックアップした場合、増分バックアップを実行して、新しく追加されたデータだけをバックアップすることができますので、時間とスペースを節約することができます。

では、以下のステップでこのツールの使い方をご覧ください。

✍ iPhoneのデータを選択的にバックアップする

ステップ 1. FoneToolを無料でダウンロードします。iPhoneをコンピュータに接続し、「信頼」をタップします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. FoneToolを実行し、「データバックアップ」>「個別バックアップ」ボタンをクリックします。

カスタムバックアップ

※ 注:「データ転送」>「iPhoneからPC」機能をクリックして、データをパソコンに保存して、パソコンでデータを簡単に表示、管理することもできます。例えば、iPadの音楽をパソコンに取り込んで、パソコンで曲を再生して楽しむことができます。

ステップ 3. 「必要なものをプレビューして選択することができます。「確認」をクリックすると、戻ります。

プレビュー

ステップ 4. 「バックアップストレージパス」をクリックして、外付けHDDやUSBメモリーに変更して、iPhoneから外付けHDDに写真をバックアップしたりすることができます。また、iPhoneのバックアップをコンピュータの任意の場所に保存したりすることもできます。「バックアップ開始」をクリックすると、バックアップが完了します。

バックアップを開始

✍ iPhoneのデータをフルバックアップする

ステップ 1. FoneToolを起動し、「データバックアップ」>「完全バックアップ」をクリックします。

フルバックアップ

ステップ 2. 健康データ、キーチェーンのようないくつかの個人データをバックアップするには、バックアップを暗号化してください。

バックアップを暗号化

ステップ 3. 「バックアップストレージパス」をクリックして、外付けHDDやUSBメモリーに変更して、「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

まとめ

iTunesでiPhoneバックアップはパソコン容量不足でできないと注意した場合、この記事に従って、システムの不具合を修正するか、iTunesのバックアップの場所を変更することができます。

FoneToolはiTunesの代替ソフトとして、バックアップに関するすべての情報を把握し、コントロールすることができます。

この記事を共有すれば、より多くの人々を助けることができます。

Zoe
Zoe · 編集者
Zoeは、モバイルバックアップソフトの編集者です。iPhoneやiOSに関する最新ニュースを共有したり、役立つヒントを書いたり、あらゆる問題を解決するためのソリューションを提供することが好きです。 Zoeはアニメ、映画、インディーズ音楽が大好きです。余暇は家族と過ごすことが多い。