【iOS 16新機能】iCloud共有写真ライブラリについて

iOS 16ではiCloud共有写真ライブラリが導入されています。この新機能を使って家族と写真のコレクションをシームレスに共有できます。iCloud共有写真ライブラリの詳細については、記事をお読みください。

Zoe

By Zoe / 更新日 2023年12月07日

共有: instagram reddit

iOS 16新機能:iCloud共有写真ライブラリが登場

Appleは2022年のWWDCで、写真を家族と共有するためのベストな方法である新機能「iCloud共有写真ライブラリ(iCloud Shared Photo Library)」を発表しました。各メンバーが共有フォトライブラリに投稿できます。つまり、家族で撮影した写真や動画を保存する新しい場所となります。iPhoneやiPadでの写真共有がより簡単になる一方で、いくつかの落とし穴もあります。iOS 16のiCloud共有写真ライブラリの詳細については、読み続けてください。

iCloud共有写真ライブラリ

iOS 16のiCloud共有写真ライブラリとは?

iOS 16のiCloud共有写真ライブラリは、iCloud写真ライブラリを別のApple IDと簡単に共有するように設計されています。最大6人のメンバーが共同作業したり、追加したり、楽しむことができる独立したiCloudライブラリで、家族に写真をシームレスに共有する新しい方法をもたらします。各メンバーは、共有されたすべての写真やビデオを追加、お気に入り、編集、削除できます。

★ 個人ライブラリから既存の写真を共有したり、または共有を始める日からの写真を共有することができます。また、特定の人が写っている写真を選んで共有することもできます。もちろん、選択した写真はいつでもiCloud共有写真ライブラリに移動することができます。
★ カメラアプリの新しい切り替え機能を使って、共有ライブラリに写真を自動的に送信するように選択することもできます。共有写真ライブラリに参加しているメンバーが写っている写真を共有するように促す賢い提案も受け取れます。また、共有ライブラリのメンバーが近くにいる時は、自動で写真を共有するオプションを選択できます。つまり、一度設定すれば、写真の共有に時間をかけることなく、家族が撮った旅行に関するすべての写真を簡単に取得することができます。
★ iCloud共有写真ライブラリは、「メモリー」と「おすすめの写真」に表示されます。メンバー全員がこのライブラリに簡単にアクセスし、家族の思い出を完全に再現することができます。

iCloud共有写真ライブラリ

iOS 16のiCloud共有写真ライブラリの潜在的な落とし穴

iOS 16のiCloud共有写真ライブラリ機能で写真の共有が簡素化され、写真を家族と共有するより簡単な方法となりました。しかし、この方法は完璧ではありません。

◉ 不適切な写真が共有写真ライブラリに入り込むと、気まずい状況になる可能性があります。
◉ 一方、メンバー全員が共有写真ライブラリの写真を編集または削除することができるため、競合が発生する可能性があります。お気に入りの写真が他のユーザーによって削除されてしまう可能性があります。

いずれにせよ、実際に使ってみないと、自分に合っているかどうかわかりませんね。もし興味があれば、iOS 16の開発者向けベータ版を入手して、この機能を早めに楽しむことができます。

家族と写真をワイヤレスで共有するほかの方法

iPhoneにiOS 16ベータ版をインストールすれば、iCloud共有写真ライブラリなどの新機能をいち早く味わうことができます。ただし、ベータ版は安定したものではありません。バグに悩まされたくない場合は、公式版をインストールするまであと数週間待つことができます。家族と写真をワイヤレスで共有したい場合、サードパーティのアプリをすることもできます。

AirDropで家族と写真をワイヤレスで共有する

AirDropで写真を共有できることはご存じでしょう。AirDropを使うと、近くにあるほかのAppleデバイスと写真や書類などのコンテンツを共有したり、相手から受け取ったりすることができます。

AirDrop

ただし、数百枚や数千枚ほど複数の写真をAirDropしようとすると、転送に失敗することがあります。複数の転送に分割することで、すべての写真を正常に転送できますが、それは時間のかかる作業です。

FoneToolで家族と写真をワイヤレスで共有する

iCloud写真ライブラリを他のApple IDと簡単に共有したい場合、iOSデバイス用の無料データ転送ツールであるFoneToolを試してみてください。このツールはAirDropのように機能し、写真、ビデオ、曲、連絡先、PDF、Word文書、およびファイルアプリなどのファイルを2つのiDevice間でワイヤレスに転送するのに役立ちます。

AirDropとは違って、FoneToolは一度に数百、数千の写真を転送することができます。以下は、ワイヤレスでiPhoneからiPhoneへ写真を共有する手順です。

ステップ 1. このQRコードをスキャンするか、App Storeで「FoneTool」を検索して、ツールを両方のiPhoneにインストールします。

QRコード

ステップ 2. 両方のiPhoneでFoneToolを開きます。FoneToolがローカルネットワーク上のデバイスに接続することを許可し、デバイス上の写真、音楽、連絡先などにアクセスできるようにします。

ステップ 3. 2つのデバイスを近くに置く>「Connect Device(デバイスの接続)」に進み、いずれかのiPhoneでデバイス名をタップして接続を確立します(両方のiPhoneでWi-Fiが有効であることを確認してください。そうしないと、デバイスが表示されません)。

デバイスの接続

ステップ 4. 転送元のiPhoneで、「File Transfer(ファイル転送)」>必要な写真を選択して、「Send(送信)」ボタンをタップします。

ファイル転送

転送リストで送受信の進行状況を確認することができます。転送された写真は「写真」アプリに保存されます。

おまけ:FoneTool経由でPCでiCloud写真を管理する

iCloudの写真が不要なスナップショットでごちゃごちゃしていて、ストレージの制限に苦しんでいますか?心配はいりません。解決策があります。堅牢で使いやすいiOS管理ツールであるFoneToolの力を借りてみてください。PCに写真をシームレスに転送したり、不要なイメージを削除してiCloudストレージを整理する方法があります。この旅に乗り出すために、次のガイドに従ってください:

ステップ1:まず、PCにFoneToolをダウンロードしてインストールを開始します > インストールが完了したら、FoneToolを起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ2:「私のiCloud」に移動し、Apple IDでサインイン>「iCloud管理」をクリックして進みます。

iCloud管理

ステップ3:直感的なインターフェース内で、写真アイコンを見つけ、ダウンロードまたは削除したい特定の写真を選択>「ダウンロード」または「削除」ボタンをクリックしてアクションを確認します。

ダウンロード

あとがき

iOS 16のiCloud共有写真ライブラリは、家族と写真を共有するための新しい方法です。旅行中に家族と写真を即座に共有できる素晴らしい機能です。ただし、写真の自動アップロードによる不要なトラブルが発生する可能性もあります。

iCloud共有写真ライブラリについてどう思いますか?iCloud写真ライブラリを別のApple IDと共有するために使うのでしょうか?ご遠慮なくメールでこちらにご連絡ください。

Zoe
Zoe · 編集者
Zoeは、モバイルバックアップソフトの編集者です。iPhoneやiOSに関する最新ニュースを共有したり、役立つヒントを書いたり、あらゆる問題を解決するためのソリューションを提供することが好きです。 Zoeはアニメ、映画、インディーズ音楽が大好きです。余暇は家族と過ごすことが多い。