【Windows】PCからiPadへデータを転送する方法

パソコンに映画や写真などのファイルがあり、それらをiPadにすばやく転送したいですか?この記事に従って、iTunesまたは他のデータ転送ツールを使用してPCからiPadへデータを転送する方法を確認できます。

Zoe

By Zoe / 更新日 2023年10月23日

共有: instagram reddit

PCからiPadにファイルを転送できますか?

 

PCのmhtファイルのデータをiPadに入れたいときにはどのようにすれば良いでしょうか?iPadとPCとをUSBでつなぐコードは持っています。また、iPadの画像をPCにコピーできても、その逆ができないのはどうしてでしょうか?ご存知の方教えて頂けると幸いです。よろしくお願い致します。

- Yahoo知恵袋からの質問

iPadを使う皆さんは上記の問題にあったことがありますか?パソコン内のデータをiPadに転送して、いつでもどこでも楽しみたいですが、その方法がよくわからないので困っています。そのため、今回の記事はiTunesおよびiTunesなしでWindows PCからiPadへデータを転送する方法をまとめて紹介しますので、参考にしてください。

iTunesを使わずにPCからiPadへデータを転送する方法

一般的に、iTunesを使わずにPCからiPadにデータを転送したい場合、iCloudとサードパーティツールの方法を考えられます。このパートでは、サードパーティツールのFoneToolとiCloudを利用してパソコンからiPadにデータを送る方法を紹介します。では、さっそく見ってみましょう。

パート1:FoneToolでPCからiPadへデータを転送する⭐

FoneToolはiPadとコンピュータの間で写真、動画、音楽を短時間で転送できる最高・最速のアプリです。

FoneToolはiOSシステムと素晴らしい互換性を持っています。常に最新のiPadバージョンをサポートし、PCからiPadにデータを転送でき、iPhone、iPod Touchなど他のiOS製品もサポートします。

FoneToolでPCからiPadへデータを転送する手順

ステップ 1. FoneToolをダウンロードし、USBケーブルでiPadをコンピュータに接続します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. 「データ転送」>「PCからiPhone」を選択します。

iPhoneに転送

ヒント:逆に、「iPhoneからPC」機能を利用して、iPadからPCにデータを転送することもできます。

ステップ 3. フォルダアイコンをクリックして、コンピュータからファイルを選択し、「転送開始」をクリックしてファイルをiPadに移行します。

コンピュータからファイルを選択

⭐ヒント:データ転送ツールのほかに、FoneToolは最高のiPhoneデータバックアップソフトでもあります。写真、動画、音楽、連絡先、メッセージなどのファイルをバックアップ・復元することもできます。さらに重要なのは、時間とスペースを節約するために、完全バックアップまたは増分バックアップ(変更および追加されたファイルのみをバックアップ)を作成することができます。もしこのようなニーズがあれば、ぜひFoneToolのバックアップ&復元機能を試してみてください。

パート2:iCloudでパソコンからiPadへデータを転送する

iCloudは、Appleユーザーのためのクラウドベースのバックアップサービスです。各Apple IDは5GBの無料ストレージスペースを持つことができます。iCloudのウェブサイトからファイルをアップロードして、iPadに同期することができます。

iCloudでPCからiPadへデータを転送する手順

ステップ 1. ブラウザを開き、iCloud.comにアクセスし、Apple IDとパスコードでログインします。

ステップ 2. iCloud Driveオプションをクリックします。

iCloud Drive

ステップ 3. 「アップロード」ボタンをクリックし、必要なファイルを選択します。

アップロード

ステップ 4. iPadを開き、「ファイル」アプリを開きます。「参照」タブをタップし、「iCloud Drive」に入ります。そして、アップロードしたすべてのファイルが表示されます。

iTunesを使用してPCからiPadへデータを転送する方法

iPadが新品である場合は、iTunesの同期機能を使用してPCからiPadにファイルを直接転送できます。もし、このiPadをしばらく使用していて、いくつかのファイルを同期したことがある場合、後で同期操作を行うと、iPadのデータが失われる可能性があります。

このような状況では、ユーザーがコンピューターとiPadの間でファイルを便利かつ迅速に転送できる「ファイル共有」機能を使用できます。以下は、iTunesの「ファイル共有」機能を使用して、Windows PCからiPadにデータ転送する手順です。

iTunesでPCからiPadへデータを転送する手順

ステップ 1. Windows版のiTunesをパソコンにダウンロードし、インストールします。デバイスに付属しているUSBケーブルを使って、iPad Mini、ProまたはAirをパソコンに接続します。

ステップ 2. Windows PCでiTunesを開き、iTunesウィンドウの左上付近にある「iPad」ボタンをクリックします。

ステップ 3. 左サイドバーの「設定」セクションにある「ファイル共有」をクリックします。

ファイル共有

ステップ 4. ここで、iPadとパソコンの間でファイルを転送できるアプリのリストが表示されます。そして、アプリをクリックすると、右側にその中身のドキュメントが表示されます。

アプリをクリック

ステップ 5. 右下にある「ファイルを追加…」ボタンをクリックします。そして、ポップアップウィンドウで、コンピュータ上のファイルを選択して、iPad上の選択したアプリに転送/追加します。ここでは、個々のファイル、選択したファイルのグループ、またはファイルのフォルダを選択することができます。

ファイルを追加…

注:iPadからパソコンにファイルを転送する場合、右のリストから目的のファイルを選択し、「保存」をクリックし、ファイルの保存先を選択し、「保存先」をクリックしてください。

まとめ

この記事では、PCからiPad、iPad Air、Mini、Proへデータを転送する方法(FoneTool、iCloud、iTunesを利用)を3つ提供します。自分に最適な方法を選ぶことができます。

上記の三つの方法では、操作方法として、FoneToolははるかに簡単で使いやすいです。データセキュリティについても心配する必要はありません。それに、ユーザーフレンドリーなインタフェースと速い転送速度で、ベストな選択と言えます。FoneToolを利用して、iPadの音楽ファイルをパソコンに取り込むこともできます。

Zoe
Zoe · 編集者
Zoeは、モバイルバックアップソフトの編集者です。iPhoneやiOSに関する最新ニュースを共有したり、役立つヒントを書いたり、あらゆる問題を解決するためのソリューションを提供することが好きです。 Zoeはアニメ、映画、インディーズ音楽が大好きです。余暇は家族と過ごすことが多い。