iPhoneの写真をバックアップする5つの方法|iCloud/iTunes等

写真は思い出やその他の情報を運んでくれるものです。この文章を読んで、iPhone 14/13/12/11の写真をバックアップする方法について説明します。

Zoe

By Zoe / 更新日 2023年05月17日

共有: instagram reddit

iPhoneの写真をバックアップしたい

 

iPhoneの写真バックアップってどうしてますか?ずーっとしたことないままで、今更わかりません… クラウド?もよくわからないし、パソコンでiTunesだかなんだかもやった時うまくできなくてそのままです…

- Yahoo知恵袋からの質問

iPhoneの撮影機能の向上により、iPhoneで美しい写真をたくさん撮ることができます。しかし、時間が経つにつれて、これらの写真や動画がiPhoneのストレージを食いつぶしてしまうことがあります。このような場合、iPhoneの写真をパソコンや外付けドHDD、iCloudにバックアップし、バックアップした写真を削除することで、iPhoneの空き容量を確保することができます。

また、iPhoneには予期せぬ問題が発生しやすく、データの消失につながることがあります。もし、これらの写真が本当に大切なものであれば、念のため、写真のバックアップを作成しておきましょう。たとえデータが消えても、簡単にバックアップからiPhoneに復元することができます。

iPhoneの写真をバックアップ

次の内容に従って、iPhone写真のバックアップを行う最も簡単な方法を紹介します。

セクション1:iPhone写真をパソコンにバックアップする最善法

iPhoneの写真をバックアップするのに最適な方法は、パソコン/外付けHDDに保存することです。これは、クラウドに保存するよりもプライバシーを保護することができます。FoneToolはiPhoneから写真をパソコン/外付けHDDに素早くバックアップすることができます。このソフトは無料のプロなiPhoneバックアップソフトで、写真を好きなだけ簡単にバックアップできます。

● 写真を選択可能:FoneToolで、iPhone上のすべての写真をプレビューし、不要なものをフィルタリングすることができます。
● 速いバックアップスピード:FoneToolはiPhoneの写真をバックアップ・復元する際に、最速の写真転送です。
● 外付けHDDにバックアップする:FoneToolはiPhoneを外付けHDD、USBメモリー、PCなど好きな場所にバックアップを保存することが可能です。
● 増分バックアップ:このソフトは、追加された写真だけを次回バックアップすることができるので、スペースと時間を節約することができます。
● 幅広い互換性:FoneToolはiOS 16/15/14、iPhone 14/13/12 Pro/12/11/XS、および他の以前のiOSとiOSデバイスをサポートしています。

ステップ 1. FoneToolをダウンロードし、iPhoneをPCに接続する

FoneToolをコンピュータに無料でダウンロードします。USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。iPhoneをこのPCに初めて接続するとき、iPhoneでこのコンピュータを信頼する必要があります。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. 写真のバックアップ機能を選択する

FoneToolのホーム画面で、「データバックアップ」>「個別バックアップ」を選択します。

写真バックアップ

✍注:「個別バックアップ」機能でiPhoneの音楽、動画、メッセージ、連絡先をバックアップできます。

ステップ 3. iPhoneの写真ページに入る

このウィンドウに、「写真」のアイコンが表示されます。それをクリックすると、写真が表示されます。

写真アイコン

ステップ 4. iPhone上の写真をプレビューして選択する

ここで、iPhoneにあるすべての写真が表示されます。バックアップしたい写真を選択するか、ワンクリックですべての写真を選択します。

写真をプレビューして選択

ステップ 5. iPhoneの写真をバックアップする

「バックアップストレージパス」を選択し、「バックアップ開始」をクリックすると、iPhoneの写真がすぐにバックアップされます。

バックアップ開始

⭐ヒント:外付けHDDをパソコンに接続し、そしてバックアップ先を外付けHDDに変更すれば、iPhoneの写真を外付けHDDにバックアップできます。

セクション2:iPhoneからiCloudに写真をバックアップする

iPhoneの写真をパソコンにバックアップする以外に、iCloudにバックアップすることもできます。iCloudは、Appleが提供するサービスなので、純正だけあってバックアップに何の手間もかからず、自動でこまめにバックアップを取ってくれます(iPhoneがWi-Fiに接続されている状態で充電されれば、自動的にバックアップされる)。写真だけではなく、iPhone全体をバックアップすることもできます。

それに、iCloudは、クラウドストレージとして見れば同期機能が優れています。iPhoneで撮影した写真がすぐMacに反映されて編集できたり、Macでダウンロードしてきた動画がiPhoneで視聴できたり、Appleデバイス間での同期がなめらかです。

iPhoneからiCloudに写真をバックアップ手順

ステップ 1. iPhoneの「設定」にアクセス>「自分の名前」をタップします。

ステップ 2. 「iCloud」に入り、「写真」を選択します。

ステップ 3. 「iCloud写真」をオンにする。iPhoneからiCloudに写真をアップロードすることができます。

iCloud写真をオンにする

しかし、iCloud最大のデメリットは、無料ではなかなか使い物にならないことです。iCloudでの無料容量は5GBしかないため、動画はもちろん写真だけバックアップしてもすぐに埋まってしまいがちです。容量が埋まってしまった場合は、「iCloudストレージの空き領域が不足しています」とエラーメッセージが表示されます。この状況では、容量を増やすには有料プランが必要です。

iPhoneからiCloudバックアップにバックアップ手順

iCloudでiPhoneをバックアップする場合、必要なデータはほとんどiCloudに保存されます。もしiPhoneがiCloudストレージが足りないと言ったら、「iCloud」>「ストレージを管理」>「バックアップ」>「デバイス名」に入ってコンテンツを減らす必要があります。後で写真が必要な場合、iCloudバックアップをPCにダウンロードすることができます。方法1でiCloud写真を有効にした場合、これらの写真はこのiCloudバックアップに再び保存されないことを知っておく必要があります。

ステップ 1. iPhoneの「設定」にアクセス>「自分の名前」をタップします。

ステップ 2. 「iCloud」に入る>「iCloudバックアップ」を選択します。

ステップ 3. 「iCloudバックアップ」を有効にします。

iCloud バックアップを有効にする

✍注:このバックアッププロセスでは、問題がよく出ています。iPhoneのバックアップが進まなかったり、終わらなかったりして、ずっと「バックアップを作成中…」や「残り時間を計算中」と表示されることがあります。

セクション3:iTunesで iPhone写真をPCにバックアップする

iTunesのバックアップに写真は含まれますか?メディアファイルの購入や管理にiTunesを使ったことがあるかもしれませんが、iPhoneをパソコンのiTunesに保存する方法をご存知ですか?まず、iTunesのバックアップには何が含まれているかを知っておく必要があります。iCloudと同じように動作し、iPhoneに必要なデータのほとんどを保存します。もしiCloudのストレージがいっぱいになったら、iTunesを使ってiPhoneの写真をパソコンに保存することができます。また、iTunesはすでにiCloudにアップロードされた写真を保存しないことも知っておく必要があります。

iTunesバックアップを作成する手順

ステップ 1. iTunesをダウンロードします。iPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続します。

ステップ 2. 左上にある電話型のアイコンをクリックします。

ステップ 3. 「概要」に入って、「今すぐバックアップ」をクリックします。

今すぐバックアップ

セクション4:iPhone写真をWindowsフォトにバックアップする

MicrosoftフォトはWindows 11/10に搭載されているアプリです。それを使ってiPhoneからWindows 11/10に直接写真を転送することもできますが、iPhoneの画面がロックされているときはうまくいかないこともあります。

iPhoneの写真をWindowsにバックアップする手順

ステップ 1. USBケーブルでiPhoneをコンピュータに接続します。

ステップ 2. スタートボタンをクリックし、「フォト」アプリを開きます。

ステップ 3. 「インポート」で「USBデバイスからインポート」をクリックし、バックアップする写真を選択します。

USBデバイスからインポート

セクション5:iPhoneの写真をGoogleフォトにバックアップする

Googleフォトでは、スマホアプリ版やPC版の他、PCブラウザでのバックアップも可能です。ここではiPhoneの写真を自動的にバックアップするため、iPhoneアプリ版での使い方をご紹介します(もちろんタブレットやPC等でも使えるので、お好きなデバイスをご利用ください)。

iPhoneの写真をGoogleフォトにバックアップする手順:

ステップ 1. まずiPhoneでGoogleフォトアプリをインストールして起動します。写真へのアクセスを求められたら「許可」をクリックします。

ステップ 2. 上部で、「メニュー」をタップし、「Googleフォトの設定」を選択し、「バックアップと同期」を選択します。

ステップ 3. 「バックアップと同期」をオンにし、バックアップの完了を待ちましょう。

バックアップと同期

ステップ 4. Googleフォトメニューより「デバイスの空き容量の管理」に入り、「空き容量を増やす」を選択します。これにより、Googleフォトにアップロード済の写真がiPhoneから削除され、iPhoneの容量を空けることができます。

空き容量を増やす

⭐ヒント:Googleフォトの写真はデフォルトで非公開ですが、それを希望するなら他の人と写真やアルバムを共有することもできます。間違えて秘密の写真が漏れてしまうとまずいので、アカウントのセキュリティ設定や写真の共有設定についてはよく確認しておきましょう。

まとめ

以上、iPhoneの写真をPC、iCloud、外付けHDD、Microsoftフォト、Googleフォトにバックアップする方法について説明しました。

そのほか、FoneToolを使用すると、高速かつ専門的で、iPhoneのバックアップ写真を行うのに役立ちますので、写真をバックアップするための最良の方法と考えられています。FoneToolに関するより詳しい情報は特徴ページで確認できます。

この文章をシェアして、より多くの人を助けることができます。

Zoe
Zoe · 編集者
Zoeは、モバイルバックアップソフトの編集者です。iPhoneやiOSに関する最新ニュースを共有したり、役立つヒントを書いたり、あらゆる問題を解決するためのソリューションを提供することが好きです。 Zoeはアニメ、映画、インディーズ音楽が大好きです。余暇は家族と過ごすことが多い。