iPhoneをPCまたはiCloudにバックアップする方法

iPhoneのデータを失いたくないなら、iPhoneをバックアップすることは必要です。この記事では、iPhoneをPCやiCloudに簡単にバックアップする方法を3つ紹介します。

Akira

By Akira / 更新日 2023年06月05日

共有: instagram reddit

実例:iPhoneをPCにバックアップしたい

 

iPhoneをパソコンにバックアップする方法を教えてください。

iCloudのストレージが限られているので、iPhone 12をWindows 10のパソコンにバックアップしたいです。写真、ビデオ、SMS、連絡先をバックアップしたいです。iPhoneをバックアップするには、どのツールが良いですか?

- developer.apple.comからの質問

iphone se

なぜiPhoneのバックアップが重要なのか?

私たちはiPhoneを使って写真や動画などを保存していますが、データが紛失する危険性もあります。白い画面、水濡れなど、さまざまな原因が、データ破損につながる可能性があります。iPhoneのデータを失うと、多くのユーザーが残念な気持ちになります。

このように、データ災害の頻発により、データのバックアップに対する意識は高まっています。事前にiPhoneのバックアップを作成する習慣をつけると効果的でしょう。二度とデータを失いたくないなら、iPhoneをバックアップする必要があります。

iPhoneをバックアップするために、信頼できる強力なiOSバックアップツールが必要です。また、iPhoneバックアップソフトは以下の基本的な特性を備えている必要があります。

プロフェッショナルで、iPhoneの写真、ビデオ、連絡先などのデータをバックアップできます。
ストレージデバイスのスペースを節約するために、バックアップ時にアイテムの選択をサポートします。
シンプルなインターフェースで簡単に操作できます。
広告に煩わされないように、きれいにする必要があります。

 

方法1. FoneToolでiPhoneをPCにバックアップする

ここでは、FoneToolを利用して、iPhoneをバックアップすることをお勧めします。FoneToolはiPhone 14/13/12/11/X/8をパソコンにバックアップするための最良の選択肢の一つです。

フルバックアップまたは選択的なバックアップ:データ全体をバックアップすることも、写真、ビデオ、音楽、連絡先、メッセージなどのファイルタイプを選択してバックアップすることもできます。
異なるパーティション或いは外付けHDDにバックアップ:バックアップイメージを別のパーティションに保存することができ、iPhoneを外付けディスクにバックアップすることもできます。
iDeviceと完全な互換性がある:iPhone 4からiPhone 14までのすべてのiPhoneモデル、およびiPadをサポートし、最新のiOS 16/15と完全に互換性があるでしょう。
増分バックアップ:「個別バックアップ」でiPhoneのデータをバックアップした場合、増分バックアップを実行して、新しく追加されたデータだけをバックアップすることができますので、時間とスペースを節約することができます。

それでは、このアプリの使い方をご紹介します。

手順 1. FoneToolをダウンロードし、起動します。iPhoneをパソコンに接続し、「信頼」をクリックします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. メインインターフェイスのツールバーで「データバックアップ」>「完全バックアップ」をクリックします。

フルバックアップ

手順 3. 必要に応じてバックアップ暗号化を有効にします。有効にすると、アクティビティ、ヘルス、キーチェーンなどのデータを非公開にすることができます。

フルバックアップ

手順 4. 「バックアップストレージパス」でバックアップを保存するストレージパスを選択し、「バックアップ開始」をクリックして完了を待ちます。

バックアップの開始

★ヒント:
定期的なiPhoneバックアップをスケジュールする場合は、「個別バックアップ」機能を使用してiPhoneを段階的かつ選択的にバックアップできます。
iPhone以外にも、異なるバージョンのiPadとiPodでFoneToolの全機能をお楽しみいただけます。
iPhoneの完全バックアップを作成し、完全復元機能を使用して他のAppleデバイスに復元することができます。

 

方法2. iTunesでiPhoneをPCにバックアップする

iTunesは公式ツールです。当初は購入した音楽やビデオを管理するために設計されました。現在では、iPhoneの設定を含むほとんどのデータを1つのフォルダにバックアップする方法も提供されています。iTunesでiPhoneをバックアップする方法が気になる方は、以下のステップに従ってください。

注意:iTunesはiPhoneのフルバックアップしか作れないので、データをプレビューしたり選択したりすることはできません。そして、バックイメージを復元するときに、ターゲットデバイスのすべてのコンテンツが消去されます。

手順 1. USBを使用してiPhoneをパソコンに接続し、iTunesを起動します。アクセス許可を求めるアラートが出たら許可してください。

手順 2. iTunes上部にあるiPhoneマークをクリックします。

iphone マーク

手順 3. パソコンで暗号化する場合は、サイドバーの「概要」をクリックし、「iPhoneのバックアップを暗号化」を選択します。

手順 4. 「今すぐバックアップ」をクリックして、バックアップを開始します。

今すぐバックアップ

方法3. iCloudでiPhoneをPCにバックアップする

iCloudは、Appleユーザーのためのもう一つの公式ツールです。iPhone上のコンテンツを保存し、すべてのAppleデバイスでデータを最新の状態に保つことができます。それは5GBの無料ストレージを提供します。そして、あなたのiCloudがいっぱいになった場合、より多くのストレージを購入する必要があります。

手順 1. iPhoneの「設定」で「Apple ID」>「iCloud」という順にタップします。

iCloud

手順 2. 「iCloudバックアップ」をオンにします。

iCloudバックアップ

手順 3. 「今すぐバックアップを作成」をクリックします。

今すぐバックアップを作成

バックアップが完了したら、「Apple ID」>「iCloud」>「ストレージを管理」>「バックアップ」で自分のデバイスのバックアップとバックアップに含まれているものを確認できます。

まとめ

iTunesやiCloudと比較して、FoneToolは簡単な操作とシンプルなインターフェイスを持つ無料の専門的なiPhoneバックアップアプリケーションです。いくつかのステップでカメラロール写真、ビデオ、および連絡先、メッセージ、音楽などの他のファイルをPCにバックアップすることができます。そして、このソフトウェアを使用して、広告によって中断されることはありません。ぜひダウンロードして、もっと多くの機能を体験しましょう~

 
Akira
Akira · 編集者
Akiraは、AOMEI Technology会社の編集者として長年AOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。 IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、アニメ、音楽、色々なことに趣味があります。