【Windows版】iPhoneを外付けHDDに直接バックアップする方法

iTunesは常にCドライブにiPhoneのバックアップを保存するので、このガイドに従って、Windows 11/10/8/7でiPhoneを外付けHDDにバックアップする方法を学ぶことができます。

Zoe

By Zoe / 更新日 2023年10月23日

共有: instagram reddit
 

WindowsでiPhoneデータを外付けHDDに直接バックアップできますか?

● iPhoneのバックアップについてiCloudやGoogleフォト以外にも念の為バックアップを取りたいのですが、パソコンがないので、外付けHDDで写真と動画のバックアップを取りたいと思っています。オススメの商品を教えてください。

● iPhoneのバックアップをiTunesでとっているのですが、それを外付けHDDでバックアップするのはどうしたら良いでしょうか。

iPhoneのデータをバックアップするのに、パソコンの容量がなくて、外付けHDDにバックアップしたいんですが可能ですか?やり方おしえて欲しいです。

―Yahoo知恵袋からの質問

なぜiPhoneを外付けHDDにバックアップしますか?

iPhoneのストレージを使い切ろうとしているときや、大切なデータがあるときは、iPhoneのストレージを安全に解放し、大切なiPhoneのデータを失わないために、iPhoneをバックアップする必要があります。

iPhoneデータに二重の保険をかけるために、iPhoneのバックアップを外付けHDDやフラッシュドライブに移動させることができます。ただし、iTunesを使用してiPhoneのバックアップを作成するたびに、7GB以上のフォルダがCドライブに保存されるので、長期的から見るとそれほど適していません。

さらに、iTunesのデメリットはこれだけではありません。iTunesを使ってiPhoneに写真を取り込んだことがある人なら、iCloudフォトを使うとiTunesから同期した写真が削除されることに気がつくでしょう。

iTunes

Cドライブが占有されないようにするために、WindowsでiTunesのバックアップ先を外付けHDDに変更することができます。

WindowsでiPhoneを外付けHDDに直接バックアップする方法

ここでは、Windows11/10/8/7パソコンでiPhoneのデータを外付けHDDに直接バックアップするための2つのツールを提供します。iTunesまたは強力なバックアップソフトのどちらかを使用することができます。ただし、iTunesでバックアップする場合、バックアップ先を変更する必要があるかもしれません。

方法1:iTunesでiPhoneデータを外付けHDDにバックアップする

iTunesは厳密なソフトウェアです。iTunesを利用するには、iPhoneのフルバックアップ(アプリの一部のローカルデータとすべての設定)しか作成できず、データの中身を見ることはできません。ユーザーはiTunesバックアップに含まれるものの概要だけを知ることができます。

また、iTunesのバックアップ先を変更するのは少し複雑です。iTunesにはそのためのオプションがないので、Windows CMDを使ってiTunesに強制的にiPhoneのバックアップを別のパーティションに保存させることしかできません。もし写真だけをバックアップするなら、iPhoneの写真を外付けHDDにバックアップするのはとても簡単です。

iTunesでiPhoneデータを外付けHDDにバックアップする手順

ステップ 1. iTunesをWindows PCにダウンロードします。

ステップ 2. USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続し、そして外付けHDDをパソコンに接続します。

ステップ 3. Windowsファイルエクスプローラーを開き、「C:\Users\[PC name]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync」に移動します。ここはiTunesがパソコン上でiPhoneのバックアップを保存するデフォルトの場所です。

ステップ 4. 「Backup」というフォルダの内容を削除し、外付けドライブに「MobileSync」という空のフォルダを作成します。

ステップ 5. 「Win + R」キーを押して、ボックスに「cmd」と入力します。「Enter」キーを押して、Windowsコマンドプロセッサを開きます。

ステップ 6. ウィンドウで、「mklink/J“C:\Users\[PC name]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup”“E:\MobileSync”」と入力し、Enterキーを押してください。Eが外付けHDDのドライブレターなのか、コマンドを修正する必要があるので注意が必要です。正常に実行されれば、次のステップに進みます。

コマンドを修正

AppDataが表示されていない場合は、非表示になっています。Windowsエクスプローラのツールバーの上部にある「表示」に移動し、「隠しファイル」をオンにする必要があります。

隠しファイル」をオンにする

ステップ 7. iTunesを起動し、iPhoneをパソコンに接続します。パソコンがiPhoneをスキャンできるように、「このiPhoneを信頼する」をタップしでください。

ステップ 8. 左上にあるスマホの形のアイコンをクリックします。そして、「概要」>「今すぐバックアップ」をクリックします。タスクが完了するまでに数分かかる場合があります。

今すぐバックアップ

バックアップタスクが終了したら、iPhoneのバックアップが外付けHDDに保存されているかどうかを確認しましょう。初めに、iPhoneのバックアップデータは「C:\Users\[PC name]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync」と外付け先の両方で見つけることができますが、しばらくしたら、そのデータ実際には外付けHDDに保存されて、Cドライブのスペースを使いません。

方法2:iTunesを使わずにiPhoneを外付けHDDにバックアップする(推薦)

方法1は効果的ですが、コマンドプロンプトに慣れていない方には不向きかもしれません。それに、iTunesのバックアップからiPhoneを復元する時、iPhone上のすべてのデータを消去する必要があります。これらの問題を避けるために、FoneToolを利用することを強く推薦します。

FoneToolはプロのiPhoneバックアップソフトウェアです。ユーザーフレンドリーなインターフェースで、初心者でも簡単にWindowsパソコンでiPhoneを外付けHDDにバックアップすることができます。数回のクリックだけでiPhoneデータをHDD、SSD、USBドライブに移動することができます。

●複数のファイル形式をサポート:このツールは、写真、動画、メッセージ、連絡先、および他のデータをWindows PCの外付けHDDにバックアップするのに役立ちます。
●選択的バックアップ:iPhone上のすべてのデータをバックアップしたくない場合は、1つのファイルタイプと1つまたは複数のファイルを選択できます。
●速い処理速度:iTunes、iCloudなどの他のツールと比較して、FoneToolは非常に短時間でバックアップを処理することができます。
●幅広い互換性:FoneToolはiPhone 15/14/13/12/11/X/SE 2022および以前のiOSデバイスをサポートします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

FoneToolをパソコンにダウンロードし、外付けHDDをパソコンに接続し、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続し、Windows 11/10/8/7パソコンでiPhoneを外付けHDDにバックアップする準備をします。

FoneToolでiPhoneデータを外付けHDDにバックアップする手順

ステップ 1. バックアップモードを選択する

データバックアップ」>「個別バックアップ」を選択すると、5種類のiPhoneデータを丸ごとバックアップすることができます。

カスタムバックアップ

ヒント:データ転送」の「iPhoneからPC」機能で、iPhoneからパソコンに写真、動画、連絡先、音楽を転送することもできます。

ステップ 2. バックアップするデータをプレビューして選択する

バックアップする種類のアイコンをクリックして、iPhoneのデータをプレビューします。必要なものを選択して、「確認」をクリックします。

データをプレビュー

ステップ 3. バックアップ先を選択してバックアップを開始する

バックアップストレージパス」をクリックして、iPhoneのバックアップ先をWIndowsパソコンに接続されていた外付けHDDに変更し、「バックアップ開始」をクリックして、選択したすべてのものを外付けドライブにコピーします。

このステップでは、ローカルドライブとマッピングしている場合、iPhoneをNASにバックアップしたり、またはネットワークドライブにバックアップしたりすることができます。

バックアップ先を変更

ヒント:
●このバックアップは、別のWindowsパソコンでも簡単に使用することができます。
●FoneToolでiPhoneのバックアップを表示するには、「バックアップ管理」で検索のアイコンをクリックしてください。
●ファイルエクスプローラーでiPhoneバックアップファイルを表示するには、バックアップタスクの右下にある三つの点をクリックして、「バックアップ場所」をクリックしてください。

バックアップ管理

まとめ

パソコンのストレージ不足により、Windows 11/10/8/7でiPhoneを外付けHDDにバックアップする必要があるかもしれません。それは、外付けドライブにバックアップファイルを保存すれば、より安全で簡単に使用することができるからです。また、上記で紹介した2つの方法は、iPadから外付けHDDにファイルをバックアップする場合にも適用します。

FoneToolはWindowsパソコンでiPhoneを外付けHDDにバックアップするための最も便利なiPhoneバックアップソフトウェアです。人気のあるすべての外付けHDDをサポートし、ワンクリックで必要なものをエクスポートできます。もちろん、iTunesでiPhoneのバックアップ先を変更することもできますが、操作するには非常に複雑で、パソコンやコマンドプロンプトに弱いユーザーにはあまり向いてません。

Zoe
Zoe · 編集者
Zoeは、モバイルバックアップソフトの編集者です。iPhoneやiOSに関する最新ニュースを共有したり、役立つヒントを書いたり、あらゆる問題を解決するためのソリューションを提供することが好きです。 Zoeはアニメ、映画、インディーズ音楽が大好きです。余暇は家族と過ごすことが多い。