By AOMEI / 最後の更新 2020年02月12日

HDDイメージバックアップの必要性

どのパソコンにはHDDがインストールされており、オペレーティングシステムや、ソフトウェアプログラム、ユーザーの個人ファイルなどを保存するために使用されています。これらのファイルはパソコンを正常に起動するため不可欠なものだけでなく、たくさんの重要なデータが保存されているから、ユーザーにとっても非常に大切です。一方、HDDエラーコード0142、HDDエラーコード301などのエラーは時々発生します。では、どうやって、HDDやパソコンの安全性を保護することができるのか。どうやって、ディスクエラーを避けることができるのか。

HDDイメージのバックアップ(いわゆるディスクバックアップ)が答えです。ドライブが正常に動作するうちにディスクイメージのバックアップを作成しておき、ディスクイメージを別のドライブに復元します。そうしたら、エラーが発生しても、失われたデータがすべて復旧することができます。

どんなソフトがいいのか

強力で安全なバックアップソフトウェアであるAOMEI Backupper Professionalをお勧めします。ディスクイメージを新しいHDDにバックアップするほかに、ディスクの復元またはディスククローンの機能も使用できます。さらに、ディスクイメージをSSDにバックアップする場合、「SSD 4Kアライメント」をオンにしたら、SSDの読み取り速度を大幅に向上させることができます。対応性にはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XPを含むすべてのWindows PCオペレーティングシステムがサポートされています。では、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、以下の指示に従ってイメージのバックアップを実行してみましょうか。

Pro版の無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP

2千万人以上のユーザーに信頼されてる

AOMEI Backupperを使用してバックアップする

その前に新しいディスクを準備してください。

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、元HDDをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

ステップ 3. そして、新ディスクをターゲットパスとして選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. ニーズに応じて、「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定することができます。

スケジュール

ステップ 5. 新ディスクはSSDの場合、「SSD 4Kアライメント」をオンにしてください。そして「開始」をクリックしてから、バックアップが実行されます。

開始

AOMEI Backupperは、ディスクイメージを新しいHDDにバックアップするのにすごく役立ちます。さらに、オペレーティングシステムまたは特定のパーティションを保護するために、AOMEI Backupperによってシステムバックアップまたはパーティションバックアップの機能が使用できます。Windows Server 2019などのサーバーでディスク/システム/パーティション/ファイルのバックアップを作成したい場合は、サーバー専用のAOMEI Backupper Serverをお試しください!