By AOMEI / 最後の更新 2020年02月18日

コンピューター間でファイルを転送する理由

一般的に、以下の二つの理由でコンピューター間でファイルを転送するでしょう。

ファイルの保護:ほとんどのユーザーはウイルス、システムクラッシュやディスク故障で起こしたファイルの損失を防ぐために、ディスク上のファイルをクローンして、他のコンピューターに転送します。

ファイルの移行:情報交換のため、ディスク上のファイルを優れたSSDに転送するか、他のコンピューターに転送します。

コンピューター間でファイルの転送法

普通に、転送したいファイルを一つのディスク或いはパーティションに揃えて、そして「ディスククローン」または「パーティションクローン」という方法を選択します。でも、コンピューター間でファイルの移行/転送だから、外部のストレージが必要となります。USBメモリーはいい選択肢です。でもそれだけなら、物足りないでしょう。第三者のファイルバックアップソフトも必要です。

どんなファイル転送ソフトがいいのか

強力で安全なクローンソフトウェアであるAOMEI Backupper Professionalをお勧めします。ディスクやパティーションをクローンするほかに、システムクローンや、バックアップと復元の機能も使用できます。対応性にはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XPを含むすべてのWindows PCオペレーティングシステムがサポートされています。では、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、以下の指示に従って,「ディスククローン」機能で、ディスク上のファイルを別のコンピューターに転送してみましょう。

√個人・ホームPC用
√分かりやすいウィザード形式・初心者の方でも簡単に使える

√ビジネス用のWorkstation版、台数無制限のPC向けTech版もある
もっと見る »

Pro版の無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP/Vista

ダウンロード数が2千万回を超えた


ファイル転送の具体的な操作手順

まずは、外部ストレージ(ここでUSBメモリーを利用した)を元コンピューターに接続し、検出できることを確認します。外部ストレージは十分の空き領域があることを注意してください。この例では、USBメモリーの空き容量はディスク上に保存されているファイル総容量より大きなければなりません。

手順 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールし、実行します。

手順 2. 「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 3. 次の画面で、転送したいファイルのあるディスクをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

手順 4. そして、USBメモリーをターゲットディスクとします。

ターゲットディスク

手順 5. 「開始」をクリックして、USBメモリーへのクローンを実行します。

開始

最後、そのUSBメモリーを別のコンピューターに接続し、クローンされたファイルを確認することができます。

これで、コンピューター間でファイルを転送する操作が終わりました。

AOMEI Backupperは世界中のデータを守るために生まれて、ユーザー達から信頼のおかけで成長しています。ぜひ、AOMEI Backupperを体験してみてください。