By ゆき / 最後の更新 2019年09月16日

回復パーティションは、コンピューターの中で特別なドライブで、外付けドライブに移動することができます。このページでは簡単に回復パーティションをSDカードに移動する方法を説明します。

回復パーティションをSDカードに移動する必要がある?

  • 実例:Dellラップトップから回復パーティションを128GBのSDカードに転送したいため、多くのユーザーは回復パーティションをUSBメモリーまたは外付けHDDにコピーしますが、SDカードは私の唯一の大容量デバイスで、万が一のために障害回復ソリューションとしてそれを維持したいのです。こういう時どうすればいいですか?教えていただければ有難いです。

    ----【あるユーザーからの質問】

SDカードは、普及している外部記憶装置の1つとして、長年にわたり人々に役立っています。ファイルやビデオ以上のものを保存するため、近年容量がますます高くなっています。大容量のストレージでは、回復パーティションの保存として使用するのは可能になります。

回復パーティションはHP、Toshiba、Dell、ASUS、Sonyなどの多くのブランドラップトップに表示され、工場出荷時にシステムのイメージを保持するためにPC製造元によって確保されているディスクドライブの一部です。そのため、ファクトリ復元パーティションとも呼ばれます。ディスク上に隠されているドライブが与えられています。基本的には、起動時にCtrl + F11を押すと回復手順が始まります。

リカバリパーティションを移動することの利点

回復パーティションを別の場所に移動することは多くの利点があります。なんというと、続けて読んでください。

ディスクスペースを節約できます。システムイメージが含まれているため、回復パーティションのサイズは通常数GBです。ディスク容量が少ないPCの場合は、HDDの容量を節約するために回復パーティションを外付けストレージに移動するのが最善な選択です。

回復パーティションをバックアップします。回復ドライブを使用すると、ユーザーはPCを元の状態に復元できるため、システム問題が発生した時に非常に便利です。回復ドライブを保護することもコンピューターを保護する方法であることは間違いありません。

回復パーティションを移植可能にします。回復パーティションを外付けドライブにクローンした後、システムが起動に失敗した場合でも外部から復元を行うことができます。しかし、ブータブルドライブを作成するか、回復ドライブをブータブルにする必要があります。

回復パーティションの移動には、複雑な手順が必要ありません。無料のディスク&パーティションクローンソフトがあれば、PC初心者でも楽に作成できます。次は、SDカードに回復パーティションを移動する方法を説明します。

SDカードに回復パーティションを移動する方法

リカバリドライブを完全に移動するには、Windowsが「パーティションクローン」機能を欠いているため、サードパーティ製ソフトウェアを使用する必要があるかもしれません。それにもかかわらず、市場に出回っているどのような種類のサードパーティ製ソフトウェアを選ぶべきですか?

オススメのバックアップソフト

AOMEI Backupper Standard(無料)は完全に無料のディスクとパーティションのクローン作成ソフトウェアです。これはWindows 10/8/7/XP/VistaのようなWindows OSに無料でディスククローンとパーティションクローン機能を提供します。それに、「パーティションクローン」機能は、それをバックアップするかポータブルにするかにかかわらず、簡単にSDカードに回復パーティションをコピーするのに役立ちます。

または、ユーザーフレンドリーなGUIを備えていて、繊細に設計されたインターフェースとウィザードはそれをソフトウェアを使いやすくします。初心者でも楽に操作できます。こちらからダウンロード完全無料PRO版30日間無料体験Windows 10/8/7/Vista/XPをサポート

【補足】大きな割引で無料版をAOMEI Backupper Professional(有料版)アップグレードすると、差分バックアップ、システムクローン、ユニバーサル復元など、もっと多くの高度な機能を使用できます。また、Windows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016のためにAOMEI Backupper Server版(有料)もあります。各AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

SDカードに回復パーティションを移動する手順

まず、SDカードリーダーを介してSDカードをコンピューターに挿入します。検出できることを確認します。

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして開けます。メインインターフェイスで「クローン」>「パーティションクローン」の順にクリックします。

パーティションクローン

2. 回復パーティションをソースパーティションとして選択します。

ソースパーティション

3. SDカードをターゲットパーティションとして選択します。

ターゲットパーティション

4. 操作概要ページで、パーティションのサイズを編集するかセクター単位をクローンすることを選択できます。設定完了したら「開始」をクリックします。

開始

5. プロセス完了するまでちょっと待ってください。

ノート:セクター単位のクローン:すべてのセクターがクローンされます。コピー先のディスクがコピー元のディスクと同じかそれ以上であることを確認してください。SSDを最適化するにはパーティションを合わせる:回復パーティションをSSDにクローンする場合に使用します。SSDのパフォーマンスを向上できます。ブータブルドライブを作成するには:「ユーティリティ」>「ブータブルメディアの作成」の順にクリックします。クローン先パーティションは上書きされる:重要なファイルは事前にデータをバックアップしてください。

まとめ

回復パーティションをSDカードに移動するには、AOMEI Backupper Standardが役に立ちます。その他、AOMEI Backupperはシステム・ディスク・パーティションのバックアップブロックレベルのバックアップなどの様々なバックアップソリューションを提供します。興味があれば、ダウンロードして試してみてください。